業種別にみるキャッシングの有利不利はあるの?

安定した収入が未来にわたって期待できる人は有利に

キャッシングの審査の中で重視されるのは、申し込んだ人がどのような仕事をしているかです。
仕事をしてお金を稼ぎ、そのお金で返済してもらう必要があります。

キャッシングの審査の傾向として、収入の多少よりも継続的な収入を得ているかどうかを重視する傾向があります。

つまり年収何千万円でも、それが何年も同じくらいの額で推移する保証のない人と年収数百万円だけれども、これから何年も同じような所得を得られる可能性の高い人なら、後者の方が高い評価を受けられます。
このためキャッシングの審査では、どのような商売をしている人かによっても評価が違ってくるのです。

 

審査に有利な業種

 
キャッシングの審査で高く評価されるのは、給与所得者です。
会社などから毎月一定の給料をもらっている人であれば、返済してくれる可能性は高いでしょう。

その中でも最も高い評価を受けるのは、公務員です。

公務員はまず自分の勤め先がなくなる心配がありません。なおかつ労働組合が強いとされていますから、よほどのことをしない限りクビになる心配もありません。

キャッシング会社としてみれば、安心して融資できる業種といえます。

会社員もキャッシング会社の中では評価が高いです。同じく給料で所得を得ているからです。
会社員の場合、勤務先の規模の大きさによって評価が多少変わります。

誰もが知っている有名企業や1000人以上が勤めている大企業であれば、当面倒産する心配はないでしょう。
一方中小企業の場合、倒産のリスクも多少ありますからやや審査の評価が低くなります。

会社勤めをしていても、勤続年数がさほど長くないと審査ではあまり評価されません。安定した収入でマイナス評価にされるからです。

できれば勤続1年以上、少なくても半年以上あった方が良いです。
もし転職を検討しているのであれば、転職する前にキャッシングの審査を受けた方が有利です。

 

審査に不利な業種とは?

 
審査に不利な業種ですが、簡単に言えば長続きしない職業となります。

離職率が高い、スタッフの回転サイクルが短いと収入が安定していないと判断され、評価が下がってしまいます。

具体的にはタクシー運転手や新聞の訪問販売員は結構短いサイクルでどんどんスタッフの入れ替わる傾向があります。トラックの運転手もハードな仕事なので、長続きしないことも珍しくありません。

その他には給料制ではない人も、キャッシングの審査では厳しい評価をされがちです。

自営業者やフリーランスの場合、報酬で所得を得ますので月々の収入にはばらつきがあります。

そこで収入が安定していないと評価されてしまって、審査で落とされることもあり得ます。

ただし今やっている事業を何年も続けているのであれば、安定した所得を得ていると判断され、審査通過の可能性もあります。

アルバイトやパート、派遣のような非正規雇用も審査に通りにくい業種といえます。

給料制ではあるものの、正社員のそれと比較すれば少ないです。

しかも勤め先の業績が悪化すれば、正社員の前にクビを切られる可能性が高いため、安定していないと判断されがちです。

ただし上で紹介したのはあくまでも、審査で不利になりがちな業種ということです。絶対に審査に受からないということではないので、その辺は勘違いしないことです。

特に中小のキャッシング会社の中には大手で融資を断られた人の受け皿になることが多く、パートやアルバイトの人でも積極的に貸し出しを行っているところも見られます。

最後にキャッシングの審査で有利な職種と不利な職種について、図表で示してみましたので参考にしてみてください。