共同名義ローンの申し込みは慎重に検討するようにしましょう!

ローンに申し込む場合には、申込者一人が単独の名義で申し込むことが一般的です。
ただし借り入れの金額が大きい場合などには、複数人が共同の名義でローンに申し込むこともあるようです。
共同名義によるローンにはどのような特徴があるのでしょうか。
またどのようなメリットやデメリットなどがあるのでしょうか。
共同名義のローンについて詳しくしく確認してみましょう。

共同名義のローンとはどのようなローンなのでしょうか?

ローンの借り入れを申し込む場合には、一人の名義で申し込むことが一般的です。
ただし借り入れの金額が大きいローンなどの場合については、共同の名義で申し込むことも認められています。
例えば住宅ローンなどの場合には、夫婦共同の名義で借り入れを行うというケースが多いようです。
 

どのようなローンで共同名義による申し込みが行われているのでしょうか?

共同名義による申し込みが多いのは、借り入れの金額が大きいローンです。
具体的には住宅ローン自動車ローンビジネスローンなどで共同名義による申し込みが多くなっています。
共同名義による申し込みを行うことで申込者一人あたりのリスクを減らすことができますし、また共同の名義で申し込んだローンで購入して共同の名義で保有するというケースなどもあるようです。
 

共同名義によるローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

減税が受けられる場合があります

住宅ローンの場合には減税の対象になる場合があります。
住宅ローン残高に応じて住民税や所得税の控除が受けられるのです。

大きな金額の借り入れが可能になります

共同でローンに申し込んだ場合には共同で返済することになりますので、一人でも申し込む場合よりも返済能力が大きくなり大きな金額の借り入れが可能になります。

低金利で利用できる場合があります

共同でローンに申し込んだ場合には大きな金額の借り入れが可能になりますので、大きな金額を借り入れた場合には通常よりも低い金利が適用されることになります。
低金利で利用することができればそれだけ返済の負担を軽減することができるのです。

共同名義によるローンにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

手数料が増えてしまう場合があります

例えば住宅ローンなどの場合には複数人の名義で登記を行うことになりますので、登記費用などの手数料が増えてしまうのです。

後日トラブルの原因となる場合があります

例えば夫婦共同の名義で住宅ローンに申し込んだ場合には、将来夫婦の仲が悪くなってしまうとトラブルの原因となるかもしれません。
離婚などのケースの場合には、その後どのようにローンの返済を行うのかといった問題が発生することになります。

共同名義人の借金を一人で背負ってしまう場合もあります

共同名義人が返済不能になってしまうと、一人で全ての借金を背負うことになるかもしれません。
共同名義による借り入れの場合には、他の人の分までを負担しなければならなくなる可能性があるということをしっかりと自覚しましょう。

共同名義によるローンの申し込みについては慎重に検討するようにしましょう

その他に共同名義によるローンには、贈与税対策としてのメリットなどもあるようです。
このように共同名義によるローンの申し込みには様々なメリットがありますが、同時にデメリットもありますので慎重に検討することをおすすめしたいと思います。

フラット35は独立行政法人による住宅ローンです!