FX資金をカードローンで借入れ、注意すべきポイントをよく理解して利用しよう

仮想通貨が大いに流行っていますが、その前の投資のトレンドといえばFXでした。

株式投資よりも銘柄(通貨)が少ないためシンプルながら、信用取引で動かせるお金が大きいために一攫千金が狙え、今でも強い人気のある投資科目です。

大きなお金を動かす投資のために、借り入れて対処したいと思う人もいるでしょう。その際の注意点等をお知らせします。

FXとは

FXは、「Foreign EXchange」の略で、為替取引の一種です。正式には、外国為替証拠金取引といいます。各通貨間の相対価格の変動により、差益を稼ぐ取引は従来からあります。これは外国為替取引です。

FXも為替を扱うものですが、手持ちの通貨を直接移動する従来の為替取引とはまったく違っています。FXの場合、証拠金を預け入れておきますと、レバレッジという仕組みによりその最大25倍の額の取引が可能です。

FXの場合、異なる二通貨を売買する際、持っている通貨を売って差益を得る以外に、持っていない通貨を売ってから、値下がり後に買うことでも利益を得られます。

株式取引の際の、「信用取引でのカラ売り」によって値下がり時に利益を得る方法と似ていますが、FXの場合は現物を動かす必要がないため、株式よりもずっとスムーズです。つまり、値上がり値下がりの時系列にほぼ関係なく、安い通貨を買い、高いときに売ることで差益を得られるのです。

ハイリスク・ハイリターンの投資といえるね。

株式と違って、資金がゼロになることも普通だって聞いたよ。

FXの資金をカードローンで借りても問題ない?

FXはレバレッジという、資金の25倍のお金を動かせる仕組みが特徴的な投資です。ですから、ある程度の資金を、借りてきてでも準備したくなるのも当然でしょう。

借入れとなるとローンですが、ローンにも多くの種類があります。貸出しに時間が掛かるものが多いですし、そもそも投資のために貸してくれる商品はあまりありません。

一方、投資に使えるローンもあります。カードローンは現金ではなく「利用限度額」を与えられる商品です。そして、利用限度額をどう使うかは、利用者の自由です。

カードローンの利用用途は基本自由

確実に利益を得られると考えるのであれば、借りてきて投資し、差益を返済に充てればいいと考えても不思議ではありません。カードローンは、その使い道も自由ですので、FXなど投資のために借り入れるとしても、制限されません。

とはいえ、FXについて慣れているわけでもないのに、いきなり借り入れて投資につぎ込むとしたら、それはどうでしょうか。

投資は、結局ライバルとの間の資金の奪い合いです。そのような厳しい場に初心者が借金で用意した資金を運用しようとしても、利益を得られる可能性は決して高くないでしょう。ゼロになる可能性も低くはないのです。

そうなりますと、カードローンで作った借金だけが残ってしまいます。

自己破産できなくなるリスクがある

自己破産することを前提に投資をする人はいないでしょうが、巨額の損失をして復活できなくなる可能性も、頭の隅には置いておくべきでしょう。

いよいよ借金が膨れ上がって返済できなくなり、自己破産することになったとします。その場合、投資やギャンブルで作った借金は免除されないという破産法の規定があります。つまり、FXにつぎ込むために作った借金については、免除されない可能性があるのです。

もっとも、裁判所が破産免責を決定する際、この規定を適用するケースは少ないようで、実際の運用としてはなるべく免責を認める方向にはあります。特に投資・ギャンブルで作った借金が少額であればその傾向が強いです。

「投資で失敗したら自己破産しよう」と安易に考えていると、痛い目を見るかも。

破産が通らなかったら借金だけが手元に残っちゃうね。

FX資金の借入の返済のあては作っておく

FXはハイリスク・ハイリターンの投資です。投資に取り組む気持ちがどれだけ高いかは別にして、投資の全額を失うこともごく普通にあります。そう考えますと、高金利の借金を前提にした投資は大変危険です。

カードローンで借り入れるとして、返済のめどは常に持っておかなければなりません。そうしますと、レバレッジがあるからといって、むやみに過大な投資をするのは無謀というものでしょう。

常に負けたことを考えて投資に当たらないとなりません。

なにも考えずにFX資金を借りるのは危険


なにもしなければ資金は増えませんから、大胆に勝負をすることも時には必要でしょう。ですが、甘い見込みしかないのに、必ず勝てるだろうと思い込むとしましたら、それは冷静な判断に基づくものとはいえません。

借金をするならば、「やむを得ず」ではなく、主体性を持って緻密な判断のもとで計画的におこないたいものです。また、すぐに返す前提での、一時の借入れでなくてはなりません。

「これで勝てさえすれば取り返せる」という発想になっていたら、すでに投資においては危険領域だよ。

投資が余裕がある分からするのが一番いいのかも?

FXでカードローンを活用するタイミング

FXのためにカードローンを利用するならば、ここぞというタイミングで使いましょう。

投資に勝つ自信があるときにしか、借金をすべきではありません。もっとも、勝てるという自信そのものも、再度疑ってかかるべきものでしょう。

ローンを活用するタイミングは、どんなときでしょうか。

為替相場が大きく動きそうなとき

FX投資の場合、値上がりでも値下がりでも、その流れを読むことで売買をして差益を得ることができます。ですから、為替の変動が大きくなるときはチャンスです。

世界規模で動く為替相場にも、一日の内で大きく変動する時間帯があり、そして月ごとにもそうした日が存在します。

とはいえ、「上がる」「下がる」をサイコロの目のように予想するのはギャンブルであり、投資ではありません。相場が動く、あらゆる材料を推理して、判断しなければなりません。

その点を踏まえて強い自信がないと、借り入れてまで投資に使うものではないでしょう。

僕ほどになれば、理論武装して損するよ。

私はカンで得したよ。

追加証拠金の資金

相場が乱高下を繰り返すようになると、少ない資金で大きな投資をしている際、担保として預けた証拠金の額を取引額が簡単に超えてしまいます。証拠金が、証拠に足りなくなったわけです。この結果、追加証拠金の納付が必要になります

証拠金を増やして、大きな取引に対応できるようにしなければなりません。このときに必要なのが追加証拠金です。追加証拠金を支払えないと、手持ち外貨の残高が強制決済されてしまいます。それでなお足りなければ、借金が残ります

これを避けるため、カードローンに手を出す人も少なくないようです。

ですが、この状態を脱して相場が回復すればいいのですが、その保証はありません。カードローンとさらなる追加証拠金の発生により、借金が雪だるま式に増えてしまう可能性もあります。

FX資金の借入におすすめのカードローン

いずれにしましても、資金が必要で、借入れを決断した場合、早急に対処しなくてはいけません。

消費者金融のカードローンは、借入れまでの時間が迅速です。Web完結で、直ちに銀行口座に振り込んでもらえる商品も多くあります。特に、トレードが活発な平日であれば即日融資が受けられる可能性が高いです。

ただし、借入れのためには「安定した収入」が必要です。給与所得者は有利ですが、職業がデイトレーダーだという場合は、収入が「安定している」と言いづらいため、新規の借入れは少々難しくなるでしょう。

以下、FXに向いたお勧めカードローンです。

プロミス

申込条件 安定した収入
審査時間 最短30分
貸付利率 最大17.8%
限度額 500万円
無利息期間 初回利用から30日間

プロミスは三井住友銀行と同じグループであり、三井住友銀行、ジャパンネット銀行口座のある人にとっては大変便利で使いやすいカードローンになっています。一般的に、銀行振込での融資を受ける場合は、銀行のシステムを利用しますのでどうしても時間が制限されてしまいます。銀行の営業日である平日であっても、午後3時以降であれば翌日振込みとなります。

ですが、三井住友銀行、ジャパンネット銀行口座のある人なら、審査通過後すぐ「瞬フリ」サービスが利用できます。365日24時間、いつでも融資が受けられます。一瞬の判断で、追加の資金が必要なFXには向いています。

SMBCモビット

申込条件 安定した収入
審査時間 10秒簡易審査
貸付利率 最大18.0%
限度額 800万円
無利息期間 なし

SMBCモビットも、プロミスと同じ三井住友銀行グループの会社です。消費者金融の場合、「在籍確認」の電話が職場に入ります。間違いなく申込者が在籍していることを確認して、「安定した収入」を把握します。在籍確認の電話は個人名でおこなわれますので、それほど心配する必要はないですが、職場によっては電話が掛かってくること自体が気になる人もいるでしょう。

SMBCモビットは、WEB完結なら電話連絡なしにできます。それもあって審査がスピーディですので、FX資金が速く必要な場合は便利です。Web完結を利用するためには、「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」のいずれかの口座を持っていること、それから協会けんぽまたは健保組合の保険証を持っている必要があります。

振込融資を受けるにあたり、他の銀行と同様、時間の制限はありますのでご注意ください。これ以外に、スマートフォンによるセブン銀行でのキャッシングの方法もあります。カードまたはスマートフォンを利用すれば、必要なときの資金は作れます。

アイフル

申込条件 安定した収入
審査時間 最短30分
貸付利率 最大18.0%
限度額 500万円
無利息期間 初回利用から30日間

アイフルの公式サイトには、「1秒診断」というサービスがあり、借入れ可能かどうか、申込み前に判断ができます。ただし、雇用されていない自営業者、個人事業主の場合は、該当項目がなく利用できません。安定した収入があれば、自営業者等でも借入れができないわけではありません。

アイフルもWebで完結の即日融資が受けられますが、銀行系列ではないため、24時間いつでも振り込んでもらえるサービスはありません。銀行のシステムによりますので、午後3時以降であれば振込みは翌営業日となります。この点ご注意ください。

とはいえ、自動契約機でカードを発行してもらう場合であれば、コンビニ等のATMでいつでもキャッシング可能ですので、FXの資金が急ぎ必要な場合も対応しています。

まとめ

FX投資のために、カードローンを利用する方法について見てきました。

いずれにしましても、投資はお金が不足しているときに一攫千金を狙ってするものではありません。借入れは補助的なものにとどめて、まずは投資をする態勢を整えることを考えていきましょう。

そして、FXは他の投資よりも不確実性の高いものです。

全て失うのもごく普通だということをわきまえて取り組みましょう。