KSCに登録された情報は審査にはどのように影響するのでしょうか?銀行系の信用情報機関がKSCです

KSC(全国銀行信用情報センター)金融機関各社が利用者に関する情報を共有して、過剰な貸付や多重債務などを防止することを目的として設立された信用情報機関です。
クレジットカードや各種のローンなどに関する利用者の情報が登録されていて、様々な目的のために活用されています。
KSCに情報の登録を行っているのは政府関係金融機関またはそれに準ずるものであり、日本全国の銀行、信用金庫、協同組合などのほとんどが登録を行っているのです。

KSCに登録された情報はどのような場合に活用されるのでしょうか?

KSCは金融機関が利用するための機関ですから、一般の利用者が直接関与するということはありません
あくまでも金融機関を通して間接的に関与することになります。
たとえばあなたがマイホームを購入するために銀行などに住宅ローンの借入を申し込んだ場合には、融資の可否を判断するための審査が行われるはずです。
この時に銀行はあなたの返済能力を判定するために、KSCに対して情報の照会を行います。
確実な返済の記録があればあなたの信用は高く評価されるのですが、一方で延滞の記録などがあればあなたの信用は低く評価されてしまうことになります。
特に長期間の延滞や債務整理などの記録があった場合などには、住宅ローンを利用することは難しくなります。
このようにKSCに登録された情報はローンやクレジットカードなどの審査の際に活用されることになりますので、借入などについてはくれぐれも確実な返済を行って、延滞などをしないことを心がけてください。

KSCに登録された情報については開示を請求することができます

これまでにカードローンやクレジットカードなどを利用したことがないという人や、あるいは確実な返済を行って延滞などをしたことがないという人であれば問題はないのですが、過去に延滞などの履歴があるという人の場合にはKSCに登録された情報の内容などが気になるかもしれません。
そのような場合には実際にKSCに足を運んで開示を請求することができますし、また郵送で開示の請求を行うことなどもできます。
KSCの公式ホームページで必要な書類を入手することができますので、その他に本人であることが証明できる書類と開示手数料を準備して請求してみてください。
ただしこれまでの自分の利用履歴の全てがKSCに登録されているとは限りませんし、CICやJICCなどの信用情報機関に登録されているという可能性もあります。
KSCには主に銀行に関する利用履歴が登録されていますし、またCICには信販会社(クレジットカード)に関する利用履歴が、さらにJICCには消費者金融(カードローン)などに関する利用状況が登録されていることが一般的ですから、自分の利用した金融機関などに応じた信用情報機関に対して開示請求を行うようにしましょう。

KSCには具体的にはどのような情報が登録されているのでしょうか?

KSCにはこれまでに利用したローンや現在利用中のローンなどに関する各種の情報が登録されています。
申し込みを行った場合には申込者の氏名・住所・電話番号・勤務先・年収・家族の有無などが登録されますし、実際にローンなどを利用した場合には借入や返済などに関する詳細な履歴が登録されることになるのです。
一度登録された情報は借入を完済してから5年程度が経過すると自動的に抹消されます。
またその他には下記のような情報がKSCに登録されることになります。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)に登録される個人信用情報
取引情報 ローンやクレジットカード等の契約内容とその返済状況(入金の有無、延滞・代位弁済・強制回収手続等の事実を含む)の履歴
照会記録情報 会員がセンターを利用した日、ローンやクレジットカード等の申込み・契約の内容等
不渡情報 手形交換所の第1回目不渡、取引停止処分
官報情報 官報に公告された破産・民事再生手続開始決定等
本人申告情報 本人確認資料の紛失・盗難、同姓同名別人の情報が登録されており間違えられる恐れがある等のご本人からの申告内容

銀行や信用金庫に住宅ローンや自動車ローンなどを申し込む場合には、審査の際にはKSCに対して登録された情報の照会が行われることになります。
どのような情報が登録されているのか心配な人は、開示請求を行って登録された情報の内容を確認してみてください。
また借入などを申し込んで審査に通らなかったという場合でも、申し込みを行ったという事実が半年程度登録されることになります。
申し込みの情報が登録されていると次の申し込みの審査では不利になりますので、半年程度が経過して登録が抹消されてから次の申し込みを検討することをおすすめします。