個人でも信用情報の開示を請求することができます!気軽に問い合わせてみましょう

カードローンに申し込む際には「過去に家賃の支払を延滞したことがある」「過去に分割払いの買い物の支払を延滞したことがある」といった理由で、審査に落ちてしまうのではないかと不安を感じている人が多いようです。
カードローンの審査では個人信用情報機関に対する情報の照会が行われます。
個人信用情報機関には利用者のこれまでの各種ローンやクレジットカードなどの利用状況に関するデータが登録されていますので、過去に延滞や金融事故などの履歴があった場合にはカードローンの審査にも影響することになります。
今回は個人信用情報機関について詳しく解説しますので、カードローンの審査に通るかどうか心配だという人は是非とも参考にしてみてください。

個人信用情報機関とはどのような機関なのでしょうか?

金融機関などが利用者のデータを共有するために設立した機関が個人信用情報機関です。
個人信用情報機関は単一の機関ではなく、加盟する金融機関ごとに3つの個人信用情報機関が存在します。
主にクレジットカードの利用履歴を登録しているのが「CIC」であり、主に銀行などからの借り入れの利用履歴を登録しているのが「JICC(日本信用情報機構)」と「KSC(全国銀行信用センター)」になります。
ただしこれらの3つの個人信用情報機関ではお互いにやり取りをして情報を共有していますので、CICにも銀行の利用履歴は登録されていますし、またJICCやKSCにはクレジットカードの利用履歴も登録されているのです。

信用情報機関 加盟企業 登録期間 更新
CIC クレジットカード会社、消費者金融 延滞解消後5年間、自己破産7年間 原則、月一度だが貸金業法に基づく個人信用情報の場合は、新規契約分は即時に確認可能。
日本信用情報機構(JICC) 信販会社、消費者金融、銀行、保証会社など 延滞解消を1年間、自己破産後5年間 原則、即日反映。
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 銀行、信用金庫 事故発生日から5年間、延滞解消後5年間、自己破産後10年間 各企業によって差があるが、原則、即日反映。

信用情報は開示を請求することができます

信用情報機関には利用者の借り入れに関する記録が登録されていて、金融機関はこれを自由に閲覧することができます。
また利用者個人であっても登録された情報の内容を確認することができますので、信用情報機関に登録された情報の詳細が気になるという人は信用情報の開示請求を検討してみてください。

例えば「数年前にカードローンの延滞をしたけれど、あの時の記録は今も残っているのだろうか?」ということが気になるのであれば、身分を証明できる書類と印鑑を持参して信用情報機関に足を運べば情報を照会してもらうことができますし、また郵送などでデータを取り寄せることも可能です。
信用情報の開示申込書に必要事項を記載して信用情報機関に郵送すれば、照会の結果を書類として返送してもらうことができます。
登録された情報を自分で削除することはできませんが、どのような情報がいつ登録されたのかが判明すれば、その後情報が削除される時期を待って新規のカードローンなどに申し込むことができるはずです。
削除された過去の情報が審査に影響することはありませんので、安心して申し込んでみてください。

信用情報機関に登録された情報については、延滞などの記録は5年程度、また債務整理などの記録は10年程度で抹消されることになります。
ただし実際にはそれぞれの信用情報機関ごとに、情報が登録される期間などは異なるようです。
例えば自己破産に関する記録は、JICCでは5年間、またKSCでは10年間で抹消されることになります。
記録が抹消されるまでの期間などをしっかりと把握して、新規の申し込みの際にはくれぐれも注意をするようにしてください。
ただし延滞などの記録があるからといっても、絶対に審査に通らないというわけではないようです
。過去に延滞の記録が登録されていても、その後しっかりと返済を行って借り入れを完済してから一定の期間が経過していれば、審査には十分に通過できる可能性があるといえるでしょう。

信用情報の開示請求は気軽に行うことができます

個人でも信用情報の開示を請求することができます。
どのような情報が信用情報機関に登録されているのか不安だという人に、信用情報の開示を請求してみましょう。
開示請求のためには数百円が手数料として必要ですが、誰でも手軽に開示を請求することができますので、信用情報機関に気軽に問い合わせてみてください。