個人間融資によるトラブルが頻発しています!

最近ではインターネットを利用して個人間でお金の貸し借りを行う「個人間融資」が人気を集めています。
個人間で簡単にお金の貸し借りができますし、保証人や審査なども不要であることから利用者が増加しているのです。

しかし実際には個人間融資の増加に伴ってトラブルなども増えているため、大きな社会問題となっています
それでは実際に個人間融資でお金の借り入れを申し込んだ場合には、どのようなトラブルが発生する可能性があるのでしょうか。
 

申し込んでもお金を貸してもらえない場合があります

個人間融資におけるトラブルとして最も多いのが、申し込んでもお金を貸してもらうことができないというケースです。

個人間融資もお金の貸し借りの一種ですから、お金を借りるためには身分を証明できる書類などを提示することが必要になります。
借り入れを申し込む際には本人確認の書類を携帯のカメラで撮影して送信することが一般的なのですが、これを送信した後で相手と連絡がつかなくなってしまうというケースが多いのです。

これは詐欺の一種であり、最初から個人情報を盗み取ることを目的としています。
盗まれた個人情報はその後カードローンの借り入れやパスポートの偽造などに悪用されてしまうのです。
このような詐欺を事前に確認することは非常に難しいですから、身元が不明な相手に対しては個人間融資の申し込みは控えるようにしてください。
 

融資詐欺ってどんな詐欺?被害に遭わないための3つの注意点も紹介!

性犯罪に巻き込まれてしまう場合があります

個人間融資により性犯罪に巻き込まれるというケースもあります。
女性の借り入れ希望者に対して性行為を条件とした融資を提案するのです。
実際にこれに応じてもほとんどの場合にはお金を貸してもらうことはできませんし、その後連絡がつかなくなってしまうことが大半なのです。

また裸の写真などを要求される場合などにも注意が必要です。
不用意に写真などを送ってしまうとネット上に流出してしまうかもしれません。

保証料を請求する場合があります

一定額の「保証料」の入金を求められるケースなどもあります。
これも詐欺の一種であり、実際に保証料を入金するとその後は相手とは連絡がつかなくなってしまうのです。
事前の入金を求める相手は詐欺である可能性が高いですから、個人間融資の申し込みは控えるようにしましょう。
 

サイトへの登録を請求する場合があります

アフィリエイトサイトや出会い系サイトなどに登録することを求められるケースなどもあります。
これも詐欺の一種です。
登録を行うとその後相手とは連絡がつかなくなってしまいますし、その後は膨大なスパムメールが届くことになります。
別の詐欺のターゲットとして狙われる場合などもありますので、少しでも怪しいと感じた場合には個人間融資には申し込まないようにしてください。
 

「アフィリエイト詐欺」に注意!詐欺の見分け方はあるのか?

個人間融資は利用しないことをおすすめします

個人間融資には詐欺などの様々なトラブルが発生する可能性がありますし、実際にトラブルが発生してしまうと解決が難しくなります
警察に相談しても「騙されるあなたが悪い」と叱られてしまうかもしれません。
個人間融資については基本的に利用しないことをおすすめします。