シンプルな一日葬でも費用は必要!でもカードローンがあれば大丈夫です

カードローンを上手に活用すれば一日葬の費用負担をさらに抑えることができます

一般的には平均で200万円~300万円程度の費用が葬儀には必要になります。
故人のために立派な葬儀を行うためにはかなりの費用が必要になりますので、残された家族の負担なども大きくなってしまうのです。
そのため最近では費用の負担が少ない一日葬を選択するという人が増えています。
一日葬であれば費用を抑えることができますし、またカードローンで費用を調達した場合の返済の負担を減らすことができるのです。

一日葬とはどのような葬儀なのでしょうか?

全ての手続きを一日で終わらせるという葬儀の方法が一日葬です。
これまでの伝統的な葬儀の方法とは異なり、お通夜などを行わず告別式だけを行うことになります。

親族や親しい友人などが火葬の日に集まって少人数で告別式を行いますので、ゆっくりとした時間を過ごすことができるのです。一般的な葬儀のような大がかりな準備は必要ありませんので、葬儀の規模についてはかなり小さくなります。

家族は葬儀に集中することができますし、また費用を抑えたい場合などにも最適なのです。最近では費用の面を重視して一日葬を選択するという人が増えています。

葬儀にかかる費用一般的な葬儀200万円から400万円
一日葬40万円から70万円

一日葬はどのようにして行われるのでしょうか?

一日葬の場合にはお通夜を行わないことが、一般的な葬儀とは大きく異なります。
打ち合わせから告別式の間にお通夜を行いませんので、それだけ飲食費などの費用の負担を減らすことができるのです。
それ以外については一般的な葬儀と同様に行われると考えてください。
一般的な葬儀よりもシンプルな一日葬は、葬儀を親族だけで行いたいという人などには最適です。
また無宗教の人にもおすすめできます。
その一方でお寺とのお付き合いが深い人には一日葬はおすすめできません。
仏式の葬儀についてはお通夜と告別式を行うことが欠かせませんので、一日葬にはあまり適していないのです。
一日葬を検討する場合には、お寺とのお付き合いについても考慮するようにしましょう。

カードローンで一日葬の費用を準備しましょう

一日葬であれば一般的な葬儀よりも費用を抑えることができるのですが、それでも40万円~70万円程度の費用がかかることが一般的です。
一日葬であってもやはりある程度の費用を準備することが必要になります。
故人が葬儀費用を積み立てていてもすぐにお金が使えるというわけではありませんので、とりあえず支払が必要な費用などについては家族が準備することになるのです。
費用を準備することが難しい場合にはカードローンの活用を検討してみてください。
カードローンは使い道が自由なフリーローンですから、一日葬の費用を準備するために利用することができるのです。
誰でも気軽に申し込むことができますし、即日融資が可能ですからすぐにお金が必要な場合などにも十分に対応することができます。
また一定期間内の利用であれば無利息で利用できるキャンペーンなどを行っている場合がありますので、これらのサービスを上手に活用すれば利息の負担なしで借り入れを行うことができるかもしれません。

一日葬の場合には一般的な葬儀よりも費用を抑えることができますので、借り入れが少額であればそれだけカードローンの審査には通りやすくなるはずです。

急に訪れた不幸…葬儀・葬式のためにローンを利用することは可能?