家賃の滞納はカードローンで解消しよう! 追い出される前に早めの一手を。

生活のために必要な経費は数多あります。携帯代、食費、光熱費、交通費。

中でも大きな割合を占めているのは、家賃でしょう。相場は月収の1/4~1/3と言われています。

一度の滞納分を取り戻すのは並大抵ではありません。しわ寄せはどんどん積み重なり、いつのまにか「強制退去」直前という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時は、ピンチを助けるカードローンを利用しましょう。この記事では、家賃滞納から強制退去までの流れを解説し、適した借入先、借入方法をお伝えしています。

滞納だけでは強制退去にならない?

強制退去にまつわる法的根拠には、「滞納」だけが条件とは記されていません。一年近く定期納入を怠っていてもまだ住めている、という方もいれば、2ヶ月の滞納で催促状が来たという方もいます。

管理会社や大家が、法的な許可の上で強硬手段に出るには、「信頼関係の有無」、「信頼関係構築の放棄」という文言がキーワードになっています。

たとえば、滞納する旨を連絡したかどうか、話し合いの場を設けているかどうか、騒音に代表される普段の生活態度はどうかなど。

「貸主」と「住居者」間における、普段の信頼関係が大きく関係してくるのです。

もちろん、納入先が「大家さん」という一個人なのか、「管理会社」なのかによっても、この基準や歩み寄り方は異なります。

まず自分の賃貸契約情報を正確に把握して、どこ(誰)に払っているのか、臨時の連絡先はどこなのか確認しよう。

滞納したとき、「誰に待ってもらうのか」よく分かってなかったかも!

何ヶ月の滞納まで許されるの?

前項の通り、一概には言えません。一つ明記できることがあるとすれば、数カ月の滞納をうけた貸主が、一切の段取りを行わず急に強制退去を執行する、ということは法律的に不可能だということです。

話し合いの場を設けようとしたか、分割払いなどの解決策を講じようとしたかなど、貸主側にも「信頼関係構築」における義務を遂行したか否かが問われます。

貸主からの歩み寄りに応じなかった場合、強制退去の可能性は高くなります。2ヶ月間連絡つかずのまま滞納だった場合は、催促状などの圧力をもって対応してくることもあるでしょう。

判例では、「3ヶ月の滞納と信頼構築の放棄」によって強制退去が認められたケースがあります。この住居者は再三の連絡を無視していたようです。

少なくとも、一ヶ月分の滞納で強制退去になることは、まず有りえません

強制退去になったらどうなるの?

ひとえに強制退去といっても、様々な対応があります。貸主の独断と自由行使は決して出来ません。法律的にクリアしないまま、「無断侵入」や「無断配送」などの強硬手段にでることはないのです。

なにがどこまで許されるかはその時々の裁判所判断です。

下記にいくつかの実例を挙げます。

・強制的に鍵を交換されてしまった。
・業者が来て、実家や保証人の住所に家具諸々一切を送られてしまった。
・警察同伴の上で来訪し、明日中の退去を命じられた。

対応にはかならず段階があります。手紙や電話、来訪、そして貸主が裁判を起こした旨がわかる裁判所からの訴状。

そこには「答弁書」という、住居者側の言い分を添える書面が同包されているでしょう。

全ての段取りに不誠実な対応(期限不履行・無視など)をとっていると、強制退去の行使が貸主に認められます。

信用情報に傷はつくの?

家賃分補填のため借入をしようにも、信用情報に傷がついていたら、それも難しくなってしまいます。いわゆる「金融ブラック」と言われる状態ですね。

一度事故歴が付くと、解決しても5年間はブラックリストから名前が消えることはありません

家賃滞納が信用情報に関係してくるかどうかは契約状況によって異なりますが、契約時に、「保証会社との契約必須」という条件があった場合は注意が必要です。

オリコやアプラスに代表される保証会社は、貸主とも契約している「家賃納入の代行業者」です。

あなたが一ヶ月分の納入を怠っていた場合、この保証会社が家賃を立て替えているのです。

ですので、この場合は「貸主に家賃を待ってもらう」のではなく、「保証会社に返済を待ってもらう」形になり、貸主間との信頼関係の有無といった問題ではなくなります。

より強制退去への道は早まると言っていいでしょう。

上記にあげた大手二社の場合、消費者金融や銀行カードローン会社の信用審査機関としても機能しています。つまり、この二社が保証会社として入っていると、「信用情報」にダイレクトに傷が付くことになるのです。

賃貸状況をしっかり把握せずに契約・生活している人は要注意だね

私の家、どうだったっけ?

契約状況を確認しよう

なによりも、まず自らの賃貸契約状況を確認することです。

これから滞納する場合、「どこに連絡すべきなのか?」、管理会社なのか、保証会社なのか。

すでに滞納している場合、「誰に(どこに)待ってもらっているのか?」です。

あるいは、すでに起訴されている場合なら、裁判所への連絡が必要になるでしょう。

複数を取りまとめている管理会社の管轄なのか、個人が業者を介さず貸しているような、昔ながらの住居なのかによっても、大きく変わってきます。

保証会社が肩代わりしている?

前述の通り、契約状況を調べるにあたり「保証会社」の有無は絶対に外せない要項です。

保証会社が介在していた場合、家賃滞納が「契約不履行」から「家賃分借入」へと意味合いを変えるからです。

後者の場合、保証会社が肩代わり済みなので、「借金」と同じ概念になります。

しかも、ほとんどの場合、分割返済や期限延長などの対応が許されない「一括返済のみ、期限遵守の借金」ですから、柔軟な対応や相談は見込めません。信用情報にも傷がついているケースが多いでしょう

管理元に相談しよう

いかなる場合であれ、まずは管理元に連絡しましょう。

企業であれば「管理会社」、一個人なら「管理者」ですね。相談先として間違いはありません。

「家主との交渉に入ってください」、と言われるケースもあれば、「保証会社から連絡が来ます」と言われる場合もあるでしょう。もちろん、本人が「では待ちます」と言ってくれることも。

勘違いしがちなのは、「大家」と「管理会社」の意味です。その不動産をもった個人・あるいは企業のことを大家と呼び、管理会社とは「大家代行」を行う機関です。

不動産屋への情報掲載から契約、入居から家賃回収。清掃、退去、クリーニングなど、大家が業務のどこまでを管理会社に依頼しているかは時々です。滞納時の対応や、未払い金処理の方法などは、その契約関係にも寄るので一概には言えません。

「管理会社が大家から定額もらっている場合(家賃は大家へ)」もあれば、「掲載の見返りとして大家が管理会社から定額をもらっているケース(家賃は管理会社へ)」もあります。

物件価値によっても状況は異なるでしょう。

管理会社が自ら不動産を保有する場合もあるよ。『大家=管理会社』の図式だね

今の状況とお金の流れは、「確認しないと分からない」ってことだね

ピンチはカードローンで解消しよう

強制退去にまつわる事情において、「信頼関係」が何より重要であることを記してきました。

しっかり報告した上で、まず一月分でも納入すれば状況は上向きます。

もちろん、滞納分を全てまかなえたらそれに超したことはありませんが、切迫した状況の中ではそう簡単な額ではないでしょう。

ここからは、そんなピンチを助けるカードローンについてご案内していきます。

全国対応、即日対応のみならず、無利息期間があるかどうかなど、注意深く精査しましょう。

いくらの借入で滞納分を賄えるのか、計算しよう

まずご自分の状況を確認することが大切です。契約状況ももちろん、何ヶ月分の滞納をしているのか正確に把握してください。

また、ぴったりの額を借入するよりも、滞納分だけでなく「その月の家賃分」も考えて希望することをおすすめします。

一度返済しても、再滞納してしまっては信頼構築に至りませんし、融資してくれた会社へ返済することも視野にいれるべきです。

まずは管理元と相談し、退去を待って頂く条件と、今後のお話を取り決めましょう。

月々の返済は少額で済む

「借金」というイメージが先行して、不安を煽ってしまいがちなカードローンですが、正規の企業であれば杞憂です。

返済期間は、相談に基づき数年単位で設定され、毎月の最低返済額は少なくて済みます。あるいは、毎月の返済希望額から返済期間を割り出すことも可能です。

各会社とも公式HPで返済シミュレーションすることが可能ですので、申し込み前に必ずチェックしておきましょう。

条件に合うカードローン会社を選ぼう

カードローン会社には、「消費者金融会社」と「銀行カードローン会社」の二種類あり、それぞれ特徴が異なります。

即日対応 金利 総量規制
消費者金融会社
可能
高め
あり
銀行カードローン会社
不可
低め
なし

2018年1月から、銀行カードローン会社の審査において、警察庁のデータベース照会が必須となりました。

これにより、銀行カードローン会社は、どれだけ早くても翌営業日以降の融資となります

ただし、消費者金融会社には適用されません。

また、「消費者金融会社は『申込者の年収の1/3まで』しか融資してはならない」というルールがあります。それが貸金業法で定められている「総量規制」です。

年収300万円の方には100万円までの貸付が可能ですが、一社ではなく他社借入の総額で計算しますので、他社から70万円借りている方には、30万円しか融資することができません。

こちらは、銀行カードローン会社には適用されないのです。

即日でなくていいから、家賃延滞分全てのまとまったお金がほしい方は、銀行カードローン会社に。

まとまった額である必要はないので、とにかく一月分の家賃が今スグ必要だという方は、消費者金融会社に申込みましょう。

下記は主要2社のご紹介です。

消費者金融の金利が高めに設定されているのは、融資できる額が少ないからなんだ

逆に銀行カードローン会社は貸付に制限がないから、金利を低くできるんだね

プロミス

CM等でお馴染みのプロミスは、業界最大手で提携ATMも充実しています。

審査時間も早く、即日融資が可能な「消費者金融会社」です。

30日間の無利息サービスもありますから、「今月の家賃だけなんとかしたい」、「来月には返せるのに!」という方にぴったりの選択と言えるでしょう。

分類 消費者金融会社
審査時間 最短30分
年率 4.5%~17.8%
遅延利率 20.0%
限度額 500万円(※総量規制の範囲内)
無利息サービス 30日間無利息サービス
申込条件 安定した収入があること
即日融資 可能
返済方式 残高スライド元利定額返済方式

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

全国区の最大手銀行、三菱東京UFJ銀行が提供するカードローンです。銀行カードローンなので即日融資はありませんが、融資可能額の高さ、金利の低さが魅力です。

まとまった額で滞納分を一括返済したい方、その借入分を長期プランでゆっくり無理なく返済していきたい方に適切です。

分類 銀行カードローン会社
審査時間 最短1日
年率 1.8%~14.6%
遅延利率 4.6%~14.6%
限度額 500万円
無利息サービス なし
申込条件 安定した収入があること
即日融資 不可
返済方式 残高スライドルボルビング

信用情報に不安があるなら小規模金融会社に相談しよう

既に他社借入していたり、金融事故歴がある場合は借入が難しくなってしまいます。

あるいは、安定収入をもっていない場合でも審査通過に懸念が残ります。

その場合、「小規模の消費者金融会社」に相談するといいでしょう。

大手でないと、つい「闇金」などを疑ってしまいますが、正規に登記された貸金業者であれば問題ありません

小規模金融会社には、「限度額が低く金利が高い」という特徴があります。金利は法定内いっぱいの20.0%がほとんどですので、注意しましょう。

また、返済期間が極端に短い場合も要注意です。家賃の滞納解消のために借入して、次はそちらへの返済が滞ってしまっては元の木阿弥です。

慎重に見定めて、自分に合った借入・返済プランを選択するようにしてください。

他の手段も模索しよう

カードローンについてご案内してきました。慎重な判断の上であれば、無理なく、そしていっぺんに状況改善できる心強い手段です。

ですが、返済の無理を心配することはないと言っても、借金は借金です。毎月の積立や残高計算など、自分との向き合い方が非常に大切になっていきます。

家賃滞納分のお金そのものよりも、「家賃滞納してしまった自分」を改善・一新しなければ、また同じことの繰り返しになってしまうことでしょう。

どこかへの返済を、どこかからの借入でまかなう。それには大きなリスクが伴うものです。

しわ寄せを恐れるならば、他の手段を模索する必要があるかもしれません。

家族・友人に相談しよう

お金の解決でなく、状況の解決ということを考えれば、真摯に対人間でいてくれる信頼できる方、家族やご友人に相談することが最も大切なことかもしれません。

生活環境、職務環境から見直す時、大きな力になってくれるでしょう。

一度の恥ずかしさよりも、今後が大事だよね。

そうだね。お金に困ると視野が狭まってしまいがちだけど、一歩離れたら、視野が広がるかもね。

クレジットカードの「キャッシング枠」も使える

実際的にお金の問題をクリアするとき、どこからも借入できなかったら、手詰まりになってしまいます。強制退去を受け入れるしかないのでしょうか?

カードローン会社から新規融資を受けられなかった場合でも、クレジットカードをお持ちであれば、「キャッシング枠」も選択肢の一つになります。

普段使う「ショッピング枠」の中から一部、現金借入ができる仕組みのことです。ATMでカードを差し込み、暗証番号を入力するだけの簡単手続きで現金が手に入ります。

ただし、「利率」と「返済方法」に注意しましょう。クレジットカードの年利は20.0%、法定範囲上限であることが多いです。

また、返済方法が予め決まっているケースがあるので注意しましょう。

本当は一括返済できるはずなのに分割支払いになってしまっていると、利率が高い分、大きな損に繋がります。

必ず、お持ちのクレジットカード情報を確認してから利用するようにしましょう。

まとめ

家賃滞納にまつわる強制退去の流れと、解決策としてのカードローンについてご案内してきました。以下に、改めて本記事の要点をまとめます。

強制退去は、「滞納」を含めた「信用」を損なうことで実行される。
「滞納分をまかなう」ことより「信用を構築する」ための連絡・相談から始めよう。
カードローンはピンチの強い味方。強制退去直前の方は、即日融資で解決しよう。

 
「先月の家賃を滞納してしまった、退去させられてしまう?」
「もう3ヶ月目の滞納だが、連絡がないから大丈夫かも」
「すでに強制退去の日時が決められてしまった。何ができる?」

様々な状況の方がいらっしゃると思います。家賃の管理元と、ご自分の状況を正確に把握する必要性が分かって頂けたでしょうか。そして、どんな方にも、環境を向上させる手段は必ず残されています。

選択肢の一つとして、カードローンを考慮してみてはいかがでしょうか。

まずは管理元に連絡して、状況を知ろう!

具体的な解決策がわかったら、カードローンが一つの手段になるね!