未成年者であってもカードローンの審査に通ることは可能なのでしょうか?

カードローンを未成年者が利用することはできるのでしょうか。

カードローンを実際に利用するためには、借り入れを申し込んで審査に通過することが必要になります。
カードローンには誰でも自由に申し込むことができますが、カードローンでは「申し込み資格」があらかじめ決められていますので、この条件を満たしていない申込者は100%通過することはできないことになります。

申し込み資格については年齢の条件についても定められています。カードローン会社が設定している一般的な申し込み資格は、以下の表のとおりです。

収入 継続的な安定収入が見込める
金額 年収200万円以上あればほぼ審査に通る。
年齢 20歳以上65歳未満
他社借入状況 お金お借りたい額+年収の3分の1の額に近い借入が既にある方は厳しいです。

実際にカードローンを利用するためには、最低でもこれらの利用条件を満たしていることが必要になります。
未成年者の場合には「20歳以上」という条件を満たしていませんので、原則としてカードローンを利用することはできません。

これは未成年者が働いていて安定した収入がある場合でも同様です。
逆に学生などの場合であっても20歳以上であればカードローンの利用が認められる場合があります。
アルバイトなどの収入が安定した収入であると判断されれば、学生であっても20歳以上であればカードローンを利用することができるのです。

カードローンの利用条件が20歳以上とされていることについては、未成年者の場合には滞納などの場合の取立てが法的に難しいことがその理由となっているようです。
また一部には未成年者でも借り入れができるカードローンなども存在するようですが、それらについてはヤミ金融である可能性が高いのでくれぐれも注意してください。

未成年者は銀行系のカードローンも消費者金融系のカードローンも利用することはできません

未成年者がカードローンに申し込んだ場合には、銀行でも消費者金融でもいずれも審査には通りません。
未成年者に対してカードローンの利用を認めてしまうと、法律的には「過剰貸付」に該当することになります。
働いて収入を得ている自立した未成年者であっても、社会人としての判断能力や責任能力を持たない存在であるとされているのです。

未成年者の場合にはクレジットカードのキャッシング枠の利用をおすすめします

未成年者が借り入れを希望するのであれば、クレジットカードのキャッシング枠を利用することをおすすめします。
クレジットカードの場合には未成年者でも安定した収入があれば審査に通過することができますし、クレジットカードにはキャッシング枠が付帯することが一般的ですから、これを利用すれば未成年者であっても借り入れを行うことができるのです。
最近では未成年者を対象としたクレジットカードなどが数多く登場していますので、カード選びで困ることはないでしょう。
ただしクレジットカードのキャッシング枠は利用限度額が小さいため、実際の利用の際には注意が必要になります。
未成年者がクレジットカードに申し込む場合には、キャッシング枠の利用限度額は最大でも10万円程度になります。
それでも未成年者が自由に利用できる限度額としては決して悪い条件ではありませんし、普段の買い物などに活用するのであれば十分に役立つはずです。
ちなみに金利についてはほとんどの場合上限金利である18%程度が適用されます。
未成年者の場合にはまずはクレジットカードに申し込んで、確実な利用履歴を積み重ねることをおすすめします。
カードローンの審査ではクレジットカードの利用履歴についても確認されますので、クレジットカードの利用履歴が良好であれば将来カードローンに申し込む際に有利になるのです。