他社借入の履歴には要注意です!カードローンの審査に大きく影響することになります

初めてクレジットカードに申し込んだのにも関わらず、審査に落ちてしまうという人などもいるようです。
本人の収入などの条件に問題がなければ、審査に落ちてしまったのは「他社借入の履歴」が原因なのかもしれません。
カードローンなどを利用していて延滞や滞納などをしてしまうと他社のカードローンはもちろんなのですが、さらにクレジットカードや一般ローンなどの審査にも影響することになります。
今回は他社借入の履歴が及ぼす影響などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

カードローンなどに申し込みむ場合には

カードローンに申し込む場合には、本人確認ができる書類と収入証明ができる書類を提出することが必要です。
通常は本人確認ができる書類として免許証・パスポート・健康保険証・住民票などのいずれかを提出することになりますし、また収入証明ができる書類としては源泉徴収票・課税証明書・給与所得証明書などのいずれかを提出することになります。

ただし借入を希望する金額が50万円以下である場合には、収入証明ができる書類の提出を省略することが多いようです。
これらの証明書類に不備がないのにも関わらず審査に落ちてしまうのであれば、信用情報機関に登録された信用情報に問題があるのかもしれません。
信用情報機関には他社におけるカードローンやクレジットカードの利用履歴が登録されていますので、これらに問題があれば審査に通過することはできないのです。

ローン申込に必要な書類
本人確認書 運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票など
収入証明書 源泉徴収票、給与明細、所得証明書、課税証明書など

信用情報機関にどのような他社借入の履歴が登録されていると問題になるのでしょうか?

これまでに他社のカードローンやクレジットカードなどを利用したことがあるという場合には、それらの利用に関する記録が他社借入の履歴として、CIC、JICC、KSCの3つの信用情報機関のいずれかに登録されることになります。
それでは具体的にはどのような他社借入の履歴が登録されていると、カードローンなどの審査の際などには問題になるのでしょうか。
他社からの借入の履歴があったとしても、それだけでカードローンなどの審査に落ちてしまうということはありません。
決められた返済日に確実に返済をして借入を完済していれば、むしろ信用が高く評価されることになります。問題になるのは延滞などの記録です。

過去に消費者金融からの借入を延滞したことがある」「クレジットカードの返済を延滞したことがある」といった場合には信用が低く評価されてしまいますし、「長期の延滞を何度もしたことがある」「自己破産などの債務整理を行ったことがある」という場合にはほぼ間違いなく審査には通らなくなります。
その他には携帯電話料金の延滞にも注意が必要です。
近年ではスマートフォンなどの携帯端末が高価になっているため、その料金を通話料と一緒に月割りで請求するというケースが多くなっています。

これを滞納してしまうとローンの延滞と同じ扱いになりますので、悪質だと判断されれば延滞の履歴として信用情報機関に登録されてしまうのです。
ただし延滞についてはすぐに返済を行うようにすればいきなり信用情報機関に登録されてしまうことはありません。
延滞の期間が2ヶ月を超えてしまった場合などに、信用情報機関に延滞の履歴として登録されることになるのです。
延滞の記録が登録されるとその後5年程度で記録は抹消されるのですが、これは延滞を起こしてから5年ではなく延滞を完済してから5年になりますので、くれぐれも注意をしてください。

複数の借入をしている場合には返済を優先してください

信用情報機関には他社からの借入の状況についても記録されていますので、他社からの借入の総額が既に年収の3分の1を超えているという場合には、総量規制の対象となりますので新規の借入を行うことはできなくなります。
そのような場合にはまずは借入の返済を行って、借り入れの総額を年収の3分の1以下に減らしてから次の借入を検討するようにしてください。
また複数の金融機関からの借入を行っている場合には「借金を借金で返済しているのではないか」と自転車操業を疑われることになりますので、新規の借入の審査には通りにくくなります。
複数の借入を行っている場合には返済を行って借り入れの件数を減らしたり、あるいはおまとめローンなどを活用して借入の一本化を行うことなどを検討してみてください。

このように信用情報機関には他社借入の履歴として様々な情報が登録されていますので、新規の借入を申し込む際などにはくれぐれも注意が必要になります。
特に現在複数の金融機関からの借入を行っている人の場合には、次の借入を申し込む前にできる限り現在の借入の返済を行うことをおすすめします。
借入の件数や金額などを減らすことができれば、それだけ次回の申し込みの際には有利になるはずです。