ホテルや旅館のキャンセル料は支払うことが義務。しかし例外もあり

旅館の温泉写真

台風が近づいてきているので、友人との旅行に行けるかどうか不安です。

確かに、雲行き怪しいよね。

こうした天候によってやむを得ずキャンセルってなった場合、キャンセル料って払う必要があるんでしょうか?

旅行にはいきたいのに、自分たちの責任ではない理由でキャンセルとなるのだから、気持ちの上ではキャンセル料は払いたくないよね。

それじゃ今回は、旅館やホテルなどのキャンセル料についてお話するよ。

楽しみにしていたせっかくの旅行なのに、天候のせいでキャンセルなんてこと、誰にでも起こる可能性があります。

「天候さえ良ければ行けるのに、キャンセル料は発生するのか」
「そもそもキャンセル料ってどうして払わなければいけないの?」
と疑問に思う方も多いのではなでしょうか。

そこで今回は、宿泊施設へのキャンセル料についてお話します。

ホテルのキャンセル料はなぜ発生するかを解説します

そもそもキャンセル料というのはなぜ発生するのでしょうか。

ホテルのキャンセル料を設けるのには、

  • 安易なキャンセルを防ぐ
  • キャンセルによっておきた損失を補填する
  • 売上を確保する

といった目的があります。ホテルから見ると、日々の売り上げは基本宿泊料です。

どんな理由であっても、キャンセル後に他のお客様が宿泊しなれば空室となり、売り上げがない状態になります。

逆に、どんなに売り上げを伸ばしたくとも、部屋数以上の売り上げを伸ばすことはできません。

「部屋を確保するかわりに、宿泊しなかった場合の保証をしてください」
というのが、キャンセル料になります。

キャンセル料の仕組みについて

旅館やホテルに予約をするということは、当然ながら部屋は確保されています。

その後いくら他のお客様が宿泊したいといっても、部屋が空いていなければお断りしなくてはいけません。

しかし、突然キャンセルされてしまった場合、開けておいた部屋は空室のままです。

都合よく当日に予約が入ることもあるかも知れませんが、期待は薄いでしょう。わざわざ他のお客様を断ってまで確保した部屋は、空室のまま売り上げもありません。

また、宿泊代に食事代が含まれているのであれば、もちろん食材もすべて無駄になってしまうのです。

宿泊施設から見れば、キャンセルされると0どころかマイナスになってしまう可能性もあるので、宿泊日に近ければ近いほどキャンセル料が発生するしくみになっています。

キャンセル料金はいつから発生することが多い?

確かに、キャンセルされる側の損失まで考えていませんでした。

キャンセルされるということは、宿泊日直前であればあるほど食材や人権費などそれだけ損失も増えるんだ。

でもいつからキャンセル料というのは発生するのでしょうか。

まさか、予約して翌日からとかではないですよね?

ホテルや旅館によって違うから、一応目安の話しをしておこうか。

キャンセル料が発生する時期は、ホテルや旅館によって違い、料金も変わります。

一般的には一週間前ほど前から、キャンセル料が発生してしまうケースが多いようです。

では、キャンセル料はどのように発生していくのでしょうか。

以下の表のように、キャンセル料は宿泊日が近くなればなるほど、高額になります。

宿泊日までの日数 キャンセル料
7日~4日 宿泊料金の20%
3日~2日 宿泊料金の50%
1日前 宿泊料金の80%
当日 宿泊料金の100%
連絡なしのキャンセル 宿泊料金の100%
申込条件 20歳~69歳で安定した収入のあること

出典:じゃらん

段階を追って宿泊料は増し、当日のキャンセルや連絡もなく無断で宿泊しなかった場合、宿泊料金がそのまま発生するケースは多いです。

もしもの場合を考えて、キャンセル料について予約時に確認しておきましょう。

連泊予約だった場合はこうなる1日分のみ請求

部屋を確保してもらうということは、ホテルとしてもリスクがあるんですね。そう考えると、キャンセル料というのは仕方ないってわかりました。

そうなんだよ。

でも1泊だけならわかりますが、連泊予定であった場合ってキャンセル料ってどうなっているのでしょうか。

確かに、数日滞在することもあるよね。そこを説明していくよ!

国土交通省の観光庁では、宿泊施設の基盤的ルールとしてモデル宿泊約款を定めています。

各宿泊施設はそのモデル宿泊約款を軸として、その土地に合った風習などを盛り込みながら、宿泊約款を作成しています。

モデル宿泊約款では、連泊に対してのキャンセル料については1泊分(初日)のみのキャンセル料を取るように記載されています。

そのため、連泊予約であっても、ホテル側に支払うのは初日のキャンセル料のみとなり、残りの宿泊数分のキャンセル料を支払う必要がないケースがほとんどになります。

キャンセル料の支払い方法について

でも、宿泊をしないということは予約したホテルや旅館に行かないっていうことですよね?キャンセル料ってどうやって払うのでしょうか。

いいところに気が付いたね!次はキャンセル料の支払い方法についてお話しするよ。

その宿泊施設まで行くことができず、どうやってキャンセル料を払えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

特に、旅行であれば自宅が遠方にある場合が多く、直接払いに行くということは難しいです。

キャンセル料の支払い方として、

  • クレジットカード払い
  • 口座振込

2つがありますので詳しくご紹介します。

クレジット決済

じゃらんなどネット予約をしている場合は、旅行代金の決済方法としてクレジットカードを選択している方も多いです。

そうした場合は、キャンセル料が差し引かれた金額が払い戻しとなります。

もし当日キャンセルで、宿泊代金の100%がキャンセル料だとすると、払い戻しはありません。

コンビニ決済

予約の段階で現地での支払いを選択している場合は、ホテル側もクレジットカード払いのように、宿泊代金とキャンセル料を相殺でして払い戻すことができません。

そのため、あらためて入金してもらう必要があります。

キャンセルの電話を掛けた場合に、住所の確認があり後日請求書とともに郵送、もしくはメールで送られてきます。振込先と金額が記入されているので、期日にまでに振込をしましょう。

すでにコンビニ決済などで支払いを済ませてしまっている場合は、自分の口座へ差額を入金してもらうことになります。

ホテルや旅館によって、返金方法などが異なるので確認をしましょう。

これってキャンセルできるの?感染症や自然災害のケース

「風邪をひいて旅行に行けなくなった!」
「台風の影響で飛行機が飛ばず、旅行に行けなくなった」
など、予期せぬことで旅行をキャンセルせざるを得ないという方も多いです。

本当は行きたいのに、行けないどころかキャンセル料も発生するとなると、やはり悔しいですよね。

ホテルや旅館によっては、事情によってはキャンセル料を取らないケースもあります。

次は、キャンセル料が発生するケースと、キャンセル料が免除されるケースについてお話します。

インフルエンザでもキャンセル扱いになる

インフルエンザにかかると、学生であれば出席停止、社会人であれば出勤停止となる会社も多いほど、強い感染力があることでよく知られています。

「出勤停止となるくらいなので、インフルエンザが原因であればキャンセル料をとられないのでは?」と思われがちです。

しかし、インフルエンザであってもキャンセル料が発生してしまうケースが多いのです。

インフルエンザも含めて風邪やケガなどは自己責任であり、厳しい言い方をすると本人の健康管理の問題であり自己責任とされます。

自分の意志でインフルエンザになったわけではないですが、キャンセル料は通常通り発生することが多いです。

悪天候で宿泊できないときにキャンセルできるのか

  • ホテル、旅館側が事情を考慮してくれてキャンセル料が発生しないこともある
  • 交通機関がストップされていない限りはキャンセル料が発生する確率が高い
  • 各宿泊施設やプランによって、規定が違う 電話で要確認。

台風や災害などによって、キャンセルをしなくてはいけない場合、本人の意思が及ばない範囲であるため、宿泊施設側で考慮しキャンセル料が発生しないケースもあります。

ただし、以下の2つのような理由があると、キャンセル料が発生してしまうことがあるので注意しましょう。

  • 交通機関(飛行機や新幹線など)が影響を受けず通常運転である
  • 宿泊約款や宿泊プランに災害時でもキャンセル料が発生する旨が記載されている

交通機関が動いている以上、「災害によって行くことができない」わけではなく、「自分の意志で行かない」と判断されるケースが多いです。

ホテルや旅館など予約を取るということは、契約をしたことと同じです。

一般的には契約が破られた場合、違約金が発生することがあります。キャンセル料はその違約金と同じだと思いましょう。

契約内容に、災害時でもキャンセル料が発生すると記載されている以上、支払わなくてはいけません。

自己責任の範囲内かどうかによって、キャンセル料が発生するのかどうか決まると思っていいでしょう。

しかし、モデル宿泊約款があっても宿泊施設によってキャンセル料の発生は異なります。必ず電話で確認するようにしましょう。

キャンセル料の支払いを拒否すると民事訴訟とになることがある

予約して、料金を支払うときに自然災害以外の場合はキャンセル料を支払うという契約を交わしている場合が多い

宿泊代金をあらかじめ支払われている場合は、キャンセル料が差し引かれて返金されるので、あらためて支払う必要はありません。

しかし、予約時に後払いを選択している場合は、キャンセル料を振り込む必要があります。中にはキャンセル料の振り込みをしないという方もいます。

先にお話したように、宿泊施設への予約は“契約”です。契約事項に、一定期間内のキャンセルであればキャンセル料が発生する旨が記載されている以上、それに従わなくてはいけません。

中には、ホテル側からの再三の請求にも関わらず、キャンセル料が支払われなかった場合、民事訴訟になることもあります。

事情がある場合は、必ずホテル側へ連絡し対応してもらうようにしましょう。

男性:宿泊施設によっては、事情を考慮してキャンセル料を免除してくれることもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ホテルや旅館の宿泊に対するキャンセル料についてお話しました。

【宿泊施設のキャンセル料のポイント】

ここがポイント
  • キャンセル料は宿泊施設と間の違約金と同じ
  • 宿泊費が後払いの場合は、後日キャンセル料のみ銀行振込
  • 災害の場合はキャンセル料が発生しないことが多い
  • キャンセルをするときには、事情を説明する

せっかく楽しみしていた旅行に行けず、キャンセル料も支払わなくてはいけないと二重苦を味わう人も多いです。

せめてキャンセル料がかからないよう、この記事を参考にしてくださいね。