長期ローンを利用する際には返済総額などをしっかりと確認しましょう!

カードローンなどのフリーローンは短期の借入を前提としています。
必要な時に借入を行ってすぐに返済を行うことが基本的な利用方法になるのです。
しかし高額な商品の購入などの場合には大きな金額の借入が必要になりますし、すぐに返済を終わらせることは難しいかもしれません。
そのような場合には長期ローンの利用を検討してみてください。現在は利用目的に応じた様々な長期ローンが各種の金融機関により提供されています。

長期ローンとはどのようなローンなのでしょうか?

借入の返済期間が長期に及ぶローンが長期ローンです。
主に大きな金額を借り入れる際に長期ローンが利用されます。
長期ローンには利用目的に応じた様々な種類があります。

どのような種類の長期ローンがあるのでしょうか?

代表的な長期ローンについて種類ごとに確認してみましょう。

住宅ローンについて

住宅の購入には高額な費用が必要になります。
現金一括払いで購入するという人などもいるのですが、ほとんどの人の場合には住宅ローンを利用することになるでしょう。
住宅の購入費用を借り入れることができる住宅ローンは返済期間が長く、利息などの支払などについても高額になります。
申し込む際には事前に利用条件などをしっかりと確認して、できるだけ有利な条件で利用できる住宅ローンを選ぶようにしてください。
また事前に無理のない返済計画を立てることなども重要です。

フラット35は独立行政法人による住宅ローンです!

自動車ローンについて

自動車を購入する際に自動車ローンを利用するという人なども多いようです。
自動車ローンを利用すれば自己資金が少なくても自動車を購入することができますし、また自動車ローンを利用すれば高級車などを購入することが可能になります。
自動車ローンも返済が長期になる場合が多く、3年~5年程度の期間で返済を行うことが一般的になっています。

低金利のマイカーローンはどこがいいのか?おすすめの3社を厳選紹介!

教育ローンについて

教育ローンは子供の進学などの教育資金として活用するためのローンです。
主に公共団体や金融機関などが提供を行っています。利用目的が教育資金に限定されていますので、比較的低金利で利用できる場合が多いようです。
返済期間は5年~10年程度になることが一般的です。

おまとめローンについて

おまとめローンは複数の借入を行っている人を対象として、借入を1つにまとめることで返済の手間や金利の負担などを減らすことを目的としたローンです。
複数の借入をひとつにまとめると1件あたりの借入額が大きくなりますので、それまでよりも低金利でローンを利用することができることになるのです。
おまとめローンは利用金額が大きいため、長期ローンとして返済を行う場合が多いようです。

お子様に未来に対する投資であるのが教育ローンです!

長期ローンを利用する際には返済総額を把握するようにしましょう

長期ローンの場合には月々の支払額は比較的少なめに設定することができます。
ただし月々の支払額が少ない場合にはそれだけ返済期間が長期化しますので、これに伴って金利の負担が増加してしまうのです。
金利が低めであっても返済が長期化すれば支払総額は増加しますので、長期ローンを利用する際には返済シミュレーションなどを活用して返済総額をしっかりと把握するようにしてください。

利用条件などをしっかりと確認してから申し込むようにしましょう

返済期間が長期にわたるローンが長期ローンであり、利用目的別に住宅ローン・自動車ローン・教育ローン・おまとめローンなどの様々な長期ローンが用意されています。
長期ローンを利用する際には金利や月々の支払額などはもちろんですが、特に支払い総額と返済期間をしっかりと確認するようにしてください。
一度長期ローンを利用するとその後は長期間の返済が必要になりますので、しっかりと比較・検討をしてできるだけ有利な条件の長期ローンを選択するようにしましょう。