医師や弁護士であればカードローンの審査には通りやすいのでしょうか?

カードローンの審査では、申込者がどのような企業のどのような部署で申込者が働いているのかといった「職業属性」の確認が行われます。
職業によって収入の金額や安定度にはかなりの違いがありますので、大企業に勤めていたり公務員だったりすれば審査には通りやすくなるのです。
それでは現在の日本において高収入が期待できる代表的な職種である「医師」や「弁護士」であれば、カードローンの審査には通りやすくなるのでしょうか。

審査に有利な職業 弁護士、医者、公務員、大企業のサラリーマンなど
審査に不利な職業 自営業、水商売、日雇いバイト、芸能人、スポーツ選手など

医師であればカードローンの審査には通りやすくなります

カードローンに申し込んだ場合には審査が行われますが、カードローンの審査に通過すること自体はそれほど難しいことではありません。
例えば派遣社員やパートやアルバイトなどであっても、安定した収入があれば審査に通ること自体は可能です。
医師の場合には特に審査には通りやすい職種になりますし、また審査に通りやすいだけでなく大きな借入金額の利用が期待できます
医師の場合には高額の報酬を得ることができますし、また仕事の安定度も高いため、カードローンの審査では非常に高く評価されます。
医師は国家資格に基づいた職業であり、また景気の変動などに左右されない確実な需要があります。
特に近年では高齢化社会の進行により医療サービス全体の需要が高まっていますので、医師であれば安定した報酬を期待することができるのです。
またその報酬が高額であることも高く評価されます。
仕事の単価が高いため非常勤やスポット勤務などの勤務形態であっても一般のサラリーマン以上の報酬を得ることが可能です。
医師の場合には職業の安定性が高くカードローンの審査に通りやすいですし、また高額な報酬が期待できるため利用限度額の算定についても有利になります。

弁護士もカードローンの審査には通りやすいです

弁護士については近年は債務整理や過払い金請求などにより消費者金融とは「犬猿の仲」というイメージがあるのですが、実際には医師と同様にカードローンの審査には通りやすい職種だといえます。
弁護士は職業の安定性が高く高額の報酬が期待できると判断されます。
最近では弁護士の数が増えて供給過多になりつつあるのですが、それでもやはり弁護士は「稼げる仕事」だとされているようです。
権利関係が複雑化している現代社会においては訴訟の増加が見込まれていますし、医師と同様に景気の変動に左右されない安定した仕事の需要が期待できます。
そのためカードローンの審査においても高く評価されるのです。
また一部の中小カードローンでは「弁護士が顧客だとトラブルなどの場合に面倒だ」という理由で敬遠されることがあるようですが、大手銀行や大手消費者金融などのカードローンであれば問題なく利用することができるはずです。

医師や弁護士などは実際にカードローンを利用するのでしょうか?

そもそも医師や弁護士などであれば、最初から高額の報酬を獲得することができるはずです。
そのような人たちがわざわざカードローンに申し込んで、これを利用することがあるのでしょうか。
これについては人それぞれということになりますが、実際にカードローンを利用している医師や弁護士などは意外に多いようです

独立開業のための資金を銀行などから借り入れるまでの間の「つなぎ資金」として利用する場合などもありますし、単純に交友費などに利用している場合などもあります。
また医師や弁護士なども私たちと同じ人間ですから、お金に困ってカードローンを利用する場合などもあるようです。