ブライダルローンを利用して結婚式の費用を調達しましょう

人生にはいくつか大きなターニングポイントがあります。結婚式もその中の一つでしょう。
基本的に、結婚式は一生に一度しかない晴れの舞台です。近年では式場もいろいろな演出を用意しているので、自分たちならではの結婚式にしたいと思う方もいるはずです。

ですが、式にこだわれば費用もかかります。中には自分たちではすべての費用を賄えないカップルも。

そのような人たちのために、金融機関などではブライダルローンを販売しています。資金が十分でない、でも式の内容で妥協したくないと思うのであれば、ブライダルローンをぜひ活用してみませんか?

ブライダルローンとは?

ブライダルローンとは、文字通り結婚に関する費用の融資をしてくれるローンのこと。カードローンのようなフリーローンと比較すると低金利で借入できます。

結婚資金という定義に含まれる用途は幅広く、以下のような内訳になります。

  • 結婚式費用
  • 婚礼衣装
  • 結婚指輪
  • 新婚旅行費用
  • 新居の準備

この中でも結婚式費用の融資を希望するカップルは多いですね。式場の中には前払いしか認めていないところも結構あります。前払いの場合、祝儀を支払いに充てることができません。ですから、ブライダルローンを使って支払いをするカップルは少なくないのです。

カードローンとの違いについて

お金が足りないときにカードローンを利用している人はいませんか? その延長で、結婚資金もカードローンで借り入れすればいいと思っている方もいらっしゃるでしょう。ブライダルローンとカードローンとではいくつかの違いがあります。

ブライダルローンの場合、結婚関係の費用に用途が限定されます。一方カードローンは、基本的に借りたお金の使い道は借入した人の自由です。

用途の限定されているブライダルローンのほうが金利が低く、金融機関によって異なりますが、利率1桁のものも少なくありません。用途が限定されているので、余計なお金を借りずに済むのもブライダルローンならでは。

しかしブライダルローンの場合、手続きが複雑です。提出書類は多いですし、融資までに時間がかかります。一方カードローンの場合、基本的に本人確認書類の提出だけで受け付けてもらえます。即日融資サービスなど、審査もスピーディです。

後の返済負担をできるだけ軽減したければ、ブライダルローンを選びましょう。

今すぐに資金が必要な人は、カードローンがいいんだね。

結婚費用の相場について、必要になるお金はどれくらい?

これから結婚式を挙げるカップルが最も気になるのは、「どの程度の費用がかかるか」でしょう。現在はいろいろな演出・プランがあり、どういった内容にするかによって費用も変わってきます。

ですから一概には言えませんが、結婚費用の相場を以下に紹介します。

結婚費用の内訳
結納・会場費 13万円(顔合わせだけの場合は6万円)
婚約指輪 32万円
結婚指輪 22万円(カップル合わせて)
挙式・披露宴費用 340万円
新婚旅行費用 55万円
旅行のお土産 12万円

相場をベースにして考えると、結婚にかかる費用の合計は474万円となります。決して気軽に出せる費用ではありません。

一番お金がかかるのは挙式・披露宴

上記の内訳を見てもお分かりのように、費用の中で最も大きな割合を占めるのは挙式・披露宴費用。平均で340万円程度ですから、式の内容次第ではこれよりかかるケースももちろんあります。

ところで、なぜこれほど多額の費用が掛かるのかと疑問に感じるカップルも多いでしょう。挙式・披露宴費用の内訳を簡単に並べてみます。

  • 会場費用:30万円
  • 写真費用:20万円
  • 披露宴の料理代:120万円
  • 新婦の着る衣装:45万円
  • 引き出物費:35万円

これらだけで250万円。他に招待費用やお花代などが加算され、全体消費税(8%)だけでも数十万円に登ります。少しでも費用を安くしたければ、このあたりの費用をどうコストカットするかがポイントになります。

ご祝儀をアテにしてはダメ、本人達で用意すべき最低限の費用

上で紹介したように、結婚式に関する費用の平均は480万円弱。加えて、遠方から参列するゲストがいればそのお車代、新居で生活するための引っ越し費用なども掛かります。そうなると新生活まで含めた結婚費用は600万円程度必要とみられます。

ただしこの600万円、自分たちだけですべて用意する必要はないかもしれません。両親をはじめとした親族からの援助、さらに披露宴の際のご祝儀などで補うことも可能です。

では、このような祝儀や援助はどの程度を見越しておくべきでしょうか?祝儀や援助に関するデータを元にした平均を以下に記します。

・祝儀:230万円
・親をはじめとした親族からの援助:180万円

410万円程度は外部から頂くことも期待できるかもしれません。
ただし、それでも全額免除というわけにはいかないのが現実です。新婚生活のスタートに必要な全体資金600万円から差し引いて、190万円程度は自己資金で賄わざるを得ません。ですから、周りの援助を当てにし過ぎても良くないでしょう。

しかも結婚式場の中には、挙式・披露宴の費用を前払い制にしているところも多いです。前払い制の場合、式の1週間前くらいに支払うルールになっているところがほとんど。この場合、祝儀を費用に充当できません。

結婚式を挙げたら手持ちがゼロ、というのもまずいですね。新生活の費用が掛かりますし、いきなり病気やけがをして働けなくなることもあり得ます。そう考えると、結婚式の費用を出した後でもある程度の貯蓄は残しておきたいところです。結婚を考えているのであれば、2人で資金計画に関してきちんと話し合っておいたほうが良さそうです。

後の事まで考えたら大変!

結婚式は親族や友人のためにある、という人もいるよ。旦那さんは奥さんのためにも、良い挙式を準備したいよね。

ブライダルローンへ申込み

結婚資金を賄うためにブライダルローンを利用したいと思っている人もいるでしょう。ここからは、申込から融資までの流れをご案内します。

事前審査の申込み

ブライダルローンを提供している金融機関はいくつかあります。どこで借り入れをするか、まずは候補を絞り込みましょう。決まったら事前審査の申込み。

その条件でローンを組めるかどうか簡易審査で教えてくれます。銀行の窓口はもちろんのこと、近年はWebや電話など来店不要で申し込める企業も多数存在します。

本申込をする

事前審査で融資可能と判断された場合、本審査を受けるための申し込みを進めます。本審査の場合、いくつの必要書類を準備しなければなりません。

よって事前審査に申し込んだ段階で、書類の手配を進めておくとスムーズ。金融機関によって提出書類の内容が若干異なることもありますから、前もって問い合わせておきましょう。書類の提出は、金融機関に持参する場合や、郵送で手続き可能の場合と様々です。

本審査通過すれば融資決定

本審査を通過すれば融資が実行されます。事前審査は申し込んだ当日に通知してもらえる企業がほとんどですが、本審査の場合、多少時間がかかります。本審査通過後は、翌日には必要なお金が振り込まれるはずです。

審査でチェックされる内容

低金利で借り入れできるブライダルローンは、カードローンなどと比較すると審査は厳しくなる傾向がみられます。融資の可否を決める審査のポイントは、大きく分けて以下の二点。

申込者のスペック
過去のローン利用状況

 
申込者のスペックとは、契約者の年齢・年収・勤続年数などが含まれます。年齢は満20歳以上としている金融機関が多数です。ただし、企業によって異なる条件を設定している場合もありますので、事前にチェックしておきましょう。

勤続年数は、安定した収入が得られているかを判断する基準となります。こちらも金融機関で判断の分かれるところ。1年以上というところもあれば、3年以上という銀行もありますね。もし転職を検討しているのであれば、審査を不利にしないためにも今働いている職場に籍があるうちに申し込みましょう。

年収に関しては「安定・継続的な収入のある人」と大まかな枠組みしか提示していない金融機関もあります。一方で具体的な条件を提示しているところも。「年収400万円以上」や「正社員でなければ申込できない」と厳しい条件を課している金融機関もありますので、事前チェックしておきましょう。

過去のローン利用状況は、信用情報機関で記録されています。各種ローンやクレジットカードの利用履歴が記載され、もしその中に問題のある情報があると審査落ちになる恐れがあります。

特に注意したいのは、金融事故の有無。よく「ブラックリストに載る」といいますが、金融事故が記載されているという意味です。こうなると、まず審査には受かりません。

金融事故として記録されるのは、主に以下の2点です。

・3か月以上、ローンやクレジットカードの支払いを延滞している
・債務整理を行った過去がある

いったん事故情報が登録されると、5年間その記録は抹消されません。つまり5年間は、ブライダルローンが利用できなくなるのです。
自分の信用情報は、信用情報機関で開示請求をすればみられます。もし自分の信用情報が心配であれば、ブライダルローン申込前に確認しておいてもいいですね。

審査に必要な書類について

最終的にブライダルローンの融資が受けられるかどうかは、本審査の結果次第。事前審査では必要なかった書類を本審査では提出する必要があります。必要書類は企業によって若干異なりますが、主だったものとして以下の6つがあります。

  • ローン申込書
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 住民票
  • 使途確認書
  • ローン返済用の銀行口座の印鑑

本人確認書類は、運転免許証や健康保険証を準備すれば問題ありません。収入証明書はサラリーマンの場合だと給与明細や源泉徴収票。フリーランスや自営業者の場合、確定申告書や納税証明書などを準備します。

この中であまり聞きなれないのは、使途確認書ではありませんか? ブライダルローンは結婚関係の用途に限定されますので、本当にそのために使うのか証明する書類が必要です。具体的には、結婚式場の予約表や見積書などを用意しましょう

融資までにかかる時間はどれくらい?

金融機関によって若干違いがあるものの、申し込みから融資実行までは2~3週間が相場といわれています。結婚式の予定日から逆算して、準備を進めましょう。

しかし、場合によってはブライダルローンの融資を受ける前に、支払うべきお金が生じる可能性もあります。例えば結婚式で着用するドレスの代金は前もって支払う必要があるとか、二次会を開催する場合、会場を押さえるために前金を準備しなければならないなどです。

ブライダルローンの融資実行前にまとまった資金が必要、というのであれば、つなぎ融資としてカードローンを使ってみるのもおすすめ。
カードローンであれば本人確認書類だけで申し込み可能ですし、審査も申し込んだ当日に結果がわかるからです。

ただしカードローンはブライダルローンと比較すると金利が高いので、ブライダルローンの融資が実行されれば、速やかに返済することを心掛けましょう。

ブライダルローンを選ぶ際に重要なポイント

ブライダルローンを提供している金融機関はたくさんあります。
どの企業を選択するかのポイントは、借り入れ条件が自分たちに合うかどうかがです。

  • 金利
  • 借入限度額
  • 返済期間
  • 繰り上げ返済の手数料

主だった条件は上記です。では、それぞれの比較ポイントについて個別に見ていきましょう。

金利

ブライダルローンを比較する際に見逃せないポイントとして、やはり「金利」は避けられません。金利が低ければ低いほど、利息の支払い額が少なくなり返済負担も軽減されます。ブライダルローンの場合、数百万円単位の借入もありうるので、ちょっとした金利差でも返済総額が大きく変わってしまうことも。

ブライダルローンの金利を見てみると、金融機関によって差がみられます。低いところだと3%高いところだと10%程度

高いところでもカードローンの金利相場の14~18%と比較すれば、かなり低いです。しかし、できるだけ低金利のブライダルローンに融資の申し込みをしたほうが、後々の資金繰りが楽ですね。

限度額

ブライダルローンの融資限度額もチェックしておきたいところ。金融機関ごとに異なりますが、大体300~500万円を上限としているところが多いですね。ただしここで注意しなければならないのは、300万円まで融資可能としているブライダルローンだからと言って、必ず300万円融資してくれるとは限らないところ。どの程度融資してもらえるかは、審査の結果次第です。

また借りたお金は利息をつけて返済しなければなりません。ですから本当に必要なお金だけを借り入れることが、今後の返済負担を最小限にするためのコツ。申し込みをする前に、実際に結婚費用を計算していくら不足しているのか、しっかりシミュレーションしましょう

返済期間

ブライダルローンを組めば、その後は返済していかないといけません。無理のない余裕のある返済計画を立てていくためには、返済期間がどうなっているかも意外と重要なポイント。主要な金融機関のブライダルローンの商品概要を見てみると、返済期間はおおむね10年以内の商品が多いですね。

ブライダルローンはカードローンと違って、返済をしながら新規借り入れできる商品ではありません。一度借り入れをすれば、後は返済専門となります。ですからそれほど返済期間が長引くことはないでしょう。

返済期間「長」
・月々の支払いは少なくなります。
・利息の支払い期間も長引きますので、返済総額は大きくなります。
返済期間「短」
・利息支払いなどの余計なコストを圧縮できる。
・ただし、月々の返済金額が大きくなる。

金融機関の中には、借入額や月々の支払額、返済期間などを入力できるシミュレーションを用意しているところも多いです。このシミュレーションを活用して、ベストな返済計画を立てましょう。

月々の支払金額と利息の支払い総額。2つのバランスをどうとるかがポイントだよ。

楽だからって返済期間を長くすると、長い目で見たら大きな出費の違いが出るんだね。

繰上げ返済手数料

ほかのローン同様、月々決められた金額を返済していくのがブライダルローンの基本的なスタイル。しかし資金的に余裕があって、「もっと返済してもいいけどな」と思うこともあるでしょう。そのような人のために、たいていのブライダルローンには、繰上げ返済があります。繰上げ返済とは、月々のレギュラーの返済とは別に任意で返済する方法です。

繰上げ返済をするメリットは何と言っても、元本の効率的な減少。元本が減ることで返済期間が短くなります。また、元本が減少することで利息も減り、その後の返済負担に大きな軽減効果をもたらします。

実際に繰上げ返済の効果についてシミュレーションしたものもネットで紹介されています。今回は、100万円のローンを組み金利4.5%で3年返済した場合で比較しましょう。

  返済期間 総支払額く
繰上げ返済一切なし 3年 107万899円
1年後に20万円を繰上げ返済 2年5ヶ月 105万4661円
2年後に20万円を繰上げ返済 2年6ヶ月 106万4661

20万円繰上げ返済した場合、1万円~1万6000円程度返済額を安く抑えられます
ただし繰上げ返済をする際、手数料のかかる可能性があるので注意しましょう。手数料がかかれば、せっかく返済総額を少なくできても、あまりコストカットできない場合があります。

ブライダルローンを選ぶ際には、繰上げ返済の手数料ができるだけ安いもの、理想は無料のものを探すのがおすすめ

ちゃんと手数料のことを知っておかないと、繰上げ費用が無駄になっちゃうことがあるんだね。

金融機関もしっかり案内してくれるから、大丈夫だよ。

低金利でおすすめのブライダルローン

ブライダルローンの比較ポイントについてみてきました。しかし「効率的に申し込むためにおすすめのローンも具体的に紹介してほしい!」というカップルもいるはず。そこで、本項では返済の負担を最小限に抑えられる低金利ブライダルローンを4つ、ピックアップします。

住信SBIネット銀行の多目的ローン


住信SBIネット銀行では「Mr.多目的ローン」という商品を取り扱っています。

ここがポイント
10万円単位で借り入れ可能
最高1000万円までの借り入れ対応

Mr.多目的ローンのおすすめポイントは、何と言っても年率2.975~4.975%という金利の低さです。これはブライダルローン業界でもトップクラスの低金利ですね。

住信SBIネット銀行はネット専業銀行です。このため、申し込み手続きはすべてWebで完結するのも魅力的。24時間、自分の好きなときに来店なしで申し込めます。

Mr.多目的ローンは、結婚関係であれば幅広い用途で活用できます。用途の根拠になる見積書を用意できれば、結婚式のほかにも新婚旅行や新居への引っ越し費用、家電や家具の買い替え資金でも利用可能。

千葉銀行のブライダルローン


千葉銀行のブライダルローン金利が5.0~5.2%と低いのが特徴。返済負担を軽減しながら、無理のない計画を立てられるはず。

しかし、最大の魅力は、融資までのスピーディーさです。

ここがポイント
最短即日回答
2週間で借り入れ可能

千葉銀行とはいうものの、千葉県・東京都・埼玉県・茨城県全域、さらに神奈川県横浜市・川崎市在住の方でも利用可能です。

Web申し込みに対応しているので、来店不要で手続きもできます。土日祝日でも申し込みできるので、平日仕事で忙しい人でもおすすめ。
さらに郵送にて契約を希望する場合、所得証明の提出も不要です。結婚式・披露宴の費用のほかにも、ウェディングドレスなどのアイテム代、新婚旅行の費用でも活用できます。

みずほ銀行の多目的ローン


みずほ銀行では「ブライダルローン」という商品名で取り扱いはありません。しかし「多目的ローン」がブライダルローンの代わりとして活用できます。文字通り多目的の用途で活用できるローンで、結婚資金のほかにも車の購入や旅費などで利用可能。

多目的ローンのおすすめは、商品内容の簡潔さ。

ここがポイント
最大300万円までの借り入れ
最長7年までの返済に対応
2018年2月現在、変動金利5.875%
固定金利6.650%

2018年2月現在のデータです。変動・固定いずれの金利もブライダルローン全体で見て低めの設定ですね。しかも、申し込み時点で、現在もしくは過去証書貸付をみずほ銀行で利用した場合、0.1%金利が引き下げになります。

三井住友銀行のフリーローン


結婚資金を三井住友銀行で借り入れる場合、フリーローンの利用になるでしょう。こちらは低金利で有名です。2018年2月時点でとなっています。10%を超える金利であることも珍しくないフリーローンの中では、その低さは目を引きますね。

ここがポイント
300万円までの融資に対応
返済期間は最長10年
金利は年率5.975%
住宅ローンとの併用でさらに金利-3.0%

返済期間はブライダルローンの中でも長い方ですから、月々の支払額を少なくして無理のない家計のやりくりをすることも可能。
申し込みはWebからでも可能で、来店不要で手続きを進められるのも魅力。パソコンのほかにもスマホからの申し込みに対応しているので、ちょっとした空き時間を使って手続きできるでしょう。

まとめ

結婚するとなると、披露宴や新婚旅行、2人の新生活の準備などと何かと入用。場合によってはすべて自己資金で賄えないこともありますね。そんな時に活用してほしいのが、ブライダルローンカードローンと比較して低金利なので、無理のない返済が可能です。

ただし、いくら低金利でも借金をすることに違いはありません。あまりたくさんお金を借りすぎると、後々返済でいっぱいいっぱいになってしまって、せっかくの新婚生活に支障をきたすことも。

ブライダルローンを利用するのであれば、前もってシミュレーションをして、無理のない返済計画を立てることが何より重要です。