薄毛をフサフサに!カードローンで薄毛治療にチャレンジしましょう

日本人には薄毛で悩んでいるという人が多いようです。
特に男性の場合には3人に1人の割合で薄毛に悩んでいるという研究データがあります。
薄毛の原因として最も多いのは男性ホルモンであり、これが原因で発生する薄毛は男性型脱毛症(AGA)と呼ばれています。
薄毛対策に市販されている育毛剤を利用している人なども多いようですが、実際にはなかなかその効果を実感することは難しいようです。
現在は男性型脱毛症については原因が判明していますので、病院で薄毛治療を受けることをおすすめしたいと思います。
また側頭部や後頭部の髪を薄毛の部分に移植する自毛植毛などについても検討してみましょう。

薄毛治療にはどの程度の費用が必要なのでしょうか?

最近では男性型脱毛症(AGA)の治療を専門に行うクリニックなどが増加しています。
従来は皮膚科における治療が主流だったのですが、当時は効果的な治療方法が確立されていなかったため十分な効果が得られないというケースなども多かったようです。
現在は男性型脱毛症については効果的な治療法や薬などが判明していますので、専門クリニックなどで治療を受けることでその症状を大きく改善することが期待できるのです。
専門クリニックと一般クリニックにおける薄毛治療を比較してまとめてみると、以下のとおりとなります。

専門外来 一般のクリニック
特徴 個人にピッタリの治療法でより効果の高い治療を狙う 簡単な問診と薬の処方のみのところが多い
費用 毎月1万円~3万円前後 毎月9000円~1万5000円前後
薄毛治療効果 薄毛対策だけでなく発毛まで 現状維持、もしくは若干の薄毛治療効果
薬の処方 フィナステリド、ミノキシジル、抗炎症剤、ビタミン剤など個人個人の症状に合わせた処方 フィナステリドのみ、ミノキシジルのみが多い
メリット 検査や診察、問診がしっかりとしており、また効果判定に力を入れているため多くの方が効果を実感できる 料金が安い
デメリット 費用が高い なかなか実感できないこともある

このように薄毛治療にはかなりの費用がかかってしまうのですが、これは「フィナステリド」という薄毛治療に使用される治療薬が高価であることが理由となっています。
フィナステリドの価格は1錠あたり250円程度になりますし、また薄毛治療は自由診察で保険が適用されないため、かかった費用は全て患者本人が負担することが必要になります。
それでも実際に薄毛治療を受けた人の多くが半年~1年程度でその効果を実感していますので、男性型脱毛症で悩んでいるという人の場合には早めに薄毛治療を始めることを検討してみてください。

自毛植毛にはどの程度の費用が必要なのでしょうか?

比較的薄毛が起こりにくいとされている後頭部や側頭部の髪を、薄毛が気になる部分に移植するという方法が自毛植毛です。
自毛植毛も保険が適用されない自由診察による治療になりますので、かかった費用は患者本人が全て負担することになります。

自毛植毛は日本皮膚学界がその効果を認定している薄毛の治療方法です。
毛根が弱っている薄毛の部分に健康な髪を移植することにより、その95%が定着して髪の健康な成長サイクルを取り戻すことができるのです。

豊かなボリュームや自然な仕上がりが期待できることや、一度自毛植毛を行えば定着率95%でその後も健康な髪が生え続けることなどが、自毛植毛の大きなメリットです。
ただしその一方で費用が高額であることがデメリットになります。
それぞれのクリニックにより自毛植毛に必要な費用は異なりますし、また植毛を行う範囲や本数などによっても費用が異なることになります。
自毛植毛についての平均的な費用については以下のとおりとなります。

自毛植毛本数 費用
100本~150本 15万円~25万円
700本~800本 50万円~60万円前後
1,000本~1,500本 80万円~100万円前後
2,000本 100万円~120万円前後
3,000本 120万円~150万円前後

自毛植毛の施術を受けるためには高額な費用が必要になります。
ただし自毛植毛の場合には一度施術を受ければその後の費用はかかりませんので、多少費用が割高であってもかまわないと考える人が多くなっています。
また薄毛治療に使用される治療薬には副作用のリスクがありますので、副作用の心配がない自毛植毛を選択するという人なども多いようです。

医療ローンとカードローンではどちらがお得なのでしょうか?

薄毛治療や自毛植毛などのためには、かなりの費用が必要になります。
貯金などの蓄えがあればよいのですが、全ての費用を一括で支払うことは難しいという人などもいるでしょう。
そのような場合には医療ローンやカードローンなどの利用を検討してみてください。
医療ローンはクリニックなどが窓口となり、銀行や信販会社が貸付を行うローンです。
低金利で利用することができるのですが、その一方で審査についてはかなり厳しく行われるようです。
収入が少ないという人やパート・アルバイト・自営業などの人の場合には、比較的審査に通りやすいカードローンの利用を検討してみましょう。

まずは医療ローンに申し込んでみて、医療ローンの審査に通らなかった場合にはカードローンに申し込んでみることをおすすめします。
カードローンは金利が若干割高になりますが審査には比較的通りやすくなりますし、また即日融資などにも対応しています。
さらにカードローンは利用目的が制限されていないフリーローンですから、薄毛治療や自毛植毛の費用だけでなくその他の目的のために利用することもできるのです。
日常生活において予定外の出費が発生した場合などにも対応することができますので、いざという場合に備えてカードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。