プロミスをクレジットカードのように利用するテクニックを紹介!プロミスの借入で三井住友VISAプリペイドにチャージが可能

「プロミスのクレジットカードがあるって本当?」
「プロミスをクレジットカードのように使えるって聞いたけどどうやるの?」

プロミスはカードローンですから、クレジットカードと聞いて情報収集している人は少なからずいるでしょう。

実は、プロミスの借入(振込キャッシング)による三井住友VISAプリペイドへのチャージが可能。クレジットカードのようなカード払いがプロミスでできるのです。

ここでは、プロミスと三井住友VISAプリペイドの併用に関して、安全性や一緒に使うメリット、利用方法を解説していきます。

プロミスでカード払いができる方法やメリット・デメリットが理解できれば、より効率的なお金の使い方ができるようになりますよ!ぜひ興味ある方は参考にしてみてください。

プロミスはクレジットカードを発行していない

プロミスはクレジットカードを販売していません。以前は「プロミスJCBカード」というクレジットカードがありましたが、2009年11月29日をもってサービス終了となっています。

プロミスのような消費者金融が発行しているクレジットカードは、アコムのACマスターカード、SMBCモビットのTカードプラス(SMBCモビット next)などがあります。

てっきり、プロミスのクレジットカードがあるもんだと思ったよ…

ただし、プロミスのあるサービスを利用すると、クレジットカードみたいに買い物でカード払いができるようになるんだ!これから、そのサービスについて紹介をしていくよ!

三井住友VISAプリペイドとの併用でプロミスはVisaクレジットカードのように利用可能

プロミスのローンカードでショッピングはできません。あくまで現金の借入・返済ができる通常のキャッシングです。

しかし、プロミスの振込キャッシングは、銀行口座への振込による現金融資以外に、「三井住友VISAプリペイドカード」へのチャージができるのです!

三井住友VISAプリペイドカードとは
三井住友カード株式会社が発行しているチャージ式のプリペイドカード。

カードに入金をしないと使えない前払い式なので、カードローンやクレジットカードのような審査がない。

プリペイドカードは、PASMOやSUICAのように、現金をチャージしてカード決済ができるものをいいます。クレジットカードとは異なるのですが、買い物するときにカードを提出して支払いができる点は同じです。

つまり、クレジットカードのようにショッピングでカード払いができるようになる方法が、プロミスと三井住友VISAプリペイドカードの併用なのです。

プリペイドカードとクレジットカードは全く違うもの

プリペイドカードとクレジットカードの大きな違いは「支払い方法」にあります。

ここがポイント
  • クレジットカードは後払い
  • プリペイドカードは前払い(チャージしないと使えない)
クレジットカードで買い物すると、支払いはカード会社が立て替えます。従って、お財布の現金や貯金が減りません。カードで使った金額は、後日カード会社から請求され口座から引き落とされる後払い。

手持ちのお金がなくても買い物できてしまうので、クレジットカードは使いすぎてしまう恐れがあります。実際、高額の請求金額をみて青ざめた経験のある人も少なからずいるでしょう。

一方、プリペイドカードを買い物で使うためには、事前にチャージをしておくことが必要。1万円チャージすれば1万円分カード払いができます。カード残高が0になっても再度チャージすればいいので、繰り返し利用可能。

プリペイドカードは自分が使いたい分だけチャージすればいいので、お金の管理がクレジットカードよりしやすく、使いすぎる心配がないのです。

お財布のお金が足らないと、現金で買い物ができないだろう?それと同じで、プリペイドもカード残高が足らなくなれば買い物はできない。

つまり、現金がカードに変わった感じだね!

プロミスで三井住友VISAプリペイドを発行するメリット

プロミスの三井住友VISAプリペイドへのチャージの利点

現金を持ち歩く必要なし!カード払いが可能に(キャッシュレス)

プリペイドカードの最大のメリットといってもいいでしょう。現金ではなくカードで決済ができるので、十分にチャージしていれば現金を持つ必要はなくなります。

現金とプリペイドカードを併用するにしても、小銭で支払う場合はプリペイドカードを使うというのも優れた方法です。

小銭でお財布がかさばることもなくなり、少額の買い物はすべてプリペイドに任せれば、お釣りをもらう手間も省けます。コンビニで買い物するときなどは便利ですよ!

スマホアプリから24時間365日好きなタイミングでチャージ可能

プロミスの公式スマホアプリから、三井住友プリペイドカードへのチャージが行えます。スマホは財布同様常に持ち歩くものですから、スマートフォン1台でチャージ可能なのはとてもラクです。

加えて、時間的な制限が一切ありません。24時間365日自分の好きなタイミングでチャージが可能。これなら、手持ちの現金がなくてもプリペイドにチャージができますね。特に、ATMを探す手間がかからないのは魅力。

発行手数料・年会費・チャージ手数料が無料

プロミスから三井住友VISAプリペイドを申し込むと手数料が0円です。普通はプリペイドカード発行時に数百円の発行手数料がかかるもの。

チャージ手数料もかかりません。1回1回チャージするたびに手数料がとられてしまうと、たとえ少額の手数料であっても、積み重なれば金銭的負担も大きくなっていきますから、無料であるに越したことはありません。

ちなみに三井住友カードから申し込むと、カード発行時に640円(税込)の手数料がかかる(発行手数料200円+発送手数料440円)。チャージ手数料も200円(税込)がかかるんだ

それなら、プロミスから申し込む方がお得だね。特にチャージ手数料無料は大きい

海外で買い物ができる

三井住友VISAプリペイドは、VISAの加盟店で利用できます。VISAはMastercardと並んで世界で最も普及しているカードの国際ブランドですから、海外で利用する場合も困ることはないでしょう。

ですから、Visaのカードを持っていない人は、持っておくことをおすすめです。クレジットカードのような審査もありませんから、手軽に持てるのがプリペイドの良さです。

プロミスから申し込むだけで2000円チャージされる!

プロミスから申し込んだら、2000円分の買い物が無料でできることを意味します!これはとてもお得な特典ですね!

2000円チャージの条件
  • プロミスの契約手続きのときに、プリペイドを申し込むと1000円分チャージ
  • 三井住友カードとプロミスの会員ページで、三井住友VISAプリペイドのカード情報を登録をすれば1000円分チャージ

この条件は、プロミスの振込キャッシングでチャージするためには必須の作業ですから、プロミスの公式サイトから申し込んだら2,000円がチャージされるものと考えて差し支えないでしょう。

てことは、もともと三井住友VISAプリペイドを持っている人は、プロミスの会員ページからかカード番号を登録すれば1000円分チャージされるんだね!

そうだね!1,000円であってもコンビニなどのちょっとした買い物にはうれしいよね

プロミスチャージの三井住友VISAプリペイドの利用方法

プロミスの三井住友VISAプリペイドへのチャージ機能を追加するための導入手順を紹介

プロミスと契約すれば三井住友VISAプリペイドは利用可能ですが任意。ですから、プリペイドカードを希望する場合は申込をしなければなりません。

面倒な手続きを想像する人もいるかもしれませんが安心してください。カードローンやクレジットカードのような審査はないのでシンプルな手続きなのです。

  1. 三井住友VISAプリペイドの申込
  2. 三井住友VISAプリペイドが郵送で届けられる
  3. 三井住友VISAプリペイドの利用手続き(初期設定)
  4. プロミス会員ページで三井住友VISAプリペイドのカード情報を登録(プロミスとプリペイドの連携)
  5. プロミスのチャージ機能で三井住友VISAプリペイドに入金

ポイントはプリペイドカードの発行だけでなく、三井住友カードとプロミスの両方の会員ページでカード情報の登録作業が発生することです。

これから、プロミスの利用者が三井住友VISAプリペイドを利用するための手順を分かりやすく解説していきます。

Step1. 三井住友VISAプリペイドの申込

プリペイドの申込方法は次の2パターンあります。

プロミスの審査通過後の契約手続きで、ついでに申し込む
プロミスの会員サービスから申し込む

それぞれのプリペイドの申込方法について見ていきますが、プロミスの会員サービスから申し込めるので、プロミスの利用者なら、自分の好きなタイミングでいつでも申込可能ということです。

①. プロミスの審査通過後の契約手続きからの申込

プロミスの審査に通過したら、契約の手続きをします。この手続きの一連の流れの中で三井住友VISAプリペイドの希望の有無を任意に選択できます。

契約手続きの内容
  • 契約額(利用限度額)の内容確認
  • 返済方法(口座振替or ATM)の選択
  • プロミスからの案内メール「受けとる」「受け取らない」の選択
  • 三井住友VISAプリペイドの申込み「希望する」「希望しない」の選択

など

選択するだけなので非常に簡単ですね。

カード発行が無料ででき、年会費もかからないなのでカードを使わず持ち続けてもコストはかかりません。使うか悩む場合は、とりあえず発行しておくスタンスで問題ないでしょう。プロミスから申し込めば最大2000円分のチャージ金額をゲットできますから。

②. プロミスの会員サービスからの申込

既にプロミスのカードローンを利用中の人は、会員サービスから申込が行えます。

申込方法
会員サービスにログイン後、「プリペイドカードの申込ボタン」をクリック

プリペイドカードの送付先:「自宅」「勤務先」の選択

カードの送付先を選んで終わります。非常に簡単な申込ですね。

プロミス契約時なら申し込むだけで1000円分チャージされたプリペイドカードが送付されますが、プロミス利用中の人の場合は、この特典がつきません。

チャージ残高0円のプリペイドカードが届きます。ただし、三井住友カードとプロミスでカード情報を登録すれば1000円分チャージされます。

Step2. 三井住友VISAプリペイドが郵送で届けられる

申込後は、約1週間程度でプリペイドカードが届きます。

カードが手元に届いても、まだプリペイドカードとして利用はできませんので注意してください。カードを使えるようにするためには、三井住友カードの会員ページでカード情報を登録する必要があります。

Step3. 三井住友VISAプリペイドの利用手続き(初期設定)

これは、プリペイドカードが使用可能になるための手続きなのでとても重要です。とはいっても難しくはありません。次の3ステップの作業になります。

  1. 三井住友カードの公式サイトで会員登録
  2. カード情報の登録
  3. 本人確認書類の提出

①. 三井住友カードで会員登録(マイページを作成)

まずは三井住友カードの公式サイトで会員登録をします。一般的なサイトの会員登録とまったく同じものです。

利用規約に同意するとメールが送られてきます。メールの本文のURLをクリックすると会員登録画面になるので、入力項目を埋めていきます。

三井住友カードの会員登録の記入項目
  • メールアドレス
  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 秘密の質問

など

会員登録が無事終わったら、次はプリペイドカードの情報を登録します。

②. プリペイドカード番号の登録

プリペイドカードに記載されている情報を入力することになるので、カードを手元に準備しましょう。

カード情報の入力項目
  • プリペイドカード番号
  • カード有効期限
  • セキュリティコード

など

登録を済ませて、問題なければカードが追加されます。ご登録カード一覧から追加されたカードが確認できればOKです。

③. 本人確認用書類の提出

最後に本人確認用書類を提出しなければなりません。これは、登録した会員が本人かどうか確認するための手続きになります。

本人確認用書類の提出方法
三井住友カードのマイページへログイン
   ↓
「お客様情報照会」をクリック
   ↓
「本人確認登録」をクリック
   ↓
提出方法を「インターネット」「郵送」から選択

郵送は、手間と時間がかかります。スマートフォンで撮影してそのままサイトにアップロードするほうが速いし簡単なので、インターネットの提出をおすすめします。

本人確認書類は「運転免許証」になります。もし、免許を取得していない人は次の中からどれか1点のコピーでOKです。

免許証以外の本人確認書類
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票

本人確認書類提出後、即時OKとはなりません。早くて翌営業日ですが、混雑していたりすると2,3日かかることもあります。

これで、三井住友VISAプリペイドカードが使えるようになった!

なるほど~ じゃ~早速プロミスからチャージして見ようっと

できないよ!プリペイドが使用可能な状態になっただけだからね。プロミスの振込キャッシングのチャージは、プロミス側で、そのための設定をしないとできないよ!

プロミスの方は、まだ何もしてなかった…

Step4. プロミスの会員ページで三井住友VISAプリペイドカードを登録(プロミスとプリペイドの連携)

プロミスの振込キャッシングによるチャージ機能は、プロミスと三井住友VISAプリペイドが連携していないといけません。

ですから、プロミスの会員ページで三井住友VISAプリペイドのカード情報を登録する必要があります。

次の手順でプロミス側のプリペイドカード情報の登録ページに進めます。

ここがポイント
プロミス会員ページにログイン
   ↓
お客様情報の照会・登録/変更」をクリック
   ↓
三井住友VISAプリペイドの登録・変更」をクリック
   ↓
三井住友VISAプリペイドのカード番号と有効期限を入力すればOK

これで、プロミスとプリペイドカードの連携作業は完了です。それでは、実際にチャージを行う手順を次に説明します。

Step5. プロミスのチャージ機能で三井住友VISAプリペイドに入金

チャージは、プロミスの会員ページにログインしてもできますし、プロミスの公式スマホアプリからでもできます。

プロミスの公式スマホアプリ
プロミスの利用状況(利用可能残高、返済日、返済金額など)が一元元利された無料アプリ。iPhone版とアンドロイド版の両方ある。

セブン銀行ATMで借入・返済ができるのでカードレスが可能。三井住友VISAプリペイドカードへのチャージも行えるので、アプリ1つで十分事足りる便利なアイテム。
チャージする方法
プロミスの会員ページにログイン
   ↓
チャージ(三井住友VISAプリペイド)」をクリック
   ↓
チャージ希望額」を入力すればOK
とても簡単にできますから、特に操作で困ることはないでしょう。

さらに、本当にチャージされたかどうか確認する方法も知っておいたほうがいいでしょう。三井住友プリペイドカードのチャージ残高をチェックする方法は次の3通りあります。

プリペイドのチャージ残高の確認方法
  • プロミスの会員ページ
  • プロミス公式スマホアプリ
  • 三井住友カードのマイページ(Web版のみ)

この中だとスマホアプリが一番使い勝手がいいでしょう。チャージ残高が一目で分かりますし、残高の下には「プリペイドへチャージする」ボタンもあるので、チャージもしやすいのです。

また、プロミスの公式スマホアプリは、実に様々な機能を備えています。このアプリが本当に役立つものなのか気になる方は、関連記事で詳しく詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

プロミスのアプリローンはカードの必要なし、お手持ちのスマホを使って申込から借入れまで完結!

チャージで知っておくべきこと

プロミスの三井住友VISAプリペイドへのチャージについて事前に知っておくべきこと

プロミスのカードローンから三井住友VISAプリペイドへのチャージは、24時間365日いつでもチャージ可能です。スマホ1台で済んでしまいますから利便性に優れています。

しかし、便利ですが、注意すべき点もあります。

そこで、ここでは、プロミスのチャージについて知っておくべきポイントを解説します。

プロミスの振込キャッシングによるチャージだから、返済時は利息がかかる

プロミスのチャージ金額は、振込キャッシングによる借入になります。例えば1万円をチャージすると、プロミスの借入が1万円プラスされるということです。

つまり、プロミスにチャージ金額の返済をするときには、利息がかかるということです。

プロミスの金利(実質年率)
4.5%~17.8%

上限金利17.8%で1万円チャージして、1ヶ月後(30日間)にプロミスに1万円全額返済する場合の利息額はいくらになるか計算してみます。

10,000円×0.178÷365日×30日 = 146円(利息)

ATMでかかる利用手数料くらいの価格です。もちろんチャージをたくさんすれば、プロミスの借入残高が大きくなりますから利息は大きくなっていきます。

きちんと返済をしていかないとローン残高が膨れ上がる可能性もあるので、チャージ残高だけでなくプロミスの借入残高にも目を向けて、きちんと計画的に利用しましょう。

プリペイドの残高を現金化することができない

プリペイドカードにチャージしたはいいものの、残高が残り続てしまうときには、現金に戻したいと思うかもしれません。

しかし、チャージ金額を現金に戻すことはできません。PASMOやSuicaもできませんよね?それと同じです。

ですから、1度に大きな金額をチャージするのはやめたほうがいいかもしれません。どちらかというと、喫茶店やコンビニの会計を、現金ではなくカードで済ますような少額のショッピングに向いています。

まとめ

プロミスをクレジットカードのように活用できる方法を解説しました。

プロミスの振込キャッシングによって、三井住友VISAプリペイドカードにチャージが可能。利用方法や特徴について最後まとめました。

ここがポイント
  • プロミスの借入(振込キャッシング)金額を三井住友VISAプリペイドへチャージすることでクレジットカードのようなカード払いが可能に。
  • 三井住友VISAプリペイドはプロミスの会員なら誰でも申込可能
  • 初めてプロミスを契約した人は、最大で2000円がチャージされたプリペイドカードをゲットできる
  • プリペイドカードはクレジットカードより安全!使いすぎによる高額請求の心配なし
  • 「三井住友VISAプリペイドへのチャージ金額=プロミスの借入」。通常のキャッシング同様に返済に利息がかかる
生活の中の現金払いをカード払いにすれば、小銭を持つ必要がなくなります。会計時の手間も、読み取り機にカードをかざすだけのラクチン決済が可能。

カードローンをクレジットカードのようなカード払いにして利用したい人は、低金利のプロミスで三井住友VISAプリペイドと併用して使いましょう!