1年で最も支出が多いクリスマス!カードローンで対応すれば大丈夫です

クリスマスのために数十万円の出費が必要になる人などもいるようです

日本で最も盛大に行われているイベントであるのがクリスマスです。
クリスマスは元々はキリスト教の行事なのですが、日本においては宗教とは関係なく全ての人が楽しむイベントとして定着しています。
そんなクリスマスなのですが、かなり盛大に行われるため必要な費用などもかなりの高額となっているようです。
特に出費が必要になるクリスマス関連のイベントは以下のとおりとなります。

食事 家族や恋人同士で食事をするにもいつもより高価なものを選ぶ傾向がある。
ケーキ 普段は購入出来ない限定の物や人気の高い物、予約制の物もあるので早い時期から購入を考える方が多い。
プレゼント クリスマスの定番。子供へのプレゼントはもちろん、恋人同士のプレゼントに奮発する方が多い。
テーマパーク 家族や恋人同士で思い出づくりにクリスマスイベント中のテーマパークに出かけることが多い

このように様々なイベントが行われるのですが、いずれを楽しむ場合にもやはりある程度の費用が必要になります。
またクリスマスは年末年始を控えた時期になりますので、できるだけお金を節約しておきたいと考える人などが多いのではないでしょうか。
冬のボーナスが出ると「ボーナスをパッと使ってクリスマスを楽しもう!」という気分になりがちなのですが、実際にそうしてしまうと年末年始のための費用が足りなくなってしまうかもしれません。

さらに最近ではクリスマスのイルミネーションを自宅などで楽しむという人が増加しています。
自宅などをイルミネーションで飾りつけるための費用はそれぞれなのですが、小規模であれば5000円程度から楽しむことができます。
ただし建物全体をイルミネーションでデコレートしたいという場合などには10万円~100万円程度の費用が必要になりますし、さらに高額の電気代の支払が必要です。
大規模なイルミネーションの場合には電気代は1日あたり500円程度になりますので、12月の1ヶ月間稼動させた場合であれば電気代として1万5千円の支払が必要になります。
そんなイルミネーションですが「それでも1度はチャレンジしてみたい!」と考える人が増加しているようです。

カードローンを活用してクリスマス資金を調達しましょう

このようにクリスマス時期には何かとお金が必要になります。
しかし年に1度のクリスマスですから、なんとかしてお金を調達して楽しみたいと考える人が多いのではないでしょうか。
そのような場合にはカードローンの活用を検討してみてください。
カードローンを活用すればクリスマス資金を手軽に借り入れることができます。

例えば恋人とお洒落なレストランで食事を楽しみたい場合や、子供のためのプレゼントを購入したい場合などは、カードローンを活用してやりくりをすれば十分に対応することができるのです。
カードローンは1万円の借り入れから利用することができますので、これらのちょっとしたクリスマス費用を調達するためには最適だといえます。
またカードローンによっては50万円以上の金額を借り入れも可能ですから、自宅でクリスマスイルミネーションを楽しみたいといった場合にも活用することができるのです。
さらに豪華なクリスマスイルミネーションにチャレンジしてみたいという場合には、500万円までの借り入れが可能なカードローンなどを検討してみてください。

会社員の人の場合には、月末に冬のボーナスや給料などが支払われるかもしれません。
最近は短期間の借り入れであれば無利息で利用することができるカードローンなども増加していますので、カードローンでとりあえず必要な費用を調達してその後ボーナスや給料で返済するといった使い方もおすすめになります。
無利息で借り入れを利用することができれば、カードローンをボーナスや給料などの前借りとして利用することができるのです。

クリスマス時期にカードローンに申し込めば年末年始に備えるためにも役立ちます

クリスマスの時期にカードローンに申し込んで契約を行えば、年末年始に急にお金が必要になった場合などにも余裕を持って対応することができます。

年末年始の時期はカードローンを提供する金融機関が休業になってしまいますので、カードローンに申し込んでも実際に借り入れを行うことができるのは年明け以降になってしまうのです。

クリスマス前後は年末年始に備えてカードローンに申し込むためには最適の時期になりますので、いざという場合に備えるために是非とも申し込みを検討してみてください。

それでは、カードローンを具体的にご案内します。
カードローンの申込みができる金融機関は、大きく分けますと「銀行」と「消費者金融」です。
「消費者金融」は、「アコム」「アイフル」「プロミス」などです。消費者金融の金利はおおむね年18%程度です。

銀行のほうが、一般的に金利が低くなっています。一般的には地方銀行より都市銀行(「みずほ」「三井住友」「三菱東京UFJ」など)のほうが金利が低いですが、最近では地方銀行も金利の低いカードローン商品を出しています。たとえば、「東京都民銀行」では金利9.8%の商品を出しています。

ネット銀行をはじめ、特殊な形態の銀行も増えてきて、競ってカードローン商品を提供しています。全国のイオンに窓口のあるイオン銀行には、最大金利13.8%の商品があります。
給与振込やクレジットカード、公共料金等の引き落としで日ごろから銀行とお付き合いのある方は、銀行でカードローンを申し込んでみるのもよいでしょう

銀行の利用状況に応じて、金利の優遇があるのが普通です。また、審査が通って借入れ限度額が高くなりますと、金利が低下します。
すでに取引のある銀行に対してだけでなく、新規に銀行の窓口で口座開設、クレジットカードなどと一緒にカードローンを申し込む方法もあります。給与振込口座の変更は、お勤め先に申し出ましょう。

ただ当然ですが、金利の低い金融機関のほうが審査は厳しくなります。
「50万円貸してもらおうと思ったのに10万円しか貸してくれなかった」ということはよくあります。ただ、きちんと働いて銀行口座利用の実績を作りますと、だいたい限度額は挙げてもらえます。なにごとも長期的に取り組んだほうがお勧めです。

それでも、待っていられない事情があれば、「消費者金融」で借りましょう。消費者金融の審査は迅速です。
無人の自動契約コーナーでローンカードの即時発行も受けられますし、Webの申し込みで完結させることもできます。
Webで申し込んで審査を受けた上で、自動契約コーナーでローンカードを受領するのがいちばん早い手段です。

なお、お勤め先への在籍確認は必ずありますのでご認識ください。在籍確認の電話は、社名を名乗らずに行われますので、警戒するほどではありません。
消費者金融のメリットは、審査・カード発行が迅速という以外にもあります。多くの消費者金融で、「無金利キャッシング」が実施されています。

条件は、初めての借入れの方について、30日間となっています。この間は、利息が発生しません。
「アコム」「アイフル」「プロミス」では、契約日の翌月から30日間、無金利です。
各社条件があり、「アコム」では、返済方法の設定を「35日ごと」としておく必要おあります。
「プロミス」では、「Eメールアドレスの登録」と、「Web明細利用」が必要になります。
「レイク」では、契約日翌日からの「30日間無利息」と、「借入額のうち5万円まで180日間無利息」の二つのサービスが選べます。少額ご利用であれば、「5万円まで180日間無利息」は大変お得なサービスです。