固定金利型のカードローンでは金融情勢などにかかわらず固定した金利が適用されます!

現在のカードローンでは固定金利型のカードローンが主流となっています。

消費者金融系のカードローンの場合にはそのほとんどが固定金利型となっていますし、また銀行系カードローンの場合にも固定金利型であることが多いようです。

一方で変動金利型のカードローンも銀行を中心として増えていますが、今のところ変動金利型は少数派となっています。

今回は固定金利型のカードローンについて詳しく確認してみましょう。

固定金利型にはどのようなメリットやデメリットなどがあるのでしょうか?

固定金利型のカードローンでは、借り入れを行った際の金利がそのまま固定金利として適用されるという特徴があります。

借り入れの最初から最後まで一定の金利が適用されますので、返済総額や月々の返済額などを計算しやすいことがメリットになるのです。

カードローンを利用する場合には借り入れから返済までの期間が長期となりますので、金利変動のない固定金利型を選択すれば金利変動によるリスクを避けることができますし、また借入残高の管理や計画的な返済などがしやすくなるのです。

ただし固定金利型には、初期金利が変動金利型よりも高めに設定されるというデメリットがあります。

固定金利型のメリットやデメリットなどを表にまとめると以下のとおりです。

固定金利型のメリット 将来、金利が急上昇しても支払額は一定で影響を受けにくい。毎月の返済額と総返済額が判明するので返済シミュレーションや返済計画を立てやすい
固定金利型のデメリット 変動金利型と比較して金利は高めに設定されている。そのため毎月の返済額が大きくなってしまいがちで、将来的に金利が下がった局面でもその恩恵を受けることができない

比較的低金利で利用できるのであれば、固定金利型を選ぶことで将来の金利変動によるリスクを最小限に抑えることができます。

毎月の返済額などの変動がありませんので、計画的な返済を行うためにも有利です。

初期金利の設定だけを比較すれば変動金利型が有利なのですが、その後金利がアップしてしまうと変動金利型は不利になります。

毎月の返済額に占める利息の割合が高くなることにより借り入れの元本がなかなか減らなくなりますので、返済が長期化して返済総額が増えてしまうのです。

変動金利型の場合には金利変動により予想外に返済の負担が大きくなってしまう可能性がありますので、将来の見通しが不安定な場合などには固定金利型のカードローンを選択することをおすすめします。

固定金利型のカードローンはどのような人におすすめなのでしょうか?

 

 

計画的で安定した返済を希望する人におすすめします

固定金利型のカードローンであれば金利の変動はありませんので、当初のプランどおりの返済を最後まで続けることができます。計画的で安定した返済を希望する人には固定金利型のカードローンが最適です。

リスク管理が苦手な人や面倒な人などにおすすめします

変動金利型のカードローンでは将来の金利の変動に備えたリスク管理が必要になります。リスク管理が苦手な人や面倒な人には固定金利型のカードローンが最適です。

返済総額が増えるのは困るという人におすすめします

変動金利型のカードローンでは金利がアップすると返済総額もアップすることになります。

特に収入額に対する返済額の割合が高い人の場合には生活を圧迫してしまう可能性がありますので、返済総額が増えるのは困るという人には固定金利型のカードローンが最適です。

カードローンの金利タイプを選ぶ場合には固定金利型と変動金利型のメリットやデメリットをしっかりと把握して、自分自身の置かれている状況やライフプランや金融情勢などを総合的に判断して慎重に選ぶようにしてください。

単純に初期費用が安いからと安易に変動金利型のカードローンを選んでしまうと、その後の金利のアップで返済に苦労する場合がありますので注意が必要です。

またどちらを選べばよいのかわからないという人には、金利変動によるリスクがない固定金利型のカードローンをおすすめします。