お得に借入、無利息サービスが利用できるおすすめのカードローン6選!

カードローンの無利息期間

カードローンって利用すると利息がかかるじゃないですか、これをできるだけ負担する良い方法ってないですかね?

利息の負担を減らす方法は幾つかあるけど、一番はやっぱし無利息期間サービスの利用かな

無利息期間?無利息ってことは利息がないってことですか?

そうだよ一定期間で利用条件もあるけど文字通り利息がかからないサービスのこと

そんな素敵なサービスがあるなら詳しく知りたいです

よし、今回は、カードローンの無利息期間について詳しく解説していこうか。

カードローンの利用を検討しているときに、利息が気になるという方も多いですよね。

中には、

「すぐ返済できるから、できるだけ利息をかけたくない」

「返済が長期的になりそう・・・利息を少なくする方法はないか」

などといった方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、無利息期間を設けているおすすめの消費者金融や、無利息期間の上手な活用方法についてなど詳しく解説していきましょう。

無利息期間をうまく活用することで、かかる利息がグンと減りますよ!

ぜひ読み進めて行きましょう。

カードローンの無利息サービスとは?

そもそも無利息期間サービスって具体的にはどういうもの何ですか?

そうだねまずは、無利息サービスとはどういったものなのか、確認していこうか。

まずは、無利息期間とはどういったものなのか、各社共通している特徴があるのでご紹介していきましょう。

一定の期間、利息がかからない

まず始めに無利息サービスとは、一定期間金利0円で借入ができるサービスです。

このサービスが利用できる金融機関のほとんどが初回30日間金利0円というケースが多く、その期間内に借入・返済をしてしまうことが、一番上手な使い方でしょう。

しかし、すぐ完済できるような金額であればいいですが、中には難しいという方もいますよね。

無利息期間経過後については、後で詳しく説明しますが、期間内に完済できなかったとしても、一番利息がかかる初回返済までの期間が金利0円で利用できるというのは魅力的ですね。

利用できるのは初めて申込む人

無利息サービスは、誰もが利用できるわけではありません。

ほとんどの金融機関で指定されている条件が

  • 初めて利用する人

といった2つがあります。

つまりは過去に1度でもそのカードローンと契約をした経験がある方は、無利息期間対象外になります。

無利息サービスは、そのカードローン会社を全く利用したことがないという方が対象となる、新規入会キャンペーンのようなものなので注意してくださいね。

また、各金融機関によってメールアドレスの登録が必要、返済方法の指定などといった条件もあるので、必ず確認しておきましょう。

期間中は何度借入しても利息ゼロ

無利息期間中に借入した分はすべて金利0円の対象になります。

例えば、5万円借り入れしたが、追加でまた5万円借入をする場合、無利息期間中であれば10万円を金利0円で利用することが可能です。

もちろん利用できる借入は限度額内になりますが、期間中何度借入しても利息がかかりません。

目次に戻る

無利息サービスの利用に向いている人

どんなケースだと上手に活用できるんですか?誰もが・・・というわけではないですよね?

そうだね。無利息サービスは向いている人、向かない人がいるから、説明していこう。

無利息サービスは、次の2つのような各カードローンが定める対象者しか受けられないサービスです。

  • カードローンの利用が初めて
  • 各カードローン指定の条件を満たせる人

この2つをクリアできないようでは、そもそも無利息サービスを活用することができません。

クリアしたうえで、無利息サービスを上手に利用できる人は

  • 無利息期間内、もしくはごく短期間で完済ができる
  • 少額の借入

といった2つを満たすような人でしょう。

利息はかけずに借りたいというのは、万人の希望です。

例えば、今ピンチだけど10日後のボーナスさえ入れば完済できるといった方は、無利息サービスを利用するのがおすすめです。

たった10日のために、利息がかかるのは実にもったいないですよね。

逆に、次のように無利息サービス向かないという方もいます。

無利息サービスの利用に向かない人

無利息サービスに向かない人の特徴としては、

  • 返済が長期的になる
  • 高額の融資を希望している

といった2つです。

ここでいう高額融資の目安としては、20万円から30万円程度の借入を指します。

高額融資を受ける場合、ほとんどの方が一括で返済をするのが難しいでしょう。

無利息サービスを活用したとしても、返済が長期的になるようでは、無利息期間終了後にかかる利息も考慮する必要があります。

そのため、無利息サービスを重視して金利が高いカードローンを選択するよりも、金利の低い銀行などのカードローンも視野に入れる必要があるので、無利息サービスには向かないといえますね。

カードローン会社が無利息サービスを導入している理由

思ったんですけど借入してすぐ返済されてしまっては、カードローン会社としても利益がないんじゃないですか?

もちろん、ローン会社の主な収益は利息だからね。

なのにどうして無利息サービスになんてやっているんでしょうか?

それはね・・・

カードローン会社にとって、利息が収入源であり利息が入らないとなると大変なことになります。

にも関わらず、無利息サービスを提供しているのは、新規の顧客を獲得するという狙いもあると考えられます。

無利息サービス自体は、カードローンにとって利益のあるものではありません。

しかし、無利息サービスを提供することによって、今は利益が上がらなくても顧客を得ることができるという点は、カードローン会社から見てメリットが大きいです。

そのため、以前利用していた方や、現在も利用している方は対象外なのでしょう。

目次に戻る

おさえておきたい無利息サービスが利用できる5つのカードローン

カードローン会社すべてが、無利息サービスを提供しているわけではありません。

そこで、無利息サービスを提供している5つのカードローン会社をご紹介しましょう。

読み進めると、無利息サービスの条件やカード会社の利息などといったスペックも確認できるので、ぜひ参考にしてくださいね。

アコム

「はじめてのアコム」でおなじみのアコムは、CMなどで見る方も多く馴染みやすいという方も多いでしょう。

アコムの簡単なスペックは次の表のようになります。

実質年率 限度額 審査時間
3.0%~18.0% 800万円 最短30分
遅延利率 無利息期間 担保・保証人
20.0% 30日間 不要

アコムが提供する無利息サービスは、初回契約日から30日間になります。注意してほしいのが、契約日の翌日からという点になります。

初回申込みをし、契約をした日の翌日から30日間なので、借入をしてもしなくても30日を経過すると無利息サービスを利用することができません。

例えば、契約日から10日後に借入をした場合、残り20日分が無利息になります。

また、無利息サービス対象の条件としては、

  • 初めてアコムと契約をする人
  • 35日ごと返済を選択した人

の2つを満たす必要があるので気をつけましょう。

アコムは即日融資を受けたいという方は、無利息期間を充分に活用できるのでおすすめです。

プロミス

アプリローンが利用できるなど、利便性の高さも注目されているプロミスは、アコム同様に30日間の、無金利サービスを提供しています。

まずはスペックから確認しておきましょう。

実質年率 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
遅延利率 無利息期間 担保・保証人
20.0% 30日間 不要

無利息サービスを利用できる条件としては、次の3つです。

  • プロミスとの契約が初めてであること
  • Eメールアドレスの登録
  • WEB明細の利用

そして、プロミスの無利息サービスで注目してほしいのが、初回借入日から30日という点になります。

アコムとは違い、借入日から30日間なので契約した日から数日過ぎても無利息期間が減るわけではありません。

早めに契約を済ませておいて、必要な時に借入をして無利息サービスを受けることができるのはうれしいですね。

契約から借入まで時間が空くという場合に、活用しやすいカードローンでしょう。

アイフル

テレビCMなどで見かけることも多いアイフルは、即日融資までの早さに定評があります。

実質年率 限度額 審査時間
3.0%~18.00% 800万円 最短30分
遅延利率 無利息期間 担保・保証人
20.0% 30日間 不要

アイフルも無利息期間は30日と他社と同様ですが、申し込み条件が「アイフルと初めて契約する人」といたってシンプルなのが特徴です。

無利息期間の開始は、初回契約日の翌日からとアコムと同じですが、返済方法などの指定がないため、自由に選ぶことができます。

即日融資を受けたいが、返済方法は自由に選びたいという方は、アイフルも検討してみましょう。

ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

ジャパンネット銀行はその名の通り、ネット銀行です。

銀行系では珍しく、ジャパンネット銀行のカードローンには無利息サービスがあるのでご紹介していきましょう。

ジャパンネット銀行カードローンは、銀行系でありながらも、金利が消費者金融と同等レベルになります。

ジャパンネット銀行

実質年率 限度額 融資スピード
2.5%~18.0% 1000万円 申込日の3日以内
遅延利率 無利息期間 担保・保証人
20.0% 30日間 不要

無利息サービスは、初回借入日から30日間無利息で借入ができます。ここの部分はプロミスと同じですね。

無利息サービスの対象となるのは、ネットキャッシング契約が初めての方のみです。

ジャパンネット銀行の口座をすでに利用している方であっても、ネットキャッシングを初めて契約するのであれば、無利息サービスを利用することができます。

ジャパンネット銀行の場合、無利息適用条件は1つだけと簡単なので、余計な条件に縛られたくないという方は、ジャパンネット銀行を検討してみましょう。

レイクALSAは2種類の無利息サービスが選べる

レイクALSAは、他社の無利息サービスとは違い、2種類の中から選ぶことができます。

まずは簡単なスペックから見ていきましょう。

実質年率 限度額 融資スピード
4.5%~18.0% 500万円 即日融資
遅延利率 無利息期間 担保・保証人
20.0% 30日間、180日間 不要

単位:円

レイクALSAでは、借入金額に応じて無利息期間を選択することが可能です。

  • 5万円まで・・・180日間
  • 借入金額全額・・・30日間

無利息期間内であれば、何度利用しても利息0円になります。

例えば180日間を選択した場合、返済しては借入してを繰り返したとしても、5万円以内であれば、180日まで無料なので、少額だけ借りたいという方には朗報ですね。

しかし、5万円以上の金額を借りたい場合、180日間と30日間のどちらを選んだらお得になるのかわかりにくいですよね。

そこで20万円を年率18.0%、毎月8,000円を返済すると仮定し比べてみました。

※あくまで目安として参考にしてください。

180日返済 30日間
返済回数 31回 31回
1回目 2,219
2回目 2,133 2,840
3回目 2,046 2,764
4回目 1,958 2,686
5回目 1,869 2,608
6回目 1,778 2,528
7回目 2,426
5万円分の利息も開始
2,447
総支払利息 45,442 47,801

単位:円

表を見てもわかるように、180日間と30日間では総返済回数は同じでも総利息に2,379円の差があります。

無利息サービス対象が5万円までだからといって、5万円以上借入をすると損をするわけではないので覚えておきましょう。

無利息サービス適用条件としては、

  • レイクALSAとの契約が初めて
  • 200万円までの利用限度額の方

といった2つがあります。

200万円を超えた限度額がついている場合は、30日間の無利息サービスのみ利用することが可能です。

レイクALSA は、借入したい金額に合わせてお得な無利息サービスを選ぶことができるので、希望借入額に合わせて利息を節約したいという方に最適でしょう。

最大60日間の無利息期間キャンペーン実施

レイクALSA では、キャンペーンとして今まで30日間だった無利息期間を60日間に延長しています。

対象条件については、次の表を参考にしてください。

内容 契約翌日から60日間無利息
実施期間 2019年2月15日~2019年5月15日
対象条件 ・レイクALSAの契約が初めての方
・キャンペーン期間内に60日間無利息を選択して契約された方
・契約額1~200万円の方
  • キャンペーン期間内に60日間無利息を選択して契約された方
  • 契約額1~200万円のかた

他の無利息サービスとの併用はできないので注意しましょう。

先ほどの表を参考に、60日間の無利息と比べてみました。

項目 180日間 30日間 60日間
総返済回数 31回 31回 30回
総利息 45,422円 47,801円 43,352円

このキャンペーンを利用すると、一番利息を節約できますね。

レイクALSAの利用を考えている方は、今がチャンスかもしれませんよ。

新生銀行グループのノーローンなら何度でも利用可能

他社とは全く別の無利息サービスを行っているのが、新生銀行グループのノーローンです。

ノーローンは、新生銀行の子会社であるシンキ㈱が運営している消費者金融なので、銀行系のカードローンではありません。

簡単なスペックを確認しておきましょう。

実質年率 限度額 審査時間
4.9%~18.0% 300万円 最短30分
遅延利率 無利息期間 担保・保証人
20.0% 7日間 不要

※ノーローンの無利息利用条件
特になし

ノーローンの無利息サービスを受ける条件はありません。

新規の方も、過去に契約をしたことがある方であっても受けられるので、間口が広いのが特徴です。

そして、ノーローンの特徴は“なんどでも”1週間無利息サービスを受けることができるという点でしょう。

最初借入した日の翌日から1週間無利息、その後完済した翌月以降に借入した場合、また1週間の無利息サービスを受けることができます。

例えば、給料日5日前に借入をし、給料日に完済したとします。

また翌月の給料日前に借入をしても、1週間無利息で利用できるのです。

給料日前にピンチになりやすいという方には、とっても魅力的なカードローンですね。

目次に戻る

無利息サービスを利用する際の3つの注意点

無利息サービスってとてもお得なサービスですよね!さっそく利用したいです。

ちょっと待って、注意点もあるからきちんと把握しておこう。

ここまでの解説で、無利息サービスを利用しないと損をしてしまうことがわかるかと思います。

しかし、無利息サービスを利用するためには、注意してほしいことが3つあるのでご紹介しましょう。

無利息期間中でも返済は必要

「無利息だから、返済は無利息期間が終わってからでいいのでは?」と思われがちなので注意しましょう。

無利息サービスは、期間中無利息なだけであって、返済をしなくてもいいということにはなりません。

決められた最低返済額は返済しなくてはいけませんし、もし返済をしなかった場合は延滞となり最悪は、無利息期間が途中で終了することもあります。

もちろん、滞納と判断され信用情報にキズがつく場合もあるので、必ず返済は行いましょう。

カードローン会社によって無利息期間のカウント開始日が異なる

ここまでの各社無利息サービスの説明でも気づかれた方も多いかも知れませんね。

無利息サービスは、ほぼ「初めて契約する人」という条件を付けていますが、無利息期間の開始時期はそれぞれ違います。

借入の有無に関係なく契約日の翌日からというカードローンもあれば、初めて借入した翌日からというカードローンもあります。

今回ご紹介したカードローンの無利息期間開始日は次の表を参考にしてください。

金融機関 無利息期間 開始日
アコム 30日間 契約日の翌日
プロミス 30日間 借入日の翌日
アイフル 30日間 契約日の翌日
ネットキャッシング 30日間 借入日の翌日
レイクALSA 30日間 契約日の翌日
ノーローン 7日間 借入日の翌日

借入の翌日からの場合は、特に無利息開始時期に関しては注意点がありません。

しかし契約日の翌日から開始される場合は、借入をしなくても無利息期間がカウントされ始めるので気をつけましょう。

無利息サービスの期間中でもATMの利用手数料はかかる

カードローンを利用するときに、提携ATMを利用するという方は多いですよね。

提携先銀行のATMやコンビニATMなど利便性が高く便利です。

しかし、これらのATMを利用するときには、借入・返済ともに利用手数料が発生します。

無利息期間だからといって、手数料までは無料にならないので注意しましょう。

特に、無利息期間内に完済したいと考えている場合は、借入時にATMを利用していると、手数料がかかるので、各カードローン会社に残債を確認してから一括返済をする必要があります。

今まで、無利息サービスは手数料もすべて無料なんだと思っていました!危ないところですね。

無利息サービスが終わったら

無利息サービスを利用するのはいいけど、期間内に完済できそうかい?

それが…難しいんですよね。

じゃぁ、無利息サービス終了後のことも考えておこう。

無利息期間内に完済できるのが一番の利用的なカードローンの利用方法ですが、中には完済が難しい場合もありますよね。

無利息期間を終えて残債が残っている場合は、無利息期間終了の翌日から通常の利息が発生します。

ここからは、できるだけ早く返済をしていく方が、利息をかけずに完済できる理想的な形になるので、追加返済などを利用していくようにしましょう。

まとめ

今回は、カードローンの無利息サービスに注目し、無利息サービスはどういったものなのか、上手な活用方法やおすすめのカードローンなど詳しく解説しました。

無利息サービスの重要なポイントは、次の5つがあるのでおさらいしておきましょう。

  • 無利息サービスは、無利息期間内に完済できるのが理想的
  • 無利息期間が過ぎると通常の利息がかかるので、各社の利息のチェックもしよう
  • カードローンによって無利息期間開始日が違うので注意する
  • 無利息期間中も、最低返済額の返済は必要
  • 無利息期間であってもATM手数料はかかるので注意する

「カードローンと契約後、数日たってから借り入れしたい。適切な無利息サービスはどこ?」

「無利息期間中に返済日があるだけど、このまま返済しなくてもいい?」

などといった方は、ぜひこの記事を参考に無利息サービスの賢い使い方を実践してみましょう。

きっと、通常で借入するよりもずっとお得に、今のピンチを救うことができますよ!

カードローンの金利は契約する際の重要ポイント、その仕組みを詳しく教えます