返済方法の「ミニマムペイメント方式」とは?

最近よく目にするかもしれません。クレジットカードの返済方法「ミニマムペイメント方式」とは一体なんでしょうか? 「リボ払い」とは違うのでしょうか?

 

ミニマムペイメント方式

結論からいいますと、「ミニマムペイメント方式」とは、まったく新たな支払方法のことではありません。結局は「リボルビング払い」(リボ払い)の一種です。

リボ払いは、クレジットカードを例にとりますと、リボ払いで決済したカードの利用残高について、月々一定の額を支払っていく方法です。リボ払いの残高については「手数料」という名の利息が付きます。

この「月々一定の額」は通常、利用者が自分で決めた額となります。月1万円を支払う設定にしておけば、月の支払は1万円だけです。リボ払いの残額は、ローンを組んだのと同様の状態となります。
この「月々一定の額」が、利用者の設定によるのではなく、リボ利用残高に応じて自動的に決まるようにしたのが「ミニマムペイメント方式」です。一例として、利用残高10万円以下の場合、月々の支払額が自動的に「3千円」と決まるものです。
支払額を自分で決めるか、自動で決まるのかは、大きな差異と感じるかもしれません。

ですが、消費者金融のカードローンも「リボ払い」であり、以前から月々の返済額が、残高に応じて自動で決まる方式を採用しています。正式には「残高スライド元利定額返済方式」といいます。
この支払方式は「ミニマムペイメント方式」と同じものですが、消費者金融でこのような呼び方はしません。「ミニマム・ペイメント」は本来、毎月支払うべき最低額のことを指す言葉です。

このように、クレジットカードやカードローンにおいて、旧来からあるリボ払いの仕組みを、一部クレジットカードにおいて「ミニマムペイメント方式」と言い換えているだけというのが実情です。

リボ払いの危険性

クレジットカード各社では、収益の上がりやすいリボ払いを推進していて、「リボ払い専用カード」も多数発行されています。リボ払いをするとポイントアップになる特典も、多くのクレジットカードで用意されています。

リボ払いでカード会社の収益が上がるのは、「手数料」という名目の利息を取れるからです。貸金業法の改正でキャッシングの金利が下がり、儲けを出しづらくなったクレジットカード会社の打ち出の小槌が「リボ払い」です。
リボ払いの利用者は、月々の支払が少ないというメリットと引き換えに、実質的にローンを組んでいるのだということを忘れないようにしなければなりません。実際、無計画なリボ払いにより、少なくない数の人が、多重債務に進んでしまいます

月々の返済額が少額だということは、裏を返せばローンを「借りっぱなし」にしている状態だからです。
借りっぱなしにしておくと、どんどん借金残高が増え、利息が増えていきます。多くの人が、この借金にいずれ気が付き愕然とするわけです。
経済産業省や消費者庁、独立行政法人国民生活センターなどの各機関も、安易なリボ払いの利用や、カード会社の宣伝スタイルに警告を発しています。

リボ払いは悪者なのか?

では、リボ払いは社会の悪なのでしょうか? けっしてそんなことはありません。
リボ払いは決済の仕組みの一つに過ぎず、いい、悪いはありません。内容を理解して利用するなら大変便利な方法です。

たとえば毎月のクレジットカードの支払をリボ払いに変更し、支払い額を大きく減らすことによって、間接的に現金を得ることができます。ローンを組まず、キャッシングをせずに現金を捻出することもできるわけです。リボ払いの金利も、15%程度で、消費者金融のカードローンより低い場合が多いです。

消費者金融では、返済方法がリボ払いしかありませんが、そのことを問題視する人はいません。理解してお金を借りているのだと考えられるからです。
クレジットカードの利用において、理解不十分なままリボ払いを使い、そしてそのことがカード会社の収益につながっている点こそが問題視されているわけです。
「月々の支払」負担の軽さのみをアピールする、カード会社の姿勢も問われています。

ミニマムペイメント方式は危険?

「ミニマムペイメント方式」というのは、リボ払いの仕組みの一つであることがわかりました。名称を変えるとイメージがよいのかもしれませんが、中身が変わるわけではありません。
そして、仕組みを理解していれば、リボ払いをすることに何の問題もありません。
漫然と「ミニマムペイメント方式」でカード代金のごく一部だけ支払っていくやり方が、もっとも危険なのです。

もともと、クレジットカードの「一回払い」を使っている限り、手数料(金利)など発生しません。カード会社の収益を満たすためだけに「リボ払い」を使う意味はありません。
お洒落なデザインで若者を勧誘する「リボ払い」専用カードも多数発行されていますが、その使い方についてはよく考えましょう。

なお、リボ払い専用カードも、設定次第で実質一回払いの専用のカードに変えることができます。具体的には、月々の支払額設定を、高い額に変更してしまえばよいのです。
ただ、「リボ払いを回避する」方法については、月々の支払額が設定で決まらない「ミニマムペイメント方式」についてはやや困難があります。どうしたらよいでしょうか。

ファミマTカードの「ミニマムペイメント方式」

ファミリーマートの利用が便利な「ファミマTカード」というクレジットカードがあります。このカードが、「ミニマムペイメント方式」のリボ払い専用カードです。
Webサイトをじっくり見ないと、リボ払い専用カードであることは書かれていません。これでは、「リボ専用カードであることを隠した」といわれても仕方ないものでしょう。
ですがこのカードも、入手した後、Web上の設定で「一回払い」用に変更することが可能です。

通常の生活において、リボ払いが威力を発揮することはほとんどありません。一回払いへ設定を変更して使うことをお勧めします。
また、このカードは利用代金をファミリーマートで支払うのがデフォルトになっている点も特殊ですが、一般的な口座引落しにすることも可能です。

リボ払いの残高は繰上げ返済できる

繰り返しますが、借金を作ることを自覚したうえで、意図的にリボ払いをすることになんら問題はありません。毎月定額払いであろうが、ミニマムペイメント方式であろうが同じことです。
ただ、ローンの借りっぱなしはいけません。返せるときにはしっかり返済しましょう。
リボ払いは、繰り上げ返済が可能です。返済すれば利息はそれ以上増えません。

消費者金融のカードローンも同様です。元金が少なくなっていくと、毎月の支払額も減ってきます。
ですが、そこで喜んでいないで、残った残高は返せるときに返してしまいましょう。
返済額が減っていくミニマムペイメント方式の場合、借金が少なくなってから、完済するまでが非常に長くなってしまいます。
意味のない借金は返済してしまいましょう。