簡易審査や仮審査への申し込みは信用情報機関には登録されません!気軽に試してみてください

カードローンについては、審査が厳しくてなかなか借りることができないというイメージが強いようです。
確かに現在のカードローンでは厳しい審査が行われますので、これまでの利用履歴などに問題があれば審査に通過することが難しくなってしまいますし、また一度審査に落ちてしまうと別の借入に申し込む際などにも不利になってしまいます。
そのため借入を躊躇してしまう人なども多いようですが、そんな人には消費者金融などが提供している簡易審査や仮審査などをおすすめしたいとおもいます。
簡易審査や仮審査などは個人情報なしで気軽に行うことができますし、信用情報機関に履歴が登録されることもありませんので安心して試してみてください。
今回は簡易審査や仮審査について詳しく紹介します。

簡易審査と仮審査にはどのような違いがあるのでしょうか?

簡易審査と仮審査については消費者金融ごとに呼び名が異なるのですが、その内容については大きな違いはありません。
呼び名については「簡易審査」「仮審査」「スピード審査」などと様々ですが、いずれも融資の可否を簡単に診断できることが特徴となっています。
基本的な情報を入力すれば融資が受けられるかどうかを数分で判断できるということができますので、まずは仮審査に通過するかどうかを確認して、その後本審査に申し込むようにすれば審査に通過できる可能性が高くなるはずです。
また仮審査の場合には信用情報機関に申し込みの履歴が残ることはありませんので、結果を気にせずに気軽に利用することができます。

簡易審査や仮審査ではどのように審査が行われるのでしょうか?

簡易審査や仮審査では、本審査とは異なり借入の金額などを確認することはできません。
基本的な情報のみを入力して、融資が受けられるかどうかについて判断を行うことになるのです。
入力が必要な項目は消費者金融ごとに異なりますが、多くの場合には「性別」「生年月日」「独身か既婚か」「他社借入の件数」「他社借入の総額」などを入力することになります。
審査はほとんどの場合にはコンピューターが自動的に行いますので、結果は数分で判明するはずです。
簡易審査や仮審査はあくまでも借入が利用できるかどうかの「目安」なのですが、簡易審査や仮審査に落ちてしまうという場合には本審査に申し込んでも借入ができない場合がほとんどのようです。
簡易審査や仮審査については、本審査に申し込むための予備審査のようなものだと考えてみてください。

簡易審査や仮審査に通っても本審査で落ちてしまう場合があります

簡易審査や仮審査はあくまでも審査に通過することができるかどうかを判断するための簡易的な審査ですから、簡易審査や仮審査に通っても本審査では落ちてしまう場合があるのです。
本審査では簡易審査や仮審査とは異なり、本人の勤務先や年収や家族構成などについて慎重に審査が行われます。
さらに信用情報機関に対して情報の照会を行いますので、その結果他社借入の金額が多かったり、あるいは延滞や債務整理などの履歴があった場合などには、審査に通過することは難しくなってしまうのです。

仮審査時 本審査時
融資額 上限が分からない 上限50万円など明確になる
信用情報機関 記録が残らない 記録が残る
入力事項 簡易的なもの(名前未記入もあり) 基本個人情報から他社借入情報など細かな入力が必要(印鑑なども必要)

簡易審査や仮審査はあくまでも簡易的な審査ですから、これに通過したからといって本審査に通過できることが保証されたわけではありません。
本審査では仮審査では確認されない情報についても確認が行われますので、この時点で問題が判明すれば審査には落ちてしまうことになります。
簡易審査や仮審査では個人情報の入力は不要ですから、信用情報機関に申し込みの履歴が記録されないというメリットがあります。
あくまでも借入を判断するための目安として積極的に活用してみてください。