任意売却には様々なメリットがあります!自宅などを処分するのであれば任意売却を検討してみましょう

 

借金の返済ができなくなってしまった場合には、担保として差し入れていた自宅などを競売にかけられてしまうかもしれません。
金融機関は担保物件の売却を行って借金を清算するのです。
ただしそのような場合であっても、競売ではなく任意売却によって自宅などを処分する方法を選択することができるかもしれません。
競売と任意売却では同じ担保の処分であっても事情が異なりますので、任意売却を選択することができれば有利な条件で売却を行うことができる可能性が高くなります。
任意売却のメリットについてさらに詳しく確認してみましょう。

任意売却にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

相場に近い価格で売却できる可能性が高くなります

自宅などを競売で処分する場合には、ほとんどの場合には一般的な市場価格よりもかなり安い価格で売却されてしまうことになります。
競売の場合には一般的な市場価格よりも2割~3割程度安い価格で売却されることが多いようです。
そのため担保となっている自宅などを処分しても清算のための資金が足りず、借金の一部が残ってしまう場合などもあります。
一方の任意売却であれば一般的な市場価格に近い価格で売却できる可能性が高くなりますので、それだけ借金の清算を有利に行うことができるのです。

返済の交渉が可能になります

競売で処分が行われる場合には、残った借金の返済方法を交渉することは難しいようです。
しかし任意売却であれば残った借金の返済方法を交渉することが可能になりますので、返済の負担が少ない無理のないプランなどを立てることができるのです。
自宅などを処分した後についても大きな違いが生じることになります。

都合などに合わせた引越しが可能になります

競売で処分が行われた場合には、落札者の都合に従って自宅などを明け渡すことが必要になります。
しかし任意売却であれば明け渡しの日についても交渉することが可能になりますので、希望の日に引越しを行うことができるかもしれません。
あくまでも交渉次第になりますが、次の引越し先が決まってから家を明け渡したり、あるいは子供の学校の都合などに合わせて引越しの日程を決めたりすることなども可能です。

借金について周囲に知られることはありません

競売物件は不動産会社のチラシやインターネット広告などで公開されますので、借金が原因で自宅などを失うことをご近所に知られてしまうことになります。
一方の任意売却であれば一般の売却と同様になりますので、借金が原因の売却であることを周囲に知られてしまうことはありません
秘密はしっかりと守られますので、ご近所で噂になったり子供が学校でイジメられたりすることを心配する必要はないのです。

引越し費用などを負担してもらえる場合もあります

競売で処分が行われた場合には、立ち退きのための費用などは全て自己負担になります。
借金の返済以外に引越しの費用などを支払うことが必要になりますので、金銭的な負担がかなり大きくなってしまうことになります。
一方の任意売却であれば費用についての交渉が可能になりますので、交渉次第では立ち退きのための費用などを負担してもらえる場合などもあります。
引越しのための費用などは思ったよりも高額になりますので、これを負担してもらうことができればそれだけ借金返済のための負担を軽減することができるはずです。
また家賃の安い賃貸物件などを紹介してもらえる場合などもありますので、次の引越し先が決まらない人などは相談してみましょう。

精神的な負担が少なくなります

実際に自宅などの競売が行われる場合には、様々な不安を感じながら生活を続けることになります。
いつ落札されることになるかもわかりませんし、ある日突然明け渡しを求められるかもしれないのです。
精神的な負担が大きくなりますので、不安定な気持ちで毎日を過ごすことになるはずです。
一方の任意売却であればいきなり明け渡しを求められることはありませんし、引越しなどに日程についても相談することができます。
明け渡しや引越しなどに余裕を持って対応することができますので、新しい気持ちで新生活に臨むことができるはずです。

競売は借金の返済ができない場合の最悪のシナリオです!回避するための方法を検討してみましょう