ビジネス用途の借入には長期借入をおすすめします!

金融機関(銀行や消費者金融など)からの借入については、その返済期間の長短によって借入の種類を分けることができます。
借入の期間が長いのが長期借入であり、借入の期間が短いのが短期借入になります。
今回はそれぞれの違いなどについて詳しく確認してみますので、借入を申し込む際の参考にしてみてください。

長期借入と短期借入にはどのような違いがあるのでしょうか?

長期借入と短期借入では借入の期間が異なるのですが、具体的には借入から1年以内に返済を行うのが短期借入、借入期間が1年を超えるものが長期借入になります。
短期借入の場合には3ヶ月や6ヶ月などのような短期間で返済を行うケースもありますし、長期借入の場合には5年や10年などの長期間で返済を行うケースもあります。
またカードローンなどの場合には短期借入に該当しますし、また住宅ローンや自動車ローンなどの場合には長期借入に該当することになります。

長期借入にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

余裕を持って返済を行うことができます

長期借入は返済期間が長くなりますので、月々の返済額は少額で済む場合が多いようです。
月々の支払の負担が軽くなりますので日常生活に負担をかけずに気軽に借入を利用することができます。

大きな金額の借入ができます

長期借入の場合には住宅ローンや自動車ローンなどのように、比較的大きな金額を借り入れることができます。
ただし目的別ローンの場合には、決められた目的以外のために利用することはできません。

長期借入にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

利息の負担が大きくなります

長期借入の場合には返済期間が長くなりますので、利率が低めであっても利息の支払総額が大きくなり、それだけ返済の負担も大きくなります。
長期借入についてはトータルで判断するとあまりお得ではないのです。
また貸付を行う金融機関にとっては貸し倒れのリスクが大きいというデメリットがあります。

多くの場合には担保や保証人が必要です

特に住宅ローンなどの場合には借入金額が大きく返済期間も長期になるため、貸し倒れのリスクに備えるために担保や保証人などを用意することが必要になります。
また各種の書類なども準備する必要がありますので、申し込みのためには様々な手間や時間などがかかってしまうことになります。

個人的な借入には短期借入をおすすめします

住宅ローンや自動車ローンなどは別ですが、生活費などの個人的な借入のためには短期借入の利用をおすすめします。
長期の借入を利用すれば月々の支払の負担を少なくすることができますが、その一方で利息などを含めたトータルでの返済額は大きくなってしまうのです。
支払総額を抑えるためにはできるだけ早期の完済を目指すことが効果的になります。
個人的な借入のために長期借入を利用すると不利になりますので、できるだけ短期借入を利用するようにしてください。

ビジネスなどの借入には長期借入をおすすめします

ビジネス用途の借入の場合には、個人的な借入とは若干事情が異なります。
ビジネス用途のために短期借入を頻繁に利用していると、金融機関からは自転車操業ではないかと疑われることになるかもしれません。
借金の返済のために借金をしていると疑われてしまうと、新規の借入などを行うことが難しくなってしまいます。
また場合によっては借換えの拒否や貸し渋りや貸し剥がしなどに直面することになるかもしれません。
ビジネスなどの借入には長期借入の利用をおすすめします。

長期的な借入を利用することでその後は経営に集中することができますし、また長期借入をしっかりと返済していくことで金融機関との間に信頼関係を築くことができるのです。
ビジネスなどの借入にはできるだけ長期借入を利用するようにしましょう。

ビジネスローンって何?急な資金調達の強い味方です