しんきんのカーライフローンはお得な自動車ローンです!

信用金庫が取り扱う自動車ローンが「カーライフローン」です。
カーライフローンは自動車やバイクなどに関する様々な費用のために活用できるローンであり、具体的には車両本体(新車、中古車、バイクなど)やオプションパーツなどの購入費用や、自動車保険や車検などの費用として活用することができます。
車両本体以外の付帯費用にも活用できることが大きな特徴だといえるでしょう。

低金利で利用することができます

カーライフローンのほとんどでは変動型の金利を採用しています。
例えば千葉信用金庫のカーライフローンでは金利が1.5%から4.95%に設定されていますが、これは一般的なカードローンやキャッシングなどに比較すると圧倒的な低金利だといえるでしょう。
利用目的が限定されたローンの場合には比較的低金利が設定されることが多いのです。
ただし変動型の金利を採用していますので今後の市場の動向によって金利の見直しが行われる可能性がありますし、また現在よりも高い金利が設定されることなどがあるかもしれません。
 

利用限度額は最大で500万円まで認められます

同様に千葉信用金庫の例になりますが、利用限度額については最大で500万円まで認められるようです。
これだけの金額を借り入れることができれば車両本体の費用はもちろんなのですが、さらにオプションパーツや車検などのための費用にも対応することができるはずです。
カーディーラーが提供するオートローンと同じぐらいの利用限度額を低金利で利用することができますので、カーライフローンは使い勝手の良いお得なローンだといえるでしょう。
 

なぜ低金利で利用することができるのでしょうか?

一般的なカードローンの金利は18%程度に設定されているのですが、カーライフローンであれば1.5%からの低金利で利用することが可能です。
カーライフローンを低金利で利用できることについては理由があります。
車をローンで購入した場合には、ローンを完済するまでの間については車の所有権はローン会社にあるのです。
一般的なカードローンの場合には担保も保証人もなしで貸付を行いますので、貸し倒れのリスクに備えるために高い金利を設定することが必要になります。
一方でカーライフローンの場合には返済が滞っても車などを売却することで資金が回収できますので、貸し倒れのリスクに備える必要がなく低めの金利を設定することができるのです。
 

担保や保証人は必要ありません

カーライフローンの場合には担保や保証人などを用意する必要はありません。
ただし保証会社からの保証を受けることが貸付のための条件になります。
信用金庫が提供するカーライフローンの場合には「しんきん保証基金」からの保証を受けることが必要です。

そのためいわゆるブラックリスト状態の人の場合には、カーライフローンを利用することができない場合があります。

前払いの保証料が必要になります

カーライフローンの場合には保証会社の保証を受けることが必要であり、そのための保証料を借り入れの際に支払うことが必要になります。
カードローンなどの場合には全ての費用が利息に含まれていますので別途保証料などを支払う必要はありませんが、カーライフローンでは前払いの保証料が請求されますのでくれぐれも注意してください。
 

ろうきん(労働金庫)のカーライフローンはさらにお得です

ろうきん(労働金庫)が提供するカーライフローンであれば、しんきん(信用金庫)が提供するカーライフローンよりもさらにお得になります。
ろうきんのカーライフローンには保証人不要で申し込むことができますし、ろうきんのサービス地域に勤務または居住している勤続1年以上の労働者で年収が150万円以上であれば、保証協会の保証を受けることを条件として借り入れを行うことができるのです。

一般的な会社員を対象としていますが、実際には派遣社員や契約社員、またパートやアルバイトや自営業などの人でも利用することができます。

金利は1.7%から2.7%と低めに設定されていますし、返済期間も最長10年までとなっています。
また金利については固定金利型と変動金利型のいずれかを選択することになります。

カーライフローンへの申し込みを希望するのであれば、まずはろうきんのカーライフローンを検討してみることをおすすめします。
 

低金利のマイカーローンはどこがいいのか?おすすめの3社を厳選紹介!