カードローンで袴をレンタル!卒業式をエンジョイしましょう

何かとお金がかかるのが卒業式です。
最近は大学の卒業式で袴を着用することが流行になっていますので、レンタルでこれを調達するという場合などが多いようです。

ちなみに袴・長じゅばん・着物・小物などがセットの場合で3万円~5万円程度、また袴単体の場合には1万5千円程度がレンタル料金の相場となっているようです。

もちろんこれらはおおよその相場であって、実際には品物の品質によってレンタル料金は大幅に変動しますし、着物との色あわせの関係でレンタル料金が変動する場合もあります。
袴のレンタルを利用する場合にはまずは予算を決めて、その範囲内でできるだけ気に入ったものを探してみることをおすすめします。

また自分で購入して用意することができればそれもよいでしょう。
袴のセットをレンタルする場合には必要となるほとんどのものはセットに含まれていますが、裾よけや肌着などについては別途購入する必要があります。
また胸が大きい人は和装ブラの購入を検討してみてください。
2000円~3000円程度の出費で見栄えがよくなりますのでおすすめです。

袴のレンタルについてはクレジットカードが利用できない場合がありますので注意が必要です。
支払は現金のみとなっている場合が多いですから、あらかじめ確認をして必要であれば現金を準備しておくようにしましょう。
予算については必要なもの一式をセットでレンタルすることを考えて5万円程度を用意しておけば十分でしょう。

ただし卒業式の直前は何かと出費が多い時期ですので、予定外の支出が続いてお金に余裕がなくなってしまう場合などもあるかもしれません。
そんな時はカードローンの活用を検討しましょう。

自由な目的のために利用できることがカードローンの特徴です

卒業式のための費用にカードローンを利用することができるのか心配だという人がいるかもしれませんが、カードローンは使い道が自由なフリーローンですから卒業式のために利用することもできるのです。
基本的に自由な目的のために利用することができますので、袴のレンタル料金だけでなく、卒業祝いなどのプレゼント費用などに活用することもできるのです。
企業経営者などが事業目的のために利用することは契約で禁止されていますが、個人目的であれば自由に使えることがカードローンの特徴なのです。

急ぎの場合にも即日融資で対応することができます

現在はカードローンの大半が即日融資に対応していますので、卒業式を間近に控えて急にお金が足りなくなってしまったという場合であっても問題なく対応することができるのです。
特にwebから申し込むことができるカードローンであればそのほとんどが即日融資に対応していますので、必要に応じてすぐに資金を調達することができるのです。

カードローンを活用すれば実質的な分割払いになります

卒業式直前に出費が続いて資金不足になってしまった場合には、カードローンを活用すれば実質的な分割払いで費用を支払うことができるのです。

翌月に全額を返済することもできますが、希望に応じて毎月一定額を返済することもできますので、実質的な分割払いが利用できることになります。

卒業式のために必要な費用の目安となる5万円を金利18%の条件で借り入れて、これを2万円ずつの分割払いで返済する場合を考えてみましょう。

この例の場合であれば支払の詳細については次のとおりになります。

回数 返済額 元金 利息 残高
1 20000 19250 750 30750
2 20000 19539 461 11211
3 11379 11211 168 0
累計 51379 50000 1379 0

月々2万円ずつの分割払いで返済すると借り入れの全額を3ヶ月で返済することができますし、支払い利息はトータル1379円になります。
この程度の利息であれば、ほとんどの人の場合には生活に負担をかけることなく支払ができるでしょう。
月々の返済ならば支払が可能だという人は、卒業式のための費用をカードローンで調達することを検討してみましょう