住宅ローンを利用する際にはつなぎ融資の利用も検討してみましょう!

つなぎ融資とはどのような融資のことなのでしょうか

住宅ローンに関連する用語がつなぎ融資です。
住宅ローンに申し込んでお金の借り入れができるようになる前に着手金の支払が必要になる場合があります。
着手金の支払は特に注文住宅を建てる場合には欠かせません。
家を建てることが決まってから住宅ローンに申し込みますので、着手金として支払うお金は住宅ローンでは手に入らないのです。
つなぎ融資は住宅ローンを借り入れることを前提とした融資です。
通常は住宅ローンに申し込む際に同じ金融機関でつなぎ融資を利用することになります。
つなぎ融資が必要な場合には住宅ローンの申し込みを予定している金融機関に「つなぎ融資を利用することはできますか?」と確認してみてください。
 

家を建てる場合にはお金を数回に分けて支払うことが必要になります

家を建てる場合には完全後払いというわけには行きません。
通常は着手金、建築の途中における中間金完成後というように、数回に分けて支払うことが必要になります。
この場合の着手金や中間金の支払のために利用するのがつなぎ融資なのです。
 

借換えのためのつなぎ融資もあります

家の買い替えなどに伴って、支払途中の住宅ローンを組みなおすという場合があります。この場合に新しい住宅ローンの借り入れができるまでの間、つなぎ融資を利用することができます。この場合には新しい住宅ローンを借り入れる金融機関につなぎ融資を申し込んでみてください。

「家の買い換えのための住宅ローンの借換えを行う場合には、つなぎ融資を利用することはできますか?」と確認してみましょう。

つなぎ融資の審査基準などは住宅ローンと同じです

つなぎ融資は住宅ローンを利用する金融機関に申し込むことになります。
これはつなぎ融資が住宅ローンの利用を前提とした融資であることが理由となっています。
金利などの利用条件や審査基準などについては、基本的には住宅ローンと同じです。
住宅ローンに申し込むことができる人であれば、ほとんどの場合にはつなぎ融資にも問題なく申し込めるはずです。
 

返済期間はいつまでしょうか?

つなぎ融資は基本的には住宅ローンの支払を受けるまでの「つなぎ」の融資ですから、住宅ローンの支払を受けたらそのお金で返済するということになります。
またつなぎ融資を利用している期間については、利息や諸費用などの支払が必要になります。
 

自己資金を多めに準備することをおすすめします

家を購入する場合には自己資金を多めに準備するようにしましょう。

銀行などの金融機関では住宅ローンの審査の際には自己資金比率を重視しています。
自己資金を準備することができない人の場合には住宅ローンの支払ができなくなる可能性が高いと判断されてしまうのです。

まずはしっかりと貯金をする習慣をつけて、頭金や自己資金などを貯めてから家を購入することをおすすめします。

土地を購入する場合には

まずは土地を購入してから自宅を建てるという場合には、土地を購入するために住宅ローンに申し込み、次に住宅建築の着手金などのためにつなぎ融資に申し込んで、最後に建物を購入するための住宅ローンに申し込むというケースが多いのではないでしょうか。
この場合には利息や諸経費などの支払が予想以上に発生しますので、くれぐれも注意が必要です。

自己資金が豊富に準備できればつなぎ融資を利用しないという選択肢もありますが、つなぎ融資を利用したほうが資金計画に余裕ができて安心かもしれません。

つなぎ融資を利用するかどうかについては、その時々の状況などに応じて臨機応変に判断しましょう。