最新のデータによる分析がスコアリングです!スコアリングはカードローンの審査にも活用されています

スコアリングとは何なのでしょうか?

カードローンを提供する金融機関ではスコアリングという言葉が使われているのですが、一般の人たちにはあまり知られていないようです。
借り入れを申し込んだ人の属性などを数値化して評価するシステムがスコアリングであり、年齢・勤務先・性別などの属性情報をポイントとして記録することで、貸し倒れの発生率を見積る際になどに活用するのです。
スコアリングは特に諸費者金融などにおいて幅広く利用されています。

スコアリングはどのように行われるのでしょうか?

例えば28歳の水商売勤務の女性がカードローンに申し込んだとします。
この場合にはスコアリングにより返済率が低いと判断されますので、仮に本人が返済意欲の高い真面目な人物であっても審査に通過することが難しくなってしまうのです。
カードローンを提供する金融機関には利用者に関する過去の膨大なデータがあり、これらをデータベース化して審査の際に活用しています。
いわゆるビッグデータであり、スコアリングにより数値化されたデータに基づいて融資の可否が判断されることになるのです。

スコアリングでは属性のどのような項目が重視されるのでしょうか?

借り入れを申し込む人の属性については、特に年齢、勤務先、性別、借り入れ希望額などが重視されることになります。
スコアリングでは過去の膨大なデータに基づいて判断が行われますので、少ないサンプルによる推測ではなく膨大なサンプルに基づいて統計的に判定されることになります。
スコアリングはそれだけ信頼性の高いシステムであり、カードローンを提供する金融機関ではスコアリングを積極的に審査のために活用しているのです。
実際にカードローンの審査に申し込んで審査に落ちてしまったという場合であっても、その理由が申込者に知らされることはありません。
あくまでも推測による判断になるのですが、属性や利用履歴などに問題がないのに審査に落ちてしまったという場合には、スコアリングが原因となっているのかもしれません。

スコアリングを活用することに問題はないのでしょうか?

スコアリングによる統計的なデータとカードローンに申し込む本人には直接の関係はありませんので、申込者本人に特に問題がないという場合であってもスコアリングが原因で審査に落ちてしまうことなどがあるかもしれません。
スコアリングのデータを活用することについては問題などはないのでしょうか。
スコアリングはあくまでも統計的データになりますので、これを審査のために活用することは正しいことだといえるでしょう。
カードローンを提供する金融機関がこれまでに蓄積してきたデータの集積がスコアリングです。
現在は借り入れを申し込む利用者の数が増加してそれぞれの情報などが多様化していますので、業務を効率的に行うために統計的なデータであるスコアリングが活用されることは必然です。
審査に主観などが介入しないスコアリングによる審査は、むしろ公平性が高いといえるはずです。

審査では与信情報などもチェックされます

カードローンの審査ではスコアリングだけでなく与信情報も重視されます。
取引機関が長ければ評価は高くなりますし、また取引実績が多いほど評価は良好になるのです。
さらに与信枠が低ければ高いスコアを期待することができます。
少額であるほうが返済率が高く貸し倒れの可能性が低いと判断されることになります。

初めての借り入れの申し込みでは審査に落ちてしまうリスクが高くなります

過去に審査に通過したという実績がある人の場合には、スコアリングによる審査では有利になるはずです。
一方で初めて借り入れに申し込むという人の場合には、スコアリングにより審査に落ちてしまうリスクが高くなってしまうことになります。
いずれにしても申し込んで見なければわかりませんので、まずは気軽に申し込んでみましょう。
審査に落ちてしまったという場合には、スコアリングが原因である可能性が高いのかもしれません。