カードローンに申し込むのであれば信用金庫を検討してみてください!

信用金庫のカードローンは一般のカードローンと同じように利用することができます

現在は様々な金融機関がカードローンを提供していますが、信用金庫でもカードローンの提供を行っています
一般的な銀行系カードローンと使い勝手などに違いはありませんが、利用するためには一定の制限があります。
地元に密着した企業であるのが信用金庫ですから、住所または勤務地が信用金庫の営業エリア内に存在することが利用のための条件となります。
基本的に担保や保証人などは不要で借り入れができますし、また利用限度額は最大で300万円程度まで認められるようです。
誰でも気軽に申し込むことができますが、利用の際には信用保証協会の審査による保証を受けることになりますので、いわゆるブラックリスト状態の人の場合には審査に通ることが難しくなります。
 

利用目的の制限などはありません

自由な目的のために活用することができるフリーローンになりますので、利用目的などが制限されることはありません。
使い道は自由ですので何に使っても構わないのです。
金利については銀行系カードローンとほぼ同じ14%程度になります。店頭や電話やインターネットなどで申し込むことができますので、まずは最寄の信用金庫に気軽に問い合わせてみましょう。
 

信用保証協会の審査を受けることが必要になります

実際に融資を受けるためには審査を受けてこれに通過することが必要になります。
信用金庫の場合には信用保証協会に加入していますので、信用保証協会の審査を受けて保証を受けることが必要なのです。

MEMO
具体的には勤務先の安定性や収入の額、また他社借り入れの状況や返済の履歴などが確認されることになります。

収入が不安定な人や勤続年数が短い人の場合には安定した収入の用件に問題があると判断されますし、過去に金融事故などを起こした履歴があると借り入れは認められなくなります。

信用金庫は地域に密着した金融機関ですので、勤務先に関する情報などはしっかりと把握しています。
収入の額や勤続年数などをごまかして申し込んでもすぐにわかってしまいますので、くれぐれも正直に申し込むことを心がけてください。
中小企業であってもしっかりとした経営を行う企業であれば、信用金庫では融資が認められることが多いようです。
 

返済は確実に行うようにしましょう

信用金庫だからと返済を後回しにして延滞をしてしまうと、悪質だと判断されてブラックリスト状態になってしまうかもしれません。
他の銀行のカードローンと同様に、計画的に利用をして確実に返済を行うようにしましょう。
 

自社と取引がある信用金庫に申し込むのが有利です

自分の勤務先との取引関係がある信用金庫に申し込めば、評価が高くなり審査では有利になります。
また自営業やフリーランスなどの人の場合にも、信用金庫と取引関係があれば審査では有利になるはずです。
カードローンへの申し込みを検討しているのであれば、まずは取引関係のある信用金庫に申し込んでみてください。
また住宅ローンや自動車ローンなどを利用している信用金庫についても、同様に審査では有利になります。
 

事業資金として利用することはできません

信用金庫のカードローンは自由な目的のために利用することができるフリーローンですが、その利用目的についてはあくまでも個人としての利用に限られています。
ですから会社の運転資金などの事業資金として利用することはできないのです。
事業資金の借り入れを希望するのであれば、事業資金専用ローンなどを検討してみてください。
 

申し込みに必要な書類について

信用金庫のカードローンに申し込む場合には、身分証明ができる書類として運転免許証健康保険証パスポートなどが必要になります。
また200万円以上の借り入れを希望する場合には、別途収入証明書を提出することが必要です。
必要な書類については一般的な銀行系カードローンと同じだと考えればよいでしょう。