1000万円が必要な不妊治療!カードローンを役立てましょう

不妊治療を受けるためには高額な費用が必要であると考えている人が多いようです。
実際に不妊治療について確認してみると、そのようなイメージはほぼ正解であることがわかります。
実際に不妊治療を受けたところ1000万円近くの費用が必要になった場合などもあるようです。
今回は不妊治療を受けるために必要な費用の内訳と、その費用を調達するための方法について解説したいと思います。

不妊治療には主に2種類があります

病院などの医療機関で行う不妊治療については主に2つの種類があります。
異なるのは支払い方法であり、「保険診療(健康保険が適用されます)」と「自由診療(健康保険の適用外です)」の2種類に分けることができます。
費用について高額なイメージがあるのは、いわゆる自由診療による不妊治療のことになるのです。

保険診療による不妊治療について

健康保険が適用される不妊治療については、発生した医療費の3割を利用者が負担することになります。
残りの7割は健康保険組合などが税金などによる収入で支払うことになりますので、利用者は少ない負担で不妊治療を受けることができるのです。
健康保険が適用される不妊治療の具体的な内容については以下のとおりです。

タイミング療法 排卵の時期を予想し医師の指示に従って性行為を実践する治療方法。
基礎体温を測って排卵日を予測する方法が一般的だが、中には超音波を使って予想する場合もある。
クロミッド療法 排卵二関係するホルモンの分泌が悪いときに排卵誘発剤を使った治療。
ただし長期間に及ぶ服用は子宮に悪影響を及ぼす危険性があるとも言われている。
HMG-HCG療法 排卵誘発剤を注射してより効果を高める。
人工授精の際にも良く使用されている。

また直接の不妊治療ではありませんが、カウンセリングなどを行って不安要素を取り除くことで妊娠がしやすくなるというケースなどもあるようです。

自由診療による不妊治療について

健康保険が適用されない自由診療による不妊治療については、発生した医療費の全てを利用者が負担することになります。
支払の負担が大きいのですがその一方で高い効果が期待できるようです。
健康保険が適用されない自由診療による不妊治療の具体的な内容については以下のとおりです。

人工授精法 専用の器具で子宮内に精子を送り込む。
自然な経過で妊娠が成立することが期待できる。
体外受精 卵子と精子を培養皿に置き、自然受精したものを子宮に移植する。
顕微授精 体外受精と似ているが、顕微鏡を使って直接精子を卵子に注入する。

その他には高度生殖医療である「アシステッドハッチング」「精子卵子凍結」などが行われる場合もあります。

上記で紹介した不妊治療については上に近いものほど自然な方法であり、下に近いものほど人工的な方法になります。
自由診療による不妊治療のために必要な治療費については、利用する方法や医療機関などによりそれぞれ費用が異なります。
比較的安い場合には10万円程度、高額な場合には100万円程度が必要になるようです。
1回の治療で妊娠することができれば良いのですが、なかなかうまくいかないと何度も治療を繰り返すことになりますので、金銭的な負担もそれだけ大きくなってしまうのです。
また費用が高額な不妊治療の方が効果が高いと考えている人が多いようですが、これについては治療方法によりそれぞれとなっているようです。
特に高度生殖医療の分野に属する不妊治療などには高額な費用がかかりますので、治療を開始する前に資金計画などについてもしっかりと検討することが必要になります。

不妊治療のためには医療ローンやカードローンを活用しましょう

不妊治療の場合には自由診療による治療が行われることが多いため、事前にある程度の資金を準備することが必要になります。
不妊治療はある程度の期間継続して集中的に行うことが必要になりますので、お金が足りないからと一時的に治療を中断してしまうと十分な効果が得られなくなってしまうのです。

治療費を一括で支払うことが難しいという場合には、医療ローンの活用を検討してみてください。
医療ローンは銀行などの金融機関が提供するローンであり、入院・通院・治療・手術などを主な利用目的としています。
低金利で利用できることが多いのですが、その一方で審査は厳しく行われることになります。

公務員や企業の正社員などで安定した収入があれば問題なく利用できますが、パートやアルバイトや自営業などの人の場合には利用することが難しいかもしれません。
また審査が厳しく行われるため、審査に申し込んでから実際に融資が受けられるまでには一定の期間が必要になります。
医療ローンの審査に通ることが難しい人やすぐにお金が必要な人などの場合には、カードローンへの申し込みについても検討してみましょう。
カードローンは使い道が自由なフリーローンですから、借り入れたお金は不妊治療のために利用することもできます。
審査には比較的通過しやすいですし、即日融資にも対応しています。
さらに不妊治療以外の目的に利用することもできますので、いざという場合の備えとしてフリーローンに申し込んでおくことを検討してみてください。