勤続年数の長短はカードローンの審査にはどのように影響するのでしょうか?

勤続年数の長さはカードローンの審査における重要な項目になります。
審査の際には勤続年数が長ければ長いほど有利になるようです。
それではなぜ勤続年数が長ければカードローンの審査に通りやすくなるのでしょうか。
一般的に勤続年数が長い人の場合には、今後も同じように働き続けることができる可能性が高いと判断されているようです。
つまり勤続年数が長ければ今後も安定した収入が獲得できると判断されることになります。
一方で勤続年数が短い人の場合にはすぐに仕事を辞めたり転職したりする可能性が高いと判断されますので、審査に通ることが難しくなってしまうのです。

カードローンの審査に通過することができる勤続年数はどのぐらいなのでしょうか?

カードローンの審査では勤続年数が長ければ長いほど有利になりますし、逆に勤続年数が短ければ不利になってしまいます。
それでは具体的にはどの程度の勤続年数であれば、カードローンの審査に通過することができるのでしょうか。
これについてはカードローンごとに異なりますので明確な基準をあげることは難しいのですが、およその目安としては以下の表を参考にしてみてください。

勤続年数 審査への影響
3年以上 勤続年数が3年を超えると、まず審査に悪影響が無いでしょう。それ以上の勤続年数になるとプラスの評価になることも。
1年以上 勤続年数1年以上が審査をパスできるボーダーラインだと言われています。これは安定的な収入のあるサラリーマンの場合で、自営業の方はもう少し長め勤続年数が必要になるかも知れません。
半年以上 最低ラインとして設定するカードローン会社がほとんど。短いと判断されることの方が多いかもしれません。
半年未満 勤続年数が短すぎと判断され、他の項目で合格ラインをキープしていても審査落ちする可能性があります。

カードローンの審査に通過するためには最低でも半年程度の勤続年数が必要です。
また審査に問題なく通過するために必要な勤続年数は1年が目安となります。さらに勤続年数が3年~5年以上であればプラス評価となるようです。
勤続年数はカードローンの審査の結果に大きく影響する項目だといえるでしょう。

勤続年数が短い場合にはどうすればよいのでしょうか?

就職や転職などをしたばかりで勤続年数が短い人がカードローンを利用するためにはどうすればよいのでしょうか。
勤続年数が1年以下や半年以下の人の場合には、次のような対策を検討してみてください。

申し込むのをしばらく待ってみましょう

最も有効な対策は、勤続年数が増えるまで待つという方法です。勤続年数が短い人がカードローンに申し込んでも実際に審査に通ることは難しいですし、また審査に落ちてしまうと申し込みの履歴が信用情報機関に記録として残ってしまいますので、次回以降の申し込みにも影響してしまうことになります。
あわてて申し込んでもメリットは少なくデメリットが大きいのです。
しばらくの間はカードローンに申し込むことを待って、勤続年数が半年または1年に達してから申し込むことをおすすめしたいと思います。

借入希望額を低めにして申し込んでみましょう

勤続年数が短い人の場合にはカードローンの審査に通ることは難しいのですが、借入の希望額を低めにして申し込むと審査に通る場合などもあるようです。
勤続年数が短い人がいきなり100万円の借入を申し込むのは無謀ですが、数万円程度の申し込みであれば応じてもらえる場合などもあります。
どうしても今すぐお金が必要な場合などには、必要最少限度の金額で申し込んでみてください。

短期間に複数の借り入れを申し込むと審査に通らなくなります

勤続年数が短い人はカードローンの審査に通ることが難しいため、次から次へと様々なカードローンに申し込むことが多いようです。
ただし実際に短期間に複数の借り入れに申し込むと、そのことが原因で審査には通らなくなってしまいます。審査に申し込んでこれに落ちてしまうと、その事実は信用情報機関に申し込みの履歴として登録されます。
カードローンの審査では信用情報機関に対して情報の照会が行われますので、短期間に複数の申し込みの履歴があると「お金に困っているのではないか?」「多重債務なのではないか?」と疑われてしまうのです。
1ヵ月以内に3件以上の申し込み履歴があると、複数借り入れの申し込みとして疑われますのでくれぐれも注意してください。
実際の審査に通過できるかどうか不安だという人には、消費者金融などのホームページで利用することができる簡易審査をおすすめします。
基本的な項目を入力するだけで簡単に審査の可否を判断することができますので、気軽に試してみてください。