闇金ではなく正規の金融業者からお金を借りるようにしましょう!

急いでお金が必要な場合などにはついつい見落としがちになるのですが、お金を借りる場合には正規の金融業者を利用することが大切です。
現在では様々な金融業者が営業を行っているのですが、その中には正規の金融業者だけではなく闇金融などの悪徳業者なども存在するのです。

Attention
特にダイレクトメールなどを送ってくる金融業者には注意してください。

そのような業者はアコムやプロミスなどの大手消費者金融にそっくりなチラシを作っていたり、電話番号が携帯番号だけだったりすることが特徴です。
一度そのような悪徳業者に引っかかってしまうと、次から次へと悪徳業者からのアプトーチが続くことになります。

何度も何度も騙されて大切なお金を失ってしまうことになりますので、お金を借りる場合には正規の金融業者であることをしっかりと確認するようにしてください。

違法な金融業者はどのようにして見分ければよいのでしょうか?

金融業を営む場合には、都道府県などに届出をして登録番号の交付を受けることが必要になります。
登録番号については金融庁のホームページなどで検索ができますので、実際に借り入れを申し込む前に正規の金融業者であることを確認してみてください。

業者名や登録番号から調べることができますし、また代表者名や電話番号などから検索を行うことも可能です。

正規の金融業者には法律に基づいた金利や適法な手段による取立てを行うことが義務付けられますので、違法な高額の金利を請求されたり暴力的な取立てを行ったりすることはありません。

正規の金融業者であれば安心して利用することができるのです。

違法な金融業者から借り入れを行うとどうなるのでしょうか?

金融業を営む場合には登録番号の交付を受けることが必要になりますので、これを交付されていない業者は違法な金融業者になります。
違法な金融業者では法律を無視した高額な利息を請求したり、また暴力的な取立てなどを行ったりするのです。

違法な金融業者を利用することはトラブルの原因となりますし、またトラブルが発生した場合にも法律の保護を受けることができません。
法律の外側で営業を行っているのが違法な金融業者なのです。

また一部には単に面倒だからと登録を行わない金融業者なども存在するようですが、いずれにしても意識の低い金融業者ですから利用しないようにしましょう。
現在は数多くの金融業者が存在しますので、わざわざ違法な金融業者を選ぶことにはメリットはありません。

Attention
借り入れを行う場合には登録番号の交付を受けた正規の金融業者を選ぶようにしてください。

違法な業者はどのような手口で貸付を行うのでしょうか?

違法な業者はお金に困っている人にダイレクトメールを送ることで利用者を集めています。
大手消費者金融などの場合にはダイレクトメールによる営業は一切行っていませんので、ダイレクトメールを送ってくる業者については違法業者である可能性が高くなります。

また「ブラックの人でも借り入れができます」などと宣伝している金融業者も違法な業者です。
正規の金融機関では利用者に関する情報を共有していますので、一度ブラックの状態になってしまうと全ての金融業者で借り入れができなくなるのです。
ブラックでも借り入れができるという金融業者は違法な金融業者ですから注意してください。
また最近では求人広告を出して、これに応募してきた主婦などにお金を貸し付けるという違法業者が増えているようです。

話を親切に聞くふりをしながら巧みに貸付をすすめてきますので、くれぐれも騙されないようにしてください。

闇金からは借りないで!
違法な業者からな借入れは非常に危険です。カードローンの選び方は安心安全第一で!「初めてのカードローンはこう選べ!初心者に向けて一から解説」では、安心して利用できるカードローンの選び方を詳しく紹介しています。
はじめての人はもちろん、自分にあったカードローンをお探しの人にもおすすめです。

初めてのカードローンはこう選べ!初心者に向けて一から解説