資金用途が決まっている場合には目的別ローン利用を検討してみてください!

資金用途というのは、カードローンで借り入れた資金の使い道のことです。
カードローンで借り入れた資金の利用目的を専門用語では資金用途と呼んでいます。

Attention
銀行などからの借入を希望する場合には資金用途を明確にすることが必要になります。

また申し込みの際には資金用途を証明するために事業計画書などの確認書類の提出を求められるかもしれません。
ただし現在幅広く利用されているカードローンの場合には利用目的が限定されないフリーローンになりますので、資金用途を厳密に確認されることは少ないようです。
カードローンを大きく分類すると次の表のとおりになります。

カードローンの種類 資金用途
フリーローン 基本的に資金使途は借り入れた人の自由で制限は特に無い一般的なカードローンのこと。
ビジネスローン(事業ローン) ビジネスや事業資金を補う目的のカードローン。
教育ローン 学校の入学金や授業料、教材購入費、関連する習い事の費用等。

また住宅ローンやマイカーローンなども幅広く利用されていますが、これらはカードローンとは異なる目的別ローンに該当します。
ATMなどでカードを利用して利用限度額の範囲内で自由に借入を行うことができるのがカードローンです。

カードローンは自由な目的のために利用することができるフリーローンです

カードローンは利用目的が限定されないフリーローンですから、自由な目的のために利用することができます。
資金用途による制限はありませんので急な出費などにも対応することができますし、普段の買い物などのために活用することもできます。

またあまりおすすめできませんが、ギャンブルや借金の返済などにも利用することができるのです。
このように様々な目的のために使えるのがカードローンなのですが、事業目的の資金として利用することについては認められていませんので注意が必要です。

銀行や消費者金融などではカードローンをあくまでも個人向けの金融商品として提供しています。
事業目的に利用することは規約において禁止していますので、事業用資金として活用した場合には契約の解除や借入の一括返済などを求められるかもしれません。

事業用資金の借入のためにカードローンを利用したいのであれば事業者向けカードローンに申し込むことを検討してみましょう。
現在は多くの金融機関が事業用向けに活用することを前提としたカードローンを提供していますので、これを利用すれば一般のカードローンのように気軽に事業資金を借り入れることができるのです。

事業者向けカードローンの場合には一般のカードローンよりも低金利で利用できることが多く、また利用限度額についても高めに設定されているようです。
ただしその一方で審査は一般向けのカードローンよりも厳しくなりますし、事業計画書の提出や対面による審査などが必要な場合もあります。
さらに即日審査には対応していませんので、申し込んでから実際に融資が受けられるまでには1週間~1ヵ月程度の期間が必要になるでしょう。
また法人が借入を申し込む場合には、代表者が借入の保証人となることが必要です。

利用目的が決まっている場合には目的別ローンがおすすめです

借入の利用目的が最初から決まっている場合には目的別ローンに申し込むことをおすすめします。目的別ローンは最初から資金用途が限定されているローンであり、住宅ローンや自動車ローンや教育ローンなどが該当します。

目的別ローンの場合には利用目的は限定されてしまいますが、その一方で金利や借入限度額などはフリーローンよりも有利に設定されていることが多いのです。

自分の利用目的に合致した目的別ローンがあればそちらに申し込むことをけんとうしてみてください。

ただし目的別ローンの場合には事業者向けカードローンと同様に審査が厳しく行われますし、即日融資などには対応していないことが多いようです。状況などに応じて臨機応変に使い分けてみてください。