出産費用は50万円~100万円程度が必要!!足りない分はカードローンで調達しましょう!

出産や育児などにはなにかとお金が必要になります。
妊娠や出産はケガや病気などとは異なりますので、健康保険は適用されません。
出産のために必要な費用は各種の検診などを含めると50万円から100万円程度になります。
出産や育児などについては各種の公的補助制度が利用できる場合もありますので、できるだけ負担を減らすために積極的に活用してみてください。

出産費用の内訳はどのようになっているのでしょうか

出産費用については主に4種類の支払が必要であり、これらを合計するとおよそ50万円から100万円程度の費用が必要になるようです。
具体的な出産費用の内訳については以下のとおりとなります。

健診費用出産までの妊娠期間中に発生する健診費用は10万円前後。
マタニティ費用妊婦が利用する服やその他様々なものにかかる費用は5万円前後。
出産準備の費用出産準備のための費用がおよそ10万円前後。
出産費用病院や部屋のタイプなどで出産費用は大きく変わってきます。およそ30万円~70万円。

このように出産費用には様々なものが含まれることになります。
特に出産準備用品やマタニティ用品などは見落としがちですから、忘れずにしっかりと見積もるようにしてください。
また病院で出産するのか、あるいは自宅で出産するのかなどによっても、必要な費用は異なります。
出産費用は最低でも50万円程度、できれば100万円程度を見積もっておけば安心だといえるでしょう。

公的補助制度の活用を検討してみましょう

出産や育児などをサポートするための公的な補助制度が用意されていますので、これらについても積極的に活用することを検討してみてください。
利用条件を満たす場合には一定額の金額の給付を受けることができますので、出産や育児などのために出費が多い時期には大いに役立つはずです。
代表的な公的補助制度は以下のとおりです。

出産育児一時金について

健康保険から支給される公的な補助制度であり、妊娠や出産のための費用として一時金が支給されます。

出産手当金

出産の前後の期間については働くことができませんので、収入を得ることができなくなってしまいます。
出産手当金は出産前後の収入不足を補うための制度です。
通常の給料の3分の2に該当する金額の支給を受けることができます。

その他に高額療養費制度、高額医療費控除、失業給付金などの公的補助制度についても確認してみましょう。
各種公的補助制度への申し込みを希望する場合には、市町村の窓口などに相談してみてください。

出産費用が足りない分はカードローンで調達しましょう

出産のための費用はかなり高額になりますので、公的補助制度を活用しても費用が不足してしまう場合などがあるかもしれません。
また公的補助制度の利用条件を満たさないという場合には、必要な費用を全て自分で用意することが必要になります。
ある程度の蓄えがあればよいのですが、それだけの余裕がないという人の方が多いのではないでしょうか。
そのような場合にはカードローンの活用を検討してみてください。カードローンには銀行系と消費者金融系があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

銀行系のカードローンは低金利で大きな金額の借り入れが利用できることのですが、一方で審査が厳しく即日融資などにも対応しない場合が多いようです。
消費者金融は比較的審査には通りやすく即日融資などにも対応しているのですが、一方で金利が割高で借り入れ額が限られる場合が多くなります。
それぞれのメリットとデメリットをしっかりと理解して、利用目的や状況などにあわせてカードローンを選ぶようにしましょう。

ただしカードローンも借り入れの一種ですから、これを利用した場合には当然返済を行うことが必要になります。
事前に返済の計画をしっかりと検討してから申し込むことを心がけるようにしましょう。
また自分の収入がないという専業主婦の人はカードローンが利用できない場合があります。
利用できる場合であっても配偶者の収入に基づいて審査を受けることになりますので、申し込みの際には配偶者の同意書を提出することが必要です。
収入のある配偶者自身にカードローンに申し込んでもらうことについても検討してみてください。

1000万円が必要な不妊治療!カードローンを役立てましょう