カードローンを利用して儲ける!太陽光発電で電力を販売してエコライフを楽しみましょう

太陽光発電システムを自宅に導入すれば、昼間に発電した電気を自宅で利用して、さらに電力が余るのであれば電力会社に販売することができるのです。
光熱費の節約のためにも役立ちますが、さらに上手くいけば電力を販売することで収入を得ることができますし、エコで地球環境に優しくさらに儲かるシステムが高い注目と人気を集めているのです。

また最近の太陽光発電システムでは利用者がスイッチの切り替えなどを行わなくても、自動的に電力の売買が行われますので手軽で簡単なのです。
ただし太陽光発電システムを設置するためにはある程度の費用が必要になります。
システムの普及に伴って価格は少しずつ下がっていますが、それでも一般家庭に導入するためにはかなり高価なものだといえるでしょう。
設置のために必要な費用は導入する装置の種類や規模などによっても異なるのですが、新築住宅に導入する平均的なタイプの場合には38万円から40万円程度となっています。

さらに容量が4KWの大型太陽光発電システムであれば費用は150万円程度になります。導入するためには軽自動車1台分に相当する費用が必要なのです。
太陽光発電システムの具体的なシステムとしては、太陽電池モジュールやパワーコンディショナーや配線ケーブルなどが必要になります。
また別途取り付け工事費や配線工事費などが必要です。
その他には発電した電力を電力会社に販売したい場合には、各種の契約や申請などのための手続き費用が必要になります。
これらを全て合計するとトータルでは150万円前後になることが多いようです。
また自治体によっては太陽光発電システムを導入するための補助制度が利用できる場合などもありますので、詳しくはお住まいの市町村の窓口などで確認してみてください。

ソーラーローンを活用して導入計画を立ててみましょう

太陽光発電システムを導入するためにはある程度の費用が必要になりますので、多くの人の場合には一括で支払うことが難しいかもしれません。
そのような場合には銀行や信販会社などが提供しているソーラーローンの利用を検討してみてください。
ソーラーローンは太陽光発電システムの導入を前提としたローンです。
上手に活用することができれば返済プランが立てやすくなりますし、さらに電力販売による利益なども期待できるかもしれません。
ソーラーローンは低金利で返済期間が長めであることが特徴となっています。
提供する銀行や信販会社によっても異なりますが、10年や15年などの長期間で利用できる場合もあるようです。
例えばソーラーローンを金利2.85%の条件で利用する場合には、月々の具体的な返済額は以下のようになります。

借入金額 10年 15年
100万円 \10,708 \7,931
150万円 \16,063 \11,896
200万円 \21,417 \15,861
250万円 \26,771 \19,826

この場合に月々の返済額以上の金額で発電した電力を販売することができれば、太陽光システムによって利益を獲得したことになるのです。
太陽光システムについては長期の稼動を前提として設計されていますので、一度設置すれば定期面テンス以外の費用は必要ありません。
ソーラーローンを完済してしまえば、その後は電力を販売した分については全てが収益になるのです。

ある程度の自己資金が準備できるのであれば不足分はカードローンで調達しましょう

ある程度の自己資金が準備できるのであれば、不足分についてはカードローンで調達するという方法もあります。
ソーラーローンは低金利で利用できることがメリットなのですが、審査が厳しく時間がかかるといったデメリットがあります。
一方のカードローンであれば比較的審査には通りやすいですし、また即日融資にも対応しています。
金利については若干割高になりますが、ある程度の自己資金が用意できればカードローンの利用は少額で済みますので、それほどの問題にはならないでしょう。
必要な費用の全額を借り入れたいという場合などには低金利のソーラーローンをおすすめしますが、自己資金の不足分を補う程度であればカードローンの方が使いやすいかもしれません。
状況に応じて最適なローンを選択するようにしましょう。