お子様に未来に対する投資であるのが教育ローンです!

教育ローンとはどのようなローンなのでしょうか

何かとお金が必要になるのが子供の教育です。
子供の成長に伴って教育費も増加しますので、育ち盛りの時期になると学費などの資金が不足することがあるかもしれません。
そのような場合には教育ローンが強い味方になります。

使い道が最初から教育費に限定されたローンが教育ローンであり、具体的には

  • 学費
  • 教科書代
  • 制服代
  • 定期代

などに利用することができるのです。

借り入れを申し込む際には入学許可証や学費の内訳がわかるものなどを添付することが必要になります。
返済率が高いことが教育ローンの特徴であるため、教育ローンは低金利で利用できる場合が多いようです。
ほとんどの場合には利率は2%程度となっています。
銀行などの金融機関が提供する教育ローンはもちろんですが、さらに共済組合や企業内部の教育ローンなどが利用できる場合などもあるようです。
 

奨学金とはどこが異なるのでしょうか

教育のための費用を調達手段としては、奨学金をイメージする人が多いのではないでしょうか。
教育ローンと奨学金には大きな違いがあります。

教育ローンは親に対して貸付が行われることに対して、奨学金では学生本人に対して貸付が行われることになります。

教育ローンの返済義務を負うのは親なのですが、一方で奨学金は学生本人が返済の義務を負うことになるのです。
 

ほとんどの金融機関が教育ローンの取り扱いを行っています

現在はほとんどの金融機関が教育ローンの取り扱いを行っています。
また審査の際には勤務先などの情報や、これまでの借り入れの利用履歴などが確認されることになります。
勤務先などの情報については規模や知名度や業務内容、また仕事の安定性や勤続年数や収入の額などが確認されますし、さらに居住の形態(持ち家か賃貸か、同居の家族はいるかどうかなど)についても確認されるようです。
 

未来への投資が教育ローンです

子供の未来に対する投資であるのが教育ローンです。
教育資金が足りないという場合であっても、教育ローンを活用すればお子様に高度な教育を受けさせることができます。
教育に対する資金は一般的な消費とは異なり、投資としての意味合いが強いことが特徴です。
一般的に高学歴の子供ほど将来高い収入が得られる場合が多く、また結婚率なども高いようです。
一方で低学歴の子供の場合には低収入の仕事にしか就けなかったり、また未婚率も高いようです。

教育による格差は将来の収入の格差につながりますので、教育ローンを活用してできるだけ良い教育を受けさせることがお子様の将来のために大いに役立つことになります。
親の収入が低くても安定した収入があれば教育ローンを利用することができます。
お子様は進学校に通って勉学に励むことで高い学歴を獲得したり、また部活やサークル活動などを通じて豊かな人脈を作ることなどができるのです。
教育ローンによる投資の成果はお子様の大きな資産となって、将来にわたる大きな収益の獲得につながることになります。
 

企業が提供する教育ローンなどが利用できる場合もあります

勤務先の企業が組合や共済などに加盟している場合には、会社が提供する独自の教育ローンなどが利用できるかもしれません。
そのような場合であれば教育ローンを低金利で給与引き落としなどの形で利用することができますので、職場の教育ローンを優先的に検討してみることをおすすめします。
過去に金融事故などを起こした履歴がなければほとんどの場合には審査なしで利用することができるはずです。

ただし中途退社の場合などには残額を全額返済することが必要になりますので、退職金では払いきれないような額を借り入れる場合には保証人を用意することが必要です。