在籍確認なしで審査通過はできる?電話連絡なしの借入れに注目!

カードローンに申込むと審査が行われます。カードローンの場合、担保・保証人なしで基本融資が行われますので信用力が審査の中で重視されます。

このため審査ではいろいろなことが考慮されますが、中でも外せないのが在籍確認。この在籍確認とは具体的にどのように行われるのか、受けるにあたって必要な対策は何かについて紹介します。

在籍確認とは?

カードローンに申込む際、申込書に勤務先情報を記入する欄が用意されています。これを記入しなければいけない理由はカードローンが融資するにあたって、その人が仕事をしていて安定した収入があるかどうかは最重要ポイントだからで返済力の有無を推し量る重要なバロメーターだからです。

申込書に記載されている勤務先情報が正しいかどうかそこで勤務先に直接連絡して、記載通りの勤務実態があるかどうか確認するのが在籍確認というわけです。これは銀行・消費者金融に関係なく、カードローンに申込む場合は確実に行われています。

ではここからそんな在籍確認の特徴や気になる点についてまとめていきましょう。

担当者は社名を名乗らず個人名を名乗る

消費者金融から職場に電話がかかってくる、このように言われるとやはり抵抗感のある方もいるでしょう。「借金していることがバレたら職場で肩身が狭くなる」このように思っても無理はありません。

そんな在籍確認の電話ですが、実のところそこまで心配になる必要はなかったりします、なぜならまずカードローン会社側は自社名を名乗って連絡することがないからです。あくまでもオペレーターの個人名でかかってきます。

例え申込した本人以外の誰かが電話を受けたとしても、知り合いや取引先の人かなと思うのが一般的。それがカードローンの在籍確認だとバレることはまずないでしょう。

電話連絡の日時は指定できる?

在籍確認の電話を他の誰かが受けてもオペレーターの個人名でかけてくれるのでバレる可能性は低いということを説明しましたが、だとしても万が一のことを考えて、自分が確実に電話に出られる時間帯にかけてほしい、周りに誰もいなくなるタイミングで連絡してほしい、このような要望も出てくるでしょう。

その場合、カードローン会社によっては在籍確認の連絡の時間指定できるところもあるので気になるなら、電話の時間指定できるかどうか問い合わせておきましょう。申込書の備考欄に連絡を受けられる時間帯を指定すると、その通りにかけてくれるところも多いようです。

職場ではなく自宅に連絡が来ることはある?

在籍確認は勤務実態を確認するものですから、普通は職場に電話がかかります。ところが一部自宅に在籍確認の電話がかかってくることもあります。例えば職場に連絡をしてもなかなか在籍確認が取れない場合など、やむを得ず自宅に連絡がかかってくるわけです。

ただ自宅に電話がかかってくる場合も、社名を名乗ることはありません。こちらもオペレーターの個人名でかかってきますから、ほかの家族が電話を受けてもそれがカードローンの在籍確認の連絡と気づかれることはありません。そのほかには個人事業主の方など自宅で仕事をしている場合、家に連絡のかかってくることもあり得ます。

特に知名度の高いカードローン会社だったら割と申込者の要望に応えて在籍確認を行ってくれたりするところも多いよ

電話がかかってくるってドキドキしちゃうからこっちのお願いを聞いてもらえると少しは気が楽になるかも!

在籍確認なしで利用できるカードローンはある?

最初に説明しましたが申告している勤務先で本当に仕事をしているか、つまり収入源があるかどうかの確認、これはカードローン会社にとって重要な問題なのです。これを行っていないカードローンサービスは、消費者金融・銀行系関係なくあり得ません。

もし在籍確認なしで融資可能!と言っている業者があれば、それは闇金の可能性も高く簡単に借入れできても後々あり得ない金利を提示されたりして返済で苦労することになりかねないので注意です。

そっかぁ在籍確認って絶対にあるのね

そうだねカードローンを利用する条件のひとつに安定した収入があるからそれを確認しなくちゃいけないからね

電話連絡なしにできるカードローン

これまで見てきたように、在籍確認は職場に直接電話をかけることで行われます。しかし中には

  • めったに会社へ自分宛に電話がかかってこない
  • 勤務中は社内全員忙しいので電話を受けられない

などの理由で電話をかけられたら困るという人もいるでしょう。その場合、電話連絡の代わりとなる方法で在籍確認を済ませることも・・・。基本的には申込したカードローン会社と相談するという形にはなりますが、具体的にどのような感じになるのか、主要なカードローン会社の対応について紹介しますね。

SMBCモビット

分類 消費者金融
審査時間 最短30分※
年率 3.0~18.0%
限度額 800万円
申込条件 満20~69歳で安定した収入のある人
在籍確認(方法) 三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行に口座のある方なら社会保険証もしくは組合保険証の提示で対応可
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットはWeb完結というサービスを実施しています。文字通りネット上だけで申込みから契約まで、すべての手続きが完了できるというもの。ただしWeb完結で申し込みできるのは、

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行

のいずれかに口座のあることが前提。Web完結の場合、契約もネット上で行われますし、ローンカードの発行もありません。つまり自宅に郵便物が届かないので、家族と同居している方でも周りに内緒で申込み可能。さらに平日14時50分までに振込手続きが完了していれば、即日融資※にも対応。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミス

分類 消費者金融
審査時間 最短30分
年率 4.5~17.8%
限度額 500万円
申込条件 20~69歳の安定した収入のある方(この条件を満たせばパートやアルバイトでも申し込み可)
在籍確認(方法) 原則電話(ただし相談すればほかの方法の確認にも対応)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式

プロミスの在籍確認も基本、職場への電話連絡になります。ただしどうしても電話による在籍確認は都合が悪いというのであれば、電話以外の方法を相談することも可能なようです。

まず審査申込後速やかにプロミスへ問い合わせをして、電話連絡は避けたい旨をオペレーターに伝えましょう。そうすれば対処してもらえます。

アコム

分類 消費者金融
審査時間 最短30分
年率 3.0~18.0%
限度額 800万円
申込条件 20歳以上で安定した収入があり、アコムの指定する基準を満たす人
在籍確認(方法) 原則電話(相談次第で書類による確認も)
返済方式 定率リボルビング方式

アコムも在籍確認は原則職場への電話連絡で行われます。どうしても職場に電話をかけてほしくなければ、申込みの後にコールセンターに連絡して相談すること。そうすれば書類の提出など、電話連絡以外の方法で在籍確認してくれます。

柔軟に対応してくれるカードローン会社とインターネットの口コミも上々で用意する書類は社員証や健康保険証など、会社に在籍していることを証明できる提出しましょう。写メなどで撮影して、その画像データを添付して送付すればOKです。

ご覧の通り、知名度の高いカードローン会社なら電話確認以外でも別の方法を取ってくれるところが多いんだよ

それは助かるかも~!ちなみに在籍確認をなしにするって方法はないんですか?

それはないよ!仕事してる人が申込した以上、在籍確認は必須なの

在籍確認としてみられる可能性がある書類

上記で紹介してきたようにカードローン会社によっては、電話連絡以外の方法で在籍確認できる場合もあります。一般的には会社に所属していることの証明ができる書類を提出する形になるのですが、ではどのような書類を提出すればいいのか、そこはカードローン会社によって若干異なるかもしれませんが、

  • 社員証
  • 源泉徴収票・給与明細
  • 健康保険証

のいずれかが基本的です。この中でも特におすすめなのが、健康保険証で会社勤務している人なら、会社もしくは組合の発行している保険証があるのでそれを提示すれば、会社に在籍していることの証明になります。

自営業者やフリーランスの場合、保険証は国民健康保険証のはずだから国保を提出しても在籍確認にはならないから注意だ!

えっ私、普通の健康保険証しか持ってないどうしよう…。

給与明細とか源泉徴収票とかもらってるでしょ?それも証明になるから大丈夫だよ

土日・祝日で在籍確認が取れない場合

最近のカードローン会社の多くはWeb申込に対応しています。Webであれば、24時間・365日いつでも申込み可能なのが特徴。いつでもと言うことは土日祝日でも申込みできるわけですが、その場合、多くの職場が休日でしょう。つまり在籍確認の電話連絡ができません。

このような場合、申込んだ当日に融資は受けられないのでしょうか?これは会社にもよりますが在籍確認を後回しにして借入れできる可能性もあります。ここからは土日・祝日で職場が休みになってる場合、在籍確認がどうなるのか具体的なパターンを幾つか紹介していきます。

在籍確認が完了するまで借入不可

在籍確認は審査の過程の中の一つ。ですから土日祝日で会社が休みで在籍確認の連絡ができなければ審査は未完のままです。

よって、借入は後日にのばされる可能性があります。もし土日祝日中にお金が必要になるのなら、平日中に申込みを済ませておくことが大事です。

在籍確認は後日にして借入できる

上で紹介したように、原則在籍確認できるまで借入は不可。しかし中には土日申込で在籍確認が当日できない場合、そのほかの基準をすべて満たしていれば借入れできるケースも。

肝心の在籍確認は直近の営業日に行うことを前提ですぐに借入れできるかもしれないので、まずはカードローン会社に問い合わせましょう。

限度額を下げて借入

土日祝日在籍確認ができなくても、そのほかの条件で問題なければ借入できるかもしれないことはすでに紹介しました。しかしこの場合、本来の借入限度額よりも下げられる可能性があります。

そして後日在籍確認ができれば、本来の限度額に引き上げられるところが多いです。つまり土日祝日の場合、即日借入できてもまとまった金額は無理ですから注意。

会社によって受けれるパターンが違うんだ…

そうだね、でもCMとかで有名なカードローン会社だったら在籍確認は後日に回してくれることが多いよ

在籍確認についての疑問点

カードローンの申込み時に在籍確認について気になることがいろいろあるでしょう。

その中でもよく言われる「こんな時はどうやって在籍確認するの?」という事例を以下にまとめてみましたのでチェックしてみてください。

派遣社員の場合

派遣社員として仕事をしている場合、カードローン申込時に勤務先の記入方法で悩むかもしれませんね。派遣社員の場合、「派遣元」と「派遣先」に2つの職場があって、どちらを申込書に記入すればいいか迷うかもしれません。

基本的には派遣元の連絡先を記入するのが一般的とされていますが、すべてのカードローンがそうなっているわけではないので、申込書に案内がない場合にはコールセンターへ連絡するのがおすすめです。

専業主婦の場合

あらかじめ断っておきますが、専業主婦で自分名義の収入がない場合、主要な消費者金融カードローンの申込は不可。パートタイマーでもいいので仕事をして収入さえあるのなら申込は可能です。もしくは専業主婦の場合、銀行カードローンならば申込はできます。ただこの時、在籍確認の電話が旦那さんの職場にかけられるのでは、と心配な方も出てくるでしょう。

実際に旦那さんの職場に在籍確認の電話確認はありません。そもそも専業主婦ができるのは旦那さんに所得があるからでよっていちいち連絡をする必要がないわけです。銀行カードローンで専業主婦の場合は、在籍確認もなく、家族に内緒で借入れが可能です。

勤務先の電話番号が複数ある場合

ある程度の規模の会社の場合、連絡先が複数あるケースも少なくありませんね。この場合、どの番号を申込書に記入すればいいか迷うかもしれません。結論から言ってしまうと、会社の代表電話番号を基本記入すべきです。その理由は在籍確認をする場合、一般に公表されている番号が原則だからです。

ただし会社によっては部署ごとの番号を公表している場合もありますね。その時には部署の直通電話を記入してもOK。大企業で数百~数千人規模の場合、代表に電話をかけると取り次ぐまでにどうしても時間がかかりますね。またうまく取り次げず、最悪、在籍確認できない恐れもあります。大きな会社であれば、部署の番号を記入するのが最善でしょう。

在籍確認の電話であることを職場の人に気づかれないか心配

これまでの流れの説明で在籍確認の電話は会社名ではなく、オペレーターの個人名でかかってくるので他の誰かが出ても在籍確認と気づかれる可能性は低いですと説明してきました。それでも気になるというのであれば、「クレジットカードに申込んでいるのでその在籍確認の電話がかかってくるかもしれない」と同僚に伝えておきましょう。

カードローン同様、クレジットカードの審査でも在籍確認は必須であり、カードローンと比較するとクレジットカードに申込んでいる方が体裁もよく、言いやすいです。クレジットカードの場合でもオペレーターの個人名でかかってくるので、まず見分けはつきませんよ。

まとめ

在籍確認について解説してきました。上で紹介してきたように、カードローンの在籍確認は周りに極力知られないように配慮してくれます。カードローン会社としてみれば、申込みをしてきた人はお客さんになってくれるかもしれない方。ですから相手が困るようなことはできるだけしないように心がけています。

「この時間帯にかけてほしい」といった要望やどうしても困るのなら電話以外の方法で在籍確認に対応しているところも多いのでもし心配なこと・要望があれば、申込んだ後でコールセンターに問い合わせてみるのがベストです。

在籍確認の重要さと電話連絡以外の方法もあるってことわかったかな?

審査で在籍確認は必須ってことだよね!電話連絡も不安な人は書類の提出とかにしてもらうのがいいかも