納税を怠るとさらなるペナルティが…カードローンで返済する方法も

国民の義務の中で、納税があります。
仕事をしているなどで何らかの所得を得ている人は、税金を毎年納めているでしょう。
しかし中には税金を納めることができないという人もいるでしょう。

 

税金は絶対に納付しなければなりません。
もし期限までに支払わずに滞納すると、催促がきます。
そして最悪の場合、給料をはじめとした財産の差し押さえという事態に発展する可能性もあります。

ただし差押えというのは、よほどの悪質な滞納者に対してのみ行われます。しかしもし滞納をすると、納付すべき税金の他に延滞金がかかります。
延滞金は年利14.6%で、支払期限の翌日から日割りで加算されます。

本来支払うべき税金に、この延滞税も上乗せしなければならず、さらに税負担は大きくなってしまいます。

 

お金がなくて滞納しそうな場合

もし期限までにお金を準備することができず、滞納しそうだという場合にはどうすべきでしょうか?まずは課税をしている自治体に出向き、お金のない事情を説明して相談することです。
そうすれば特別減額と言って、税負担を軽減してくれる可能性もあります。
もしくは分割で支払うといった対応をしてくれるでしょう。

自治体としてもお金がないという人に対して、闇金のように無理にでも支払えといった強硬な態度には出てきません。
むしろ催促などを無視し続けた方が強硬になるので、お金が支払えない時にはとにかく相談することが大事です。

 

未納金をまず支払う方法も

もし滞納をすると延滞税のかかることは、先に紹介しました。こうなった場合、額が大きくなることもありうるので一括では支払えないという人もいるでしょう。
その場合、まずは未納分の税金を支払って延滞税は後回しにしてしまう方法もできます。

全ての自治体で対応してくれないかもしれませんが、相談すればそのような納税を認めてくれるケースも結構多いです。

そして未納分をまず支払って、その後に延滞金を支払う形になります。
延滞金を滞納しても、そこに新たに延滞金が発生することはないです。
ですから延滞分の支払いを後回しにすれば、税負担を少しでも軽減できるわけです。
未納分を一括で支払えない場合でも、自治体に相談すれば分割による支払いを認めてくれるケースもあります。

住民税の支払いが難しくなった時、カードローンに頼ることはできる!?

カードローンで借りる方法

期限までに納付ができないというのであれば、カードローンでお金を借りて納税する方法もあります。この時ポイントになるのが、延滞税の年利14.6%よりも低い金利のカードローンでお金を借りることです。
そうすれば、結局延滞税よりも少ない利息の負担になるので支払い負担を軽減できます。

上限金利14.6%よりも低い商品もいろいろとあります。
特に銀行カードローンの中には、13%台のものも数多くありますし、上限金利でも10%を切るような商品も見受けられます。
長期間の滞納の可能性もある場合には、思い切ってカードローンでお金を借りて納税する方法も検討すべきです。

カードローン会社の上限金利は18%前後なので、単純に考えれば延滞税を支払うよりも負担が大きくなります。
しかし一定期間無利息のカードローンもありますから、こちらを利用すれば負担を軽減できる可能性もあります。

通常30日間無利息としているカードローンが多いですから、その期間内に完済出来るお金のメドがついているのであれば、一切のコストをかけることなく本来支払うべき税金だけを負担すればよくなりますのでおすすめです。

無利息カードローンは、いくつかの業者で実施しているサービスです。
しかし条件がそれぞれで異なるので、きちんと内容を把握することです。

生活費のためにカードローンを利用する場合には特に注意が必要です!